深田晃司 @ cinefil編集部

1980年生まれ。大学在学中に映画美学校に入学。長短編3本の自主制作を経て、2006年『ざくろ屋敷』を発表。パリKINOTAYO映画祭にて新人賞受賞。 2008年『東京人間喜劇』を発表。同作はローマ国際映画祭、パリシネマ国際映画祭などに選出、シネドライヴ2010大賞受賞。 2010年『歓待』にて東京国際映画祭「ある視点」部門作品賞、プチョン国際ファンタスティック映画祭最優秀アジア映画賞受賞。 2013年『ほとりの朔子』にてナント三大陸映画祭グランプリと若い審査員賞、タリンブラックナイト映画祭にて最優秀監督賞を受賞。 2005年より現代口語演劇を掲げる劇団青年団の演出部に所属しながら、映画制作を継続している。
ロングデイズ ・ジャーニー〜この夜の涯てへ シネフィル × 青山シアター cinefil BOOK 第10回教徒ヒストリカ国際映画祭 横浜インディペンデント・フィルム・フェスティバル VOICE Interview Media

注目キーワード

人気記事

© 2015 Cinefil & Revolver.Inc
All rights reserved.

This article is a sponsored article by
''.