「第42回ぴあフィルムフェスティバル」のコンペティション部門「PFFアワード2020」の入選作品を発表となりました。

画像1: 世界へ届け!次代を担う新しい才能が集う-第42回 PFF(ぴあフィルムフェスティバル)-480本の応募作から選ばれた17作品を発表!

「PFFアワード」は、1977年にスタートした世界最大の自主映画のコンペティションです。世界で活躍する黒沢 清、諏訪敦彦、園 子温、塚本晋也、李 相日、荻上直子、石井裕也など、これまでに140名を超えるプロの映画監督を送り出してきました。

昨年の「PFFアワード2019」の入選作品の中から、審査員満場一致でグランプリを獲得した『おばけ』(監督:中尾広道)は、今週末11日(土)からポレポレ東中野にて、また同入選作で、ひかりTV賞を受賞した『アボカドの固さ』(監督:城 真也)は今夏ユーロスペースにて、劇場公開されます。
PFFの入選をきっかけに、海外映画祭への出品や劇場公開など活躍の場が広がっています。

画像2: 世界へ届け!次代を担う新しい才能が集う-第42回 PFF(ぴあフィルムフェスティバル)-480本の応募作から選ばれた17作品を発表!

「PFFアワード2020」入選発表にあたり、
ぴあフィルムフェスティバルディレクター荒木啓子よりメッセージ

4か月に渡るセレクションを経て、ここに入選17作品を発表できること、そして、9月の第42回ぴあフィルムフェスティバルの開催と、そこでのスクリーン上映をお伝えできることを嬉しく噛みしめています。
本年の17作品は、例年同様、短編、中編、長編と混在しています。監督のバックグラウンドや年齢もばらばらです。結果的に「映画祭」という、できるだけ多彩で多様な映画を紹介する場らしいラインナップとなったことと同時に、皆様には是非全作品をご覧いただき、2019年から2020年に生まれた映画、という“時代”も体感していただければと願ってやみません。
PFFアワードのセレクションメンバーは、作品を観て、語ることに情熱を惜しまないひとびとで構成されます。私自身はコロナ禍で初のZOOM会議となった一次審査会議で話題にあがったすべての作品を拝見し、空調・距離・消毒を徹底して集合した二次審査会議で2日間重ねた討議のなかで、各人が推薦を熱く語った作品たちを複数回拝見し、入選作品を決定致しました。
映画を志しておられる人々の厚い層に、本年も圧倒され、感服する時間をいただきました。
ご応募、誠にありがとうございます。
第42回ぴあフィルムフェスティバル会場で、皆様のご来場をお待ちしております。

■「PFFアワード2020」入選作品

480本の応募作品の中から入選した17作品をご紹介します。
本入選作品は、9月12日(土)から東京・国立映画アーカイブで開催する「第42回ぴあフィルムフェスティバル」で上映され、9月25日(金)に行われる表彰式にて、最終審査員らによりグランプリ各賞が発表されます。

以下、入選作品

『アスタースクールデイズ』38分
監督:稲田百音(18歳/東京都出身/成蹊高等学校)

画像: 『アスタースクールデイズ』38分 監督:稲田百音 (18歳/東京都出身/成蹊高等学校)

『霞姫霊異記』57分
監督:高階 匠(31歳/東京都出身/映像制作会社勤務)

画像: 『霞姫霊異記』57分 監督:高階 匠 (31歳/東京都出身/映像制作会社勤務)

『こちら放送室よりトム少佐へ』10分
監督:千阪拓也(22歳/兵庫県出身/日本大学 藝術学部)

画像: 『こちら放送室よりトム少佐へ』10分 監督:千阪拓也 (22歳/兵庫県出身/日本大学 藝術学部)

『頭痛が痛い』131分
監督:守田悠人(22歳/愛知県出身/酒屋アルバイト)

画像: 『頭痛が痛い』131分 監督:守田悠人 (22歳/愛知県出身/酒屋アルバイト)

『タヌキ計画』41分
監督:チェ・ユシン(24歳/台湾出身/東放学園映画専門学校)

画像: 『タヌキ計画』41分 監督:チェ・ユシン (24歳/台湾出身/東放学園映画専門学校)

『追憶と槌』8分
監督:金井啓太(25歳/東京都出身/東京藝術大学 映像研究科メディア映像専攻)

画像: 『追憶と槌』8分 監督:金井啓太 (25歳/東京都出身/東京藝術大学 映像研究科メディア映像専攻)

『遠上恵未(24)』26分
監督:遠上恵未(26歳/東京都出身/ENBUゼミナール 映画監督コース)

画像: 『遠上恵未(24)』26分 監督:遠上恵未 (26歳/東京都出身/ENBUゼミナール 映画監督コース)

『パンク』44分
監督:鈴木順也(31歳/神奈川県出身/横浜シネマ・ジャック&ベティ勤務)

画像: 『パンク』44分 監督:鈴木順也 (31歳/神奈川県出身/横浜シネマ・ジャック&ベティ勤務)

『Fear of missing out』36分
監督:河内 彰(32歳/兵庫県出身/会社員)

画像: 『Fear of missing out』36分 監督:河内 彰 (32歳/兵庫県出身/会社員)

『フィン』36分
監督:小池 茅(26歳/東京都出身/会社員)

画像: 『フィン』36分 監督:小池 茅 (26歳/東京都出身/会社員)

『冬のほつれまで』67分
監督:多持大輔(24歳/茨城県出身/武蔵野美術大学大学院 造形研究科)

画像: 『冬のほつれまで』67分 監督:多持大輔 (24歳/茨城県出身/武蔵野美術大学大学院 造形研究科)

『へんしんっ!』93分
監督:石田智哉(22歳/東京都出身/立教大学 現代心理学部)

画像: 『へんしんっ!』93分 監督:石田智哉 (22歳/東京都出身/立教大学 現代心理学部)

『MOTHERS』63分
監督:関 麻衣子(22歳/東京都出身/会社員)

画像: 『MOTHERS』63分 監督:関 麻衣子 (22歳/東京都出身/会社員)

『未亡人』54分
監督:野村陽介(23歳/埼玉県出身/東京藝術大学 美術学部)

画像: 『未亡人』54分 監督:野村陽介 (23歳/埼玉県出身/東京藝術大学 美術学部)

『もとめたせい』30分
監督:矢部 凜(22歳/滋賀県出身/京都造形芸術大学 芸術学部映画学科)

画像: 『もとめたせい』30分 監督:矢部 凜 (22歳/滋賀県出身/京都造形芸術大学 芸術学部映画学科)

『屋根裏の巳已己』102分
監督:寺西 涼(24歳/神奈川県出身/清掃員アルバイト)

画像: 『屋根裏の巳已己』102分 監督:寺西 涼 (24歳/神奈川県出身/清掃員アルバイト)

『LUGINSKY』63分
監督:haiena(42歳/東京都出身/フリーランス)

画像: 『LUGINSKY』63分 監督:haiena (42歳/東京都出身/フリーランス)

作品名50音順。上映時間、年齢、職業(学校名)は応募時のものです。

■入選作品が決まるまで
「1作品を最低3名が途中で止めることなく完全にみる」というルールのもと、3月より「1次審査」がスタートしました。本来であれば、5月にメンバー全員が集合して、各人の推薦作品を討議する「1次審査会議」を行うのですが、コロナウイルスの感染拡大防止のため、今年は初のオンライン会議を実施し、「1次通過作品」が絞られました。その「1次通過作品」を、セレクション・メンバー全員がみて、全員が集まる「2次審査会議」は、換気や消毒、マスク着用など、感染防止対策に努めながら、2日間に渡り、個々の作品に対する考えを出し尽くしました。
そこから最終的なプログラミングはPFFディレクターに委ねられ、入選作品が決定します。

■<入選作品データ>
【入選数】17本 【年齢】平均:25.6歳 最年少:18歳 最年長:42歳
【男女比】男性(12本):70.6% 女性(5本):29.4%
【上映時間】平均:52.9分 最短:8分 最長:131分

◎映画祭「第42回ぴあフィルムフェスティバル」開催概要

【会期】2020年9月12日(土)から26日(土)まで  ※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋3-7-6)

This article is a sponsored article by
''.