画像: Statement from Galleries
Focusing on a new generation in Tokyo 2021
-画廊からの発言- 新世代への視点2021

必要不可欠なアート

昨年からの「新型コロナウイルス」の感染拡大はワクチン接種が4,759万人を突破した今でも(7月28日)、完全に収束に向かう気配がなく、東京都の感染者はさらに拡大し、3,000人を超えている。1年越しの東京オリンピックは苦難を乗り越えて、開催されてはいるが、オリンピックは本来、健康な身体の運動が正常に保たれていることで意味をなす。健康で、健全であるスポーツマンたちがマスクを覆いながら出場することの息苦しさは誰しもが不安の中で、見守る姿は決して健康で、健全ではないと感じているはずだ。「不安」と「希望」の間に成り立つ、このアンバランスが東京オリンピックを特別な祭典として、人類の不幸な歴史として刻まれようとしているのも、何か割り切れない思いでいるのは私だけではないと思う。
「パンデミック」(世界的大流行)、「ロックダウン」(都市封鎖)、「ソーシャルディスタンス」(社会的距離)、「クラスター」(感染者集団)等の聴き慣れなかった横文字だらけの言葉も、今では普通の日常の会話となってしまった。「新型コロナウイルス」の感染拡大からの影響は世界を確実に変化させ「人間社会における大変革」(カタストロフィー)を引き起こしているのだ。私たちはワクチン接種をしたとしても、人と人の距離を保ち、マスクを外して会話することも、しばらくの間できない。私たちは、感情を顕にし、大声で話すことも、控えなくてはならず、SNS等のリモートによって、ツール(メディア)を通じて遠く離れて、人と人の対話を保ち続けている。ツール(メディア)は私たちのコミュニケーションになくてならないシステムになり、SF映画のように私たちの身体の一部(ウェアラブルデバイス)と変わりつつある。そして「新型コロナウイルス」からの感染拡大を防ぐための環境の変化は、アートの役割にも変化を与えています。アートは感情表現の延長でもあり、身体の一部でもあるが故に多くの人々に接する機会を「目に見えない世界との交流」を確かなものに変化させた。それは私たちアートに関係する者たちだけでなく、アートは「不要不急」ではなく、「必要不可欠」なものであり、アートは人々の精神に働きかける、生きていくうえでの重要なファクター(要素)であることをより多くの人たちに伝えと思う。

絵の具と筆を用いて、カンヴァスに描く行為(小野ハナ、衣 真一郎、吉田 花子)、あるいはハンマーや彫刻刀によって大理石に刻む行為(和賀 碧)、石版または金属版(芦川 瑞季)やアルミニウムの加工(加藤 佑一)による表現、漆、卵殻、アルミ板(豊海 健太)やFRP、アクリルミラーなど、様々な素材を用いて(クニト)制作する行為は、私たちに生きていくことの意味や、深さ、豊さ、広がりを伝え、希望を与えてくれます。彼らの描いた、見たことのない色彩や、見たこともない形、触れたことのない世界観は、透明な空気のように、私たちの感情や感性を優しく包み込んでくれます。アートは私たちの身体(精神)に訴える感情でもあり、血液と同じように、知識や創造(クリエイティブ)を、多様な価値観と多様な視点を私たちに与えてくれるのです。つまりアートは「人と人を結びつける力」であり、私たちに気概を与え、蓋然的、必然的な人として充足する、普遍的な力として存在しているのです。人と人が直接触れ合うことが難しいパンデミックな状況だからこそ、アートは私たちの心と心を結びつける重要なファクター(要素)として、私たちの環境、制御されたマスク(他者との距離)やステイホーム(自粛)から解放してくれる。

画像: 吉田 花子 Yoshida Hanako ギャラリーQ Gallery Q 1988 東京都生まれ 2012 成城大学文芸学部芸術学科卒業

吉田 花子 Yoshida Hanako ギャラリーQ Gallery Q

1988 東京都生まれ
2012 成城大学文芸学部芸術学科卒業
画像: 芦川 瑞季 Ashikawa Mizuki ギャラリーなつか 芦川 瑞季 1994 静岡県生まれ 2017 武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画専攻卒業 2019 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻版画コース修了 現在 武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程作品制作研究領域在籍

芦川 瑞季 Ashikawa Mizuki ギャラリーなつか 芦川 瑞季

1994 静岡県生まれ
2017 武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画専攻卒業
2019 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻版画コース修了
現在 武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程作品制作研究領域在籍
画像: 小野ハナ Onohana  コバヤシ画廊 Gallery Kobayashi 1986 岩手県生まれ 2009 岩手大学教育学部卒業 2014 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了

小野ハナ Onohana  コバヤシ画廊 Gallery Kobayashi

1986 岩手県生まれ
2009 岩手大学教育学部卒業
2014 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了
画像: 和賀 碧 Waga Midori  ギャラリイK Gallery K 1983 栃木県生まれ 2006 ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ美術学部美術史専攻卒業 2014 多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業 2016 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程彫刻専攻修了

和賀 碧 Waga Midori  ギャラリイK Gallery K

1983 栃木県生まれ
2006 ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ美術学部美術史専攻卒業
2014 多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業
2016 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程彫刻専攻修了
画像: 豊海 健太 Toyoumi Kenta  ギャルリー東京ユマニテ Galerie Tokyo Humanite 1988 大阪府生まれ 2013 金沢美術工芸大学美術工芸学部工芸科卒業 2015 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修士課程工芸専攻修了 2018 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科博士後期課程工芸領域漆芸分野修了 博士

豊海 健太 Toyoumi Kenta  ギャルリー東京ユマニテ Galerie Tokyo Humanite

1988 大阪府生まれ
2013 金沢美術工芸大学美術工芸学部工芸科卒業
2015 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修士課程工芸専攻修了
2018 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科博士後期課程工芸領域漆芸分野修了 博士
画像: 衣 真一郎 Koromo Shinichiro 藍画廊 ai Gallery 1987 群馬県生まれ 2013 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻領域卒業 2014-15 パリ国立高等美術学校交換留学 2016 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻修了

衣 真一郎 Koromo Shinichiro 藍画廊 ai Gallery

1987 群馬県生まれ
2013 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻領域卒業
2014-15 パリ国立高等美術学校交換留学
2016 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻修了
画像: クニト Kunito  ギャラリー58 Gallery 58 1981 奈良県生まれ 2005 金沢美術工芸大学美術工芸学部工芸科陶磁コース卒業 2007 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修士課程工芸専攻陶磁コース修了 2018 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科博士後期課程美術研究領域彫刻分野修了博士(芸術)取得

クニト Kunito ギャラリー58 Gallery 58

1981 奈良県生まれ
2005 金沢美術工芸大学美術工芸学部工芸科陶磁コース卒業
2007 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修士課程工芸専攻陶磁コース修了
2018 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科博士後期課程美術研究領域彫刻分野修了博士(芸術)取得
画像: 加藤 佑一 Kato Yuichi  ガルリ ソル GALERIE SOL 1987 愛知県生まれ 2015 東京藝術大学美術学部工芸科鋳金専攻卒業 2017 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程工芸専攻鋳金研究分野修了 2019 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻工芸研究領域(鋳金)修了 博士(美術)取得

加藤 佑一 Kato Yuichi ガルリ ソル GALERIE SOL

1987 愛知県生まれ
2015 東京藝術大学美術学部工芸科鋳金専攻卒業
2017 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程工芸専攻鋳金研究分野修了
2019 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻工芸研究領域(鋳金)修了 博士(美術)取得

2021年7月26日(月)- 8月7日(土)
Date: 26th (mon.) July – 7th(sat.) Aug. 2021

主催:東京現代美術画廊会議
Gallery Q、ギャラリーなつか、コバヤシ画廊、ギャラリイK、
ギャルリー東京ユマニテ、藍画廊、ギャラリー58、GALERIE SOL

Organizer:
Gallery Q・Gallery Natsuka・Gallery Kobayashi・GalleryK
Galerie Tokyo Humanité・ ai Gallery・Gallery58・GALERIE SOL
新世代への視点2021 Homepage :
http://galleryq.info/news/news_newgeneration2021.html
動画リンク:吉田花子展 - Gallery Q
https://youtu.be/44r4pX3Inzw

This article is a sponsored article by
''.