協同組合 日本映画製作者協会は、今年度公開作品の中から将来性のある新人監督を選出し、『新藤兼人賞』金賞・銀賞を贈る新藤兼人賞2019の受賞者が決定いたしました。
2019 年度は、230 作品が選考対象となり、ノミネーション監督 13 名を発表、その中より、金賞、銀賞、また、プロデューサー賞の受賞者が決定しました。

授賞式は、12 月 6 日(金)正午より如水会館オリオンルームにて開催される予定です。

≪2019年度審査員≫
審査員長:孫家邦(株式会社リトルモア)
審査員:宇田川寧(株式会社ダブ)、松田広子(株式会社オフィス・シロウズ)、山上徹二郎(株式会社シグロ)、山本章(株式会社ジャンゴフィルム)

金賞: 村上浩康(むらかみ ひろやす)監督
『東京干潟』『蟹の惑星』

画像1: 金賞: 村上浩康 (むらかみ ひろやす) 監督 『東京干潟』『蟹の惑星』

村上浩康(むらかみ ひろやす)監督

画像2: 金賞: 村上浩康 (むらかみ ひろやす) 監督 『東京干潟』『蟹の惑星』

銀賞: 田中征爾(たなかせいじ)監督
『メランコリック』

画像: 銀賞: 田中征爾 (たなかせいじ) 監督 『メランコリック』

田中征爾(たなかせいじ)監督

プロデューサー賞: 河村光庸(かわむらみつのぶ)
『新聞記者』

画像: プロデューサー賞: 河村光庸 (かわむらみつのぶ) 氏 『新聞記者』

河村光庸(かわむらみつのぶ)プロデューサー

This article is a sponsored article by
''.