歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた、越後長岡藩家老・河井継之助(かわいついぎのすけ)を描いた国民的ベストセラーの映画化『峠 最後のサムライ』がついに、6月17日(金)より全国公開いたします。

監督・脚本は、黒澤明監督の助監督として数々の名作に携わり、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した初監督作品『雨あがる』以来、人間の美しい在り方を描いてきた日本映画界の名匠・小泉堯史監督。主演の“最後のサムライ”河井継之助を演じるのは、日本映画界を代表する俳優・役所広司。さらに、松たか子、香川京子、田中泯、永山絢斗、芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、 仲代達矢ら錚々たる豪華俳優陣が一挙集結!
一介の藩士でありながら、諸国への遊学を経て培った先見性とグローバルな視野をもとに、領民のための斬新な藩政改革を次々に実行していた継之助。しかし、時流は倒幕へと傾き、サムライとしての使命と庶民を先導するリーダーとしての狭間で葛藤しながらも、継之助はやがて強大な武力を誇る明治新政府軍に立ち向かっていく。「最後のサムライ」として本当の正義を貫こうとするその姿が、現代を生きる私たちに日本人の生き方、リーダー としてのあるべき姿を問いかける歴史超大作が誕生!

この度、“最後のサムライ”河合継之助を演じた役所広司、彼を支える妻おすがを演じた松たか子、そしてメガホンを取った巨匠・小泉堯史監督をお迎えして完成披露試写会を実施致しました!!

本作の舞台は1867年、大政奉還。本格大型時代劇ということで、“知られざる英雄”河井継之助に挑むことになった役所広司が、今作に参加した気持ちや、今を生きる現代人が継之助から学ぶべきことを熱く語り、ようやく公開を迎えられることへの嬉しさを語った。また継之助の妻おすがを演じた松たか子は撮影中のエピソードや役所との夫婦役を演じてみての気持ちまた、監督には累計発行部数398万部の大ベストセラーである「峠」を映像化したいと思った理由や今なお人気が根強い司馬遼太郎作品の魅力、映画製作までの役所との裏話を明かしました。

■日時:5月2日(月)
■場所:丸の内ピカデリー スクリーン1(東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン9F)
■登壇者(敬称略):役所広司、松たか子、小泉堯史監督

“知られざる英雄”河井継之助を描く歴史超大作『峠 最後のサムライ』が、3度の公開延期を経て6月17日(金)、ついに全国公開!その完成披露試写会が5月2日(月)に都内劇場で行われ、主演の役所広司、 共演の松たか子、そして小泉堯史監督が参加した。

幕末の渦に抗った知られざる最後のサムライ、長岡藩・家老の河井継之助を演じた役所。念願の初お披露目に「色々な事情が重なって公開が遅くなってしまいましたが、この映画の持つメッセージにおいては考えさせられる時期の公開になったような気がします」としみじみ。
夫・継之助を支え、見守り続けた妻のおすがを演じた松は「皆さんに見ていただけることをとても嬉しく思っています」と笑顔を見せた。

画像1: ■日時:5月2日(月) ■場所:丸の内ピカデリー スクリーン1 (東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン9F) ■登壇者(敬称略):役所広司、松たか子、小泉堯史監督

役所広司とは『蜩ノ記』以来のとなる小泉監督は「私は司馬遼太郎のファンで、河井継之助という人物に惹かれました。2017年5月くらいにシナリオを役所広司さんに送ったら『この役に挑戦してみたい』と言われて。役所さんには大きな力になっていただいた」と製作までの道のりを披露した。

画像2: ■日時:5月2日(月) ■場所:丸の内ピカデリー スクリーン1 (東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン9F) ■登壇者(敬称略):役所広司、松たか子、小泉堯史監督

河井継之助は、日本中が旧幕府軍につくか新政府軍につくかで二分される中、和平のために武装中立を目指した人物。役所は「河井継之助さんの未来を見据えた毅然とした態度から出る決断力は、リーダーとして理想的だと思った」とそのキャラクターに惚れるも「シナリオを読んだらセリフが膨大で...。このセリフに立ち向かっていくのが今回の役割だと思った」と笑わせた。

画像3: ■日時:5月2日(月) ■場所:丸の内ピカデリー スクリーン1 (東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン9F) ■登壇者(敬称略):役所広司、松たか子、小泉堯史監督

役所と松は本作で初の夫婦役共演。役所は「松さんが二十歳くらいの時に同じドラマに出演したことがあります。松さん演じるお姫様が籠の中から出てくるシーンがあって、その時に『なんて華のある女優さんだろうか』と思うくらい上品で。久々にお会いしたら女性としてもお母さんとしても妻としても豊かになっていく感じがして。松さんの包容力で夫婦のシーンが出来上がった気がします」と感謝。
それに松は「本当にもったいない言葉!役所さんの方を見ることができません!」と嬉し恥ずかしの表情で視界から役所をカットするも「役所さんと現場でお会いしたら、軽快な継之助さんで。おすがはこの人と一緒に生きている人なんだとイメージも広がりました。妻役をやらせてもらえるということで、私でいいのだろうか?と思っていた私を役所さんが包んでくれました」と返礼。河井継之助については「こんなにカッコいい人いる?あ、いた!みたいな。そう思わせてくれるくらいカッコいい人でした」と絶賛していた。

画像4: ■日時:5月2日(月) ■場所:丸の内ピカデリー スクリーン1 (東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン9F) ■登壇者(敬称略):役所広司、松たか子、小泉堯史監督

今作では、継之助の地元・新潟を中心にロケやロケセットでの撮影を敢行。小泉監督は黒澤明監督の助監督として映画作りを学んできただけに、役所は「ベテランスタッフと若いスタッフの混合チームで、こうやって映画作りは継承されていくのかと目の当たりにした」と感激。地元民のエキストラも協力的だったそうだが 「新政府軍の役を与えられると嫌がる人もいて。いまだに長岡魂は存在しているんだと思った」と学びがあったという。松も「小道具一つとっても素敵。お家のふすまの柄も大好きになって、個人的に写真を撮ったりしました」とチャーミングなエピソードを打ち明けていた。

また映画の内容にちなんで“ゆずれないもの”を聞かれた役所は「河井継之助と僕のゆずれないものではスケールが違い過ぎて...」と苦笑も「やはりこの国を焼け野原にするような戦争は何があっても避けなければならないと思う。河井継之助の力をお借りして言いました」と平和を祈念していた。

最後に主演の役所は「お待たせいたしました、やっと公開となります。サムライという人間像は、日本人が生み出した芸術品であると司馬遼太郎先生は仰っていました。21世紀に生きる我々に響く言葉が沢山詰まった映画になりました」とアピール。
小泉監督も「河井継之助に出会えたことは自分にとって大きなこと。2度3度と河井継之助に会いに来ていただきたい。一度だけでは気づかなかったものが見えてくる映画にしたつもりなので、出会いを求めて映画館に何度も足を運んでほしい」と大ヒットに期待を込めていた。

映画『峠 最後のサムライ』予告

画像: 映画『峠 最後のサムライ』60秒予告 2022年6月17日(金) 全国公開! youtu.be

映画『峠 最後のサムライ』60秒予告 2022年6月17日(金) 全国公開!

youtu.be

【STORY】敵軍50,000人に、たった690人で挑んだ“最後のサムライ”
慶応3年(1867年)、大政奉還。260年余りに及んだ徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分していく。
慶応4年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発した。越後の小藩、長岡藩の家老・河井継之助は、東軍・西軍いずれにも属さない、武装 中立を目指す。戦うことが当たり前となっていた武士の時代、民の暮らしを守るために、戦争を避けようとしたのだ。 だが、和平を願って臨んだ談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、西軍と砲火を交えるという決断を下す。 妻を愛し、国を想い、戦の無い世を願った継之助の、最後の戦いが始まった......。

出演:役所広司
松たか子 香川京子 田中泯 永山絢斗 /
芳根京子 坂東龍汰 榎木孝明 渡辺大 AKIRA/
東出昌大 佐々木蔵之介 井川比佐志 山本學 吉岡秀隆 /
仲代達矢

監督・脚本:小泉堯史
音楽:加古隆
原作:司馬遼太郎「峠」(新潮文庫刊)
配給:松竹、アスミック・エース
©︎2020『峠 最後のサムライ』製作委員

6月17日(金)全国ロードショー

This article is a sponsored article by
''.