ユニフランスによるオンライン映画祭「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」が今年も、2021年1月15日〜2月15日まで開催されます。
この度、注目のラインアップが解禁となりました。
新しい生活様式が謳われる今、今まで以上に重要な役割が期待される映画祭に注目です!

画像: オンライン映画祭「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」今年も開催!コクトーの不朽の名作や、アルノー・デプレシャンの鮮烈なデビュー作など​新旧の30作品のラインナップ発表!

コンペティション部門には例年どおり長編と短編それぞれ10作品が出品されるほか、クラシックの名作、スイスやカナダのフランス語圏の招待作、さらには最新のVR作品を含むバラエティ豊かな約30作品がラインアップ。​短編はすべて無料配信​となります。

配信作品には、

思春期の女の子の成長を通じて現代フランスの素顔を浮かび上がらせたドキュメンタリー
『​思春期彼女たちの選択』​

画像: 思春期の女の子の成長を通じて現代フランスの素顔を浮かび上がらせたドキュメンタリー 『​思春期彼女たちの選択』​

実在の女性戦場カメラマン、カミーユ・ルパージュを描いた臨場感溢れる
『​カミーユ』

画像: 実在の女性戦場カメラマン、カミーユ・ルパージュを描いた臨場感溢れる 『​カミーユ』

有名ピアニストと付き人を務める夫の妊娠出産騒動を笑いと感動で描く​
『奥様は妊娠中』

画像: 有名ピアニストと付き人を務める夫の妊娠出産騒動を笑いと感動で描く​ 『奥様は妊娠中』

​スイスのブルジョワ家庭に生まれた監督が、祖母との対話を通してLGBTQや自らのアイデンティティの問題に深く取り組んだドキュメンタリー​
『マダム』​

画像: ​スイスのブルジョワ家庭に生まれた監督が、祖母との対話を通してLGBTQや自らのアイデンティティの問題に深く取り組んだドキュメンタリー​ 『マダム』​

ジャン・コクトーの不朽の名作​
『オルフェ』​(1950)

画像: ジャン・コクトーの不朽の名作​ 『オルフェ』 ​(1950)

アルノー・デプレシャンの鮮烈なデビュー作
​『二十歳の死』​(1991)

画像: アルノー・デプレシャンの鮮烈なデビュー作 ​『二十歳の死』 ​(1991)

の他にもクオリティの高いものばかり​。
子供向けのアニメーション短編作品も5作品用意​しました。

ユニフランス会長セルジュ・トゥビアナ、代表ダニエラ・エルストナーの共同コメント(抜粋)

「困難を伴った2020年、いい発見が一つあったとすれば私たちのデジタルツールへの適応力です。デジタルツールのおかげで、この状況においても障害物や国境を乗り越えることができます。MyFFFで素晴らしい想像世界への旅をお楽しみください!」

MyFFFは公式サイトのほか、国内の各動画配信サイトでも視聴可能です。

また、​アンスティチュ・フランセ東京​で特集上映「スクリーンで見よう マイ・フレンチ・フィルム・ フェスティバル」(1/29、1/30、2/6)が開催されるほか、「​旅する映画館café de cinéma」企画の短編上映会も都内各地で実施予定です!

第11回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル 開催概要
期間:2020年1月15日〜2月15日
料金:長編映画 - 有料(料金は各配信サイトの規定による)/短編映画(60分以下)- 無料
公式サイト:​www.myfrenchfilmfestival.com
配信サイト:短編及び長編:U-NEXT、UPLINK Cloud、WATCHA、GYAO!、GYAO!ストア、ビデオマーケット、ぷれシネ、 DMM動画、music.jp
長編のみ:MBS動画イズム、Apple TV、Amazon Prime Video、MUBI、google play 短編のみ:YouTube、Facebook、Omeleto、Dailymotion
主催:ユニフランス
字幕協力:映画美学校

詳細は下記より

This article is a sponsored article by
''.