国内外で多数の映画賞を受賞した『悪人』(10)、『怒り』(16)と映像化が続くベストセラー作家・吉田修一の新たな最高傑作「犯罪小説集」が、『64 -ロクヨン-』(16)を大ヒットさせた瀬々敬久監督により映画化。

青田に囲まれたY字路で起こった少女失踪事件から12年後、事件は未解決のまま再び惨劇が起こった。事件の容疑者として追い詰められていく青年・中村豪士(たけし)に綾野 剛。消息を絶った少女と事件直前まで一緒だった親友・湯川 紡(つむぎ)に杉咲 花。罪の意識を背負いながら成長し、豪士と互いの不遇に共感しあっていく。Y字路に続く集落で、村八分になり孤立を深め壊れていく男・田中善次郎(ぜんじろう)に佐藤浩市。次第に正気は失われ、想像を絶する事件へと発展する。
そして、柄本 明、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、根岸季衣、石橋静河と、豪華かつ個性溢れる面々が揃い、作品世界を完成させた。

Y字路から起こった二つの事件、容疑者の青年、傷ついた少女、追い込まれる男―。
三人の運命が繋がるとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。彼らが下した決断とは─。
“楽園”を求める私たちに、突き付けられる驚愕の真実とは─。

画像: ©2019「楽園」製作委員会

©2019「楽園」製作委員会

8月には、『君の名は。』(16)、『天気の子』(19)など多数の映画音楽を手掛けるRADWIMPSの野田洋次郎作詞・作曲、女優のみならず歌手としても注目を集める上白石萌音が歌唱する主題歌「一縷」が、本作の主題歌となることが発表され大きな反響を呼んだ。

上白石萌音にとって、初めての野田洋次郎作詞・作曲・プロデュース「一縷」
ミュージックビデオ解禁&10月14日(月)配信シングルとしてリリース決定!

このたび、上白石萌音の新曲「一縷」(いちる)のミュージックビデオが解禁され、この楽曲が10月14日(月)に配信シングルとしてリリースされることが発表された。
「一縷」は上白石萌音にとって、初めてRADWIMPS 野田洋次郎が作詞・作曲・プロデュースを手掛けた楽曲。
映画「君の名は。」(‘16)公開当時、主人公:三葉の声を演じた上白石萌音が、映画「君の名は。」(‘16)主題歌のひとつであったRADWIMPSの「なんでもないや」をカバーしたことはあったが、上白石に野田が楽曲を書き下ろしたのは、今作が初めて。

映画「楽園」の監督:瀬々敬久がミュージックビデオを監修。
実際の映画のロケ地で撮影

ミュージックビデオは、映画『64-ロクヨン-』など大ヒット作を世に送り出し、今回映画『楽園』の監督を務めた瀬々敬久(ぜぜたかひさ)が監修、『楽園』助監督の海野敦(うんのあつし)がディレクターを務めるなど、映画の製作チームによって制作された。

上白石萌音「一縷」(映画『楽園』コラボMV)

画像: 上白石萌音「一縷」(映画『楽園』コラボMV) youtu.be

上白石萌音「一縷」(映画『楽園』コラボMV)

youtu.be

撮影が行われたのは、今年7月。作詞・作曲を務めた野田洋次郎が、実際にこの映画を見てから「一縷」を書き下ろしたことを聞いた瀬々が“上白石萌音を、映画の原風景にの中に立たせたい“と願い、映画の中でも最も象徴的なシーンとして描かれるY字路など、長野県に実在する映画のロケ地を中心に撮影を敢行。
また、ミュージックビデオは、実際の映画の映像と新たに撮影したシーンで構成されており、実際の映画のロケ地で上白石が見つめる先に、綾野剛と杉咲花の映画のシーンを使用するなど、随所に映画とのコラボレーションがちりばめられ、映画には出演していない上白石と、映画「楽園」の登場人物達がお互いを見守っているような内容に仕上がっている。

画像: 映画「楽園」主題歌 上白石萌音「一縷」 (ユニバーサルJ) ※読み方:「いちる」 作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎 配信シングル 10月14日(月)リリース

映画「楽園」主題歌
上白石萌音「一縷」(ユニバーサルJ) ※読み方:「いちる」
作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎
配信シングル 10月14日(月)リリース

【上白石萌音コメント】
瀬々監督をはじめ映画「楽園」を製作されたチームの皆さんが集まって、このミュージックビデオを作ってくださいました。映画の中でとても印象的だった場所を訪れることが出来て、とてもメモリアルで、光栄で、一生私の中に残る経験でもありました。
ミュージックビデオを撮影しながら何度も「一縷」を聴きましたが、初めて聴いた時の心が震える感じや、初めて声に出して歌った時の感動が変わらないんですよね。(野田)洋次郎さんが「この映画の最後の小さな光になれるような、そんな曲に出来たらいいね」そう願って書かれた言葉が持つ力や、音を聴いて琴線に触れる感じを、ずっと感じることが出来ました。
辛いことや理不尽なことがあっても、そよ風みたいに心を浄化してくれる曲だと思うので、ぜひ繰り返し聞いてそのメッセージを受け取ってください。そして大切大切に撮影しましたので、楽しんで観ていただけたら嬉しいです。

【瀬々敬久コメント】
出だしの言葉の強さ、それを発する声、透明さの中にある決心のようなもの。初めて聞いた時、まずそこにグッと来ました。野田洋次郎さんと上白石萌音さんによるこの曲は映画に「希望」を与えてくれたように思います。でも、それはのっぴきならない場所から始まったのではないでしょうか。歌詞の中にある「荒野」、『楽園』というタイトルを考えた時、奇しくも浮かんだ言葉です。「荒野」と「楽園」は表裏一体。「楽園」は自分たちで作るしかない。優しいようでいて、切り拓こうとする魂、まさにそういう曲です。ありがとうございました。

綾野 剛/杉咲 花/佐藤浩市『楽園』本予告

画像: 綾野 剛/杉咲 花/佐藤浩市『楽園』本予告 youtu.be

綾野 剛/杉咲 花/佐藤浩市『楽園』本予告

youtu.be

STORY
あるY字路で起こった少女失踪事件。未解決のまま、家族や周辺住民に深い影を落とし、直前まで一緒にいた少女の親友・紡(杉咲 花)は罪悪感を抱えたまま成長する。12年後、またそこで少女が姿を消し、町営住宅で暮らす青年・中村豪士(綾野 剛)が容疑者として疑われた。互いの不遇に共感しあっていた豪士を犯人とは信じ難い紡だったが、住民の疑念が一気に暴発し、追い詰められた豪士は街へと逃れ、思いもよらぬ自体に発展する。その惨事を目撃していた田中善次郎(佐藤浩市)は、Y字路に続く集落で、亡き妻を想いながら、愛犬・レオと暮らしていた。しかし、養蜂での村おこしの計画がこじれ、村人から拒絶され孤立を深めていく。次第に正気は失われ、想像もつかなかった事件が巻き起こる。Y字路から起こった2つの事件、そして3人の運命の結末は―。

綾野 剛/杉咲 花
村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本 明
佐藤 浩市

主題歌:上白石萌音「一縷」(ユニバーサルJ)
作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)
監督・脚本:瀬々敬久
 
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:角川大映スタジオ 
©2019「楽園」製作委員会

10.18[FRI]全国ロードショー

This article is a sponsored article by
''.