大阪府茨木市を舞台に、奇想天外な高校の同級生のお通夜を体験する人々を描く、映画『葬式の名人』がいよいよ明後日 8 月 16 日(金)より茨木市にて先行公開、9 月 20 日(金)より全国ロードショーとなります。

大阪府茨木市で生まれ育った川端康成の作品群をモチーフとした本作は、茨木市制施行 70 周年記念事業として制作され、舞台となった茨木市にて、2018 年 7 月下旬から 8 月中旬にかけてオールロケを敢行しました。

女手一つで息子を育てる女性・渡辺雪子役には、『旅のおわり世界のはじまり』での好演が記憶に新しい前田敦子。本作では、女手一つで息子を育てる母親・渡辺雪子を逞しく、そして深遠に演じている。

画像1: (C) “The Master of Funerals” Film Partners

(C) “The Master of Funerals” Film Partners

雪子達同級生を不思議な一夜に巻き込む豊川大輔役 を、『悼む人』、『きみはいい子』などで数々の映画賞に輝き、『多十郎殉愛記』『アンダー・ユア・ベッド』等主演作が相次ぐ高良健吾が演じます。

画像2: (C) “The Master of Funerals” Film Partners

(C) “The Master of Funerals” Film Partners

さらに、連続ドラマなどに引っ張りだこのブレイク俳優・白洲迅、日本映画界の至宝・有馬稲子、ほか尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香など実力派の若手俳優達演じる同級生の登場により、笑いあり涙ありの同葬会が繰り広げられます。

画像3: (C) “The Master of Funerals” Film Partners

(C) “The Master of Funerals” Film Partners

画像4: (C) “The Master of Funerals” Film Partners

(C) “The Master of Funerals” Film Partners

画像5: (C) “The Master of Funerals” Film Partners

(C) “The Master of Funerals” Film Partners

この度、本作で主演を務めた前田敦子、共演の高良健吾、白洲迅らが映画の舞台となり、撮影も行われたロケ地・大阪府茨木市にある、イオンシネマ茨木の舞台挨拶に登壇。
また、他に佐藤都輝子、阿比留照太のキャスト陣に加え、樋口尚文監督、大野裕之プロデューサーも登壇いたしました。

【 日 時 】8月14日(水) 12:50~13:10
【 場 所 】 イオンシネマ茨木( 大阪府茨木市松ケ本町8−30−2 イオンモール茨木 4F) 
【登壇者】
 前田敦子、高良健吾、白洲迅、佐藤都輝子、阿比留照太
 樋口尚文監督、大野裕之プロデューサー

いよいよ明後日に先行公開を控えた映画の更に先行上映会という事もあって、映画を待ちわびていた観客たちで、 シアターは満員御礼に。
映画の上映後という事もあって、各々が余韻に浸っている中、定刻になり、キャストが登壇すると、 暖かい歓声に包まれた。

先日、映画のロケ地でもある茨木高校で舞台挨拶を終えたばかりだが、久方ぶりに茨木を訪れた主演の前田や高良は、 上映終了直後のお客さんを前に「観て頂いて、ありがとうございます!ここ茨木で先行公開する事が出来て本当に嬉しいです!」 「(昨年夏の撮影中は)ずっと、すごい勢いのあった現場だったと思ってます!今日は皆さん楽しんで頂けたら嬉しいです。」 と本作への熱い思いと共にご挨拶した。

一方、本作の宣伝キャンペーンに初参加の白洲は劇中で、物語冒頭に事故で命を失ってしまう役という事もあって、 「皆様こんにちは、遺体役もとい吉田創役を演じさせて頂きました白洲迅です。」と、自らの役を用いて観客の笑いを誘った。

そんな和やかなムードで始まった舞台挨拶。 本作の撮影に対して、キャスト各々が想いを語った。

初めての「ママ役」、「関西弁での演技」、「関西オールロケ」となった前田は、 「現場の全てが熱かった!夏の暑いではなくて、情熱の熱さだった。そして、私はすごい“あきお”に助けられました」 と、本作への思いを感慨深気に語り、1 人息子のあきお役を演じた阿比留照太に助けられた事を伝えた。 それを聞いた、阿比留は嬉しそうな表情を浮かべ、微笑み合う 2 人が劇中さながらの親子の様に見えた。

お茶目でコミカルな演技も見せる高校野球部の顧問役を務めた高良は、 「本当に楽しかった!現場も同世代が多く、他の現場とは違ってみんなで話し合いながら、“演技の動き”だったり、“間”だったりを みんなで作り上げていってる感じがすごく面白かった!また、みんなにも助けられているなと思った」と、
10 年ぶりに再会する同級生たちの姿を描いた本作の良さを明言した。

(上記にある通り)遺体役を演じ続けた白洲は、 「遺体役でここまで画に映り続けるのは中々無いと思いつつ...遺体の役なんだけど、もし自分が死んだ時に、 友達みんなが自分を囲んでくれて、みんな悲しんでくれたり、楽しい思い出を語ってくれるのを(遺体役として)聞いていて (人の)気持ち、想いっていうのは、本当に届くんじゃないかと思わせてくれる様な作品でした。」と、 同級生達が、不思議なお通夜を過ごす本作の暖かさを“遺体役”ならではの目線で語ってくれた。

同じく同級生役を演じ、京都の劇団でも活動している佐藤は、地元・関西舞台の映画が公開される事に対して、 「家族や友人は楽しみに待ってくれていますし、それこそ暫く連絡を取っていなかった高校の友達とかが、ポスター見たで!と連絡をくれ たりして、本当に嬉しく思います!」と地元・関西での公開を喜んだ。

初めての映画出演ながら、前田演じる雪子の一人息子役・あきお役を堂々たる姿で演じた阿比留は、 「最初は映画出演が初めてだったから、不安で一杯だったけど、監督が“あきおイイネ”って褒めてくれていたから、嬉しくてパワーが出て 撮影が上手くいったと思います」と初めての映画出演ながら、楽しかったという喜びを見せた。

また、お盆・夏休みシーズンに先行公開される本作、劇中でも 10 年ぶりに旧友が再会するという事で、 旧友に会ったり、同窓会に行く事に対して問われると、前田は「私はあまり無いですが、この映画の中でも 10 年ぶりに再会して(楽しめるという事は)本当に羨ましいな!」と、高良は「地元の中学校や高校の友達にも良く会いますし、地元・熊本にも良く帰るんですが、今日も茨木高校の同窓会で集まって観に来ている方たちもいらっしゃると聞いて、いいなと思いました!」と 劇中しかり、劇中さながらに、旧友と再会する事の良さを語った。

和やかなムードで始まった舞台挨拶で、本作の持つ魅力を問われた主演の前田は、 「皆さん今日は本当にありがとうございました。まずは、こうして地元。茨木市の皆さんに観て頂いた後、 全国でも公開してたくさんの方に観て頂けたら嬉しいなと思います。本当にありがとうございました!」と茨木から全国へ羽ばたいていく本作への期待と本日の感謝を語って、舞台挨拶は幕を閉じた。

画像: 【 日 時 】8月14日(水) 12:50~13:10 【 場 所 】 イオンシネマ茨木 ( 大阪府茨木市松ケ本町8−30−2 イオンモール茨木 4F) 【登壇者】 前田敦子、高良健吾、白洲迅、佐藤都輝子、阿比留照太 樋口尚文監督、大野裕之プロデューサー

樋口尚文監督『葬式の名人』予告

画像: 前田敦子×高良健吾そして白洲迅。樋口尚文監督『葬式の名人』予告 youtu.be

前田敦子×高良健吾そして白洲迅。樋口尚文監督『葬式の名人』予告

youtu.be

ストーリー
大阪府茨木市にある簡素な木造アパートで、息子と二人で暮らしている28歳・雪子。
ある日、彼女のもとに高校時代の同級生の訃報が届く。卒業から10年の時を経て、通夜に集まった同級生たちが体験したのは、これまでに見たことも聞いたこともない奇想天外なお通夜だった――。

出演:
前田敦子 高良健吾
白洲迅
尾上寛之 中西美帆 奥野瑛太 佐藤都輝子 樋井明日香
中江有里 大島葉子 佐伯日菜子 阿比留照太(子役)
桂雀々 堀内正美 和泉ちぬ 福本清三 栗塚 旭 / 有馬 稲子

監督:樋口尚文
原案:川端康成
企画:榎望
脚本・プロデューサー:大野裕之
撮影:中堀正夫(JSC) 照明:祷宮信 美術:部谷京子 録音:益子宏明 編集:大島ともよ
装飾:籠尾和人 中込秀志 VFXスーパーバイザー:オダイッセイ 衣裳:宮本まさ江 ヘアメイク:酒井啓介 音響効果:柴崎憲司 キャスティング:石垣光代
音楽:上野耕路 音楽プロデューサー:佐々木次彦 照明アドバイザー:牛場賢二
ラインプロデューサー:芳川 透 劇中マンガ:やまだないと
制作プロダクション:劇団とっても便利
製作:高橋茂幸 宮田明聡 鈴木創 片山淳一郎 喜田真太郎 北村稔和 寺川貴也 内田祥彦 劇団とっても便利
川端康成作『葬式の名人』『師の棺を肩に』『片腕』『バッタと鈴虫』『十六歳の日記』『古都』『少年』『化粧の天使達』からモチーフを 得ている。

製作協力:茨木市企画財政部まち魅力発信課
企画支援:山岡白竹堂 エム’ズエステート
企画協力:公益財団法人川端康成記念會 理事長川端香男里 水原園博 茨木市立川端康成文学館 久敬会 配給:ティ・ジョイ
特別協賛:Panasonic 環境機器
特別撮影協力:大阪府立茨木高等学校
全面協力:大阪府茨木市
茨木市制施行 70 周年記念事業

2019年9月20日(金)全国公開

This article is a sponsored article by
''.