シネフィルチケットプレゼント!!!
今回の作品は、第40回セザール賞7冠の『ティンブクトゥ(仮題)』
抽選で5組10名様に、お送りします!

本年度セザール賞にて最優秀作品賞など7部門受賞、米国アカデミー賞外国語映画賞部門ノミネートの快挙を遂げた本作は、世界遺産にも登録されているマリ共和国の古都を背景に、音楽を愛する父と娘がイスラム過激派の弾圧に苦しみ、戦う姿を真摯に描いた感動作『ティンブクトゥ(仮題)』。

ティンブクトゥからそう遠くない、ある街でキダーンは妻のサティマ、娘のトーヤ、そして12歳の羊飼いのイッサンと、音楽に溢れた幸せな生活を送っていた。
しかし街はイスラム過激派に占拠され、様相を変えてしまう。
恐怖に支配され、過激派の兵隊が作り上げた法によって住民たちは、歌、笑い声、たばこ、そしてサッカーでさえも禁止されてしまう。

毎日のように悲劇と不条理な懲罰が繰り返されていく中、キダーンと彼の家族は、混乱を避けてティンブクトゥに避難する。だが、ある日漁師のアマドゥが、キダーンの飼っていた牛を殺したのを境に、彼らの運命は大きく変わってしまう、、、。

受賞歴
2015年 セザール賞最優秀作品賞・監督賞・脚本賞ほか7部門 受賞
2015年 アカデミー賞®外国語映画賞ノミネート
© 2014 Les Films du Worso  ©Dune Vision

画像: ティンブクトゥ © 2014 Les Films du Worso © Dune Vision 公開表記:2015年公開予定

ティンブクトゥ

© 2014 Les Films du Worso © Dune Vision

公開表記:2015年公開予定

監督:アブデラマン・シサコ
出演:イブラヒム・アメド・アカ・ピノ、トゥルゥ・キキ、アベル・ジャフリ
2014年/フランス・モーリタニア/97分/DCP/16:9/5.1ch
配給:RESPECT  配給協力:太秦

監督: アブデラマン・シサコ

Abderrahmane SISSAKO
1961年、モーリタニア生まれ。
幼少期にマリに住み、21歳からはモスクワ映画学院で学ぶ。現在はフランスを拠点に活動。本作は昨年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門で上映され大きな感動を呼んだ。ベルリン国際映画祭などの国際映画祭で審査員を務め、今年のカンヌ国際映画祭ではシネフォンダシヨンと短編部門の審査委員長を務める。

Timbuktu (2014) - Trailer English Subs

youtu.be
画像: フランス映画祭2015ラインナップ発表!セザール7冠授賞「ティンブクトゥ(原題)」にオゾン、アサイヤス新作など12作品 - シネフィル - 映画好きによる映画好きのためのWebマガジン

フランス映画祭2015ラインナップ発表!セザール7冠授賞「ティンブクトゥ(原題)」にオゾン、アサイヤス新作など12作品 - シネフィル - 映画好きによる映画好きのためのWebマガジン

今年もフランス映画祭がはじまります!
オープニング作品は、本国で700万人超を動員した感動作「La Famille Belier(原題)」で、邦題「エール!」として上映が決定した。
そのほか、フランソワ・オゾン監督の新作「The New Girlfriend(英題)」、オリビエ・アサイヤス監督が、ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツら豪華女優陣を起用した「シルス・マリア(原題)」、セザール賞7冠に輝いた「ティンブクトゥ(原題)」、チャップリン遺体誘拐の実話を映画化した「チャップリンからの贈りもの」、ビム・ベンダース監督が世界的写真家の軌跡を追ったドキュメンタリー「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」など豪華ラインナップがずらり。「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」「夜、アルベルティーヌ」など日本公開未定作も見逃せない。また、仏老舗映画会社ゴーモン社創立120周年を記念し、クラシック作品としてマックス・オフルュス「たそがれの女心」が上映される。
//www.youtube.com/embed/PSxvO6I6XQM?rel=0
フランス映画祭2015 予告編
youtu.be
『フランス映画祭2015』公式サイト
1993年から毎年開催されているフランス映画祭。ユニフランス・フィルムズは今年もフランス映画祭を開催します!6月26日(金)から29日(月)まで、今年も有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇(東京会場)にて皆様をお待ちしております。
unifrance.jp
フランス映画祭2015ラインナップ発表 オゾン、アサイヤス新作など12作品 : 映画ニュース - 映画.com
フランスの最新映画を日本に紹介する「フランス映画祭2015」のラインナップ発表会が5月8日、アンスティチュ・フランセ東京で行われ、12本の上映作品が発表された。オープニング作品は、本国で700万人超を動員した感動作「LaFamilleBel
eiga.com

cinefil.tokyo
画像: 第40回セザール賞は、7冠『Timbuktu/ティンブクトゥ』。そして、 二人のサン・ローランは---。 - シネフィル - 映画好きによる映画好きのためのWebマガジン

第40回セザール賞は、7冠『Timbuktu/ティンブクトゥ』。そして、 二人のサン・ローランは---。 - シネフィル - 映画好きによる映画好きのためのWebマガジン

フランスの権威ある映画賞
セザール賞が確定
なんと、7冠の栄誉に輝いたのは下馬評通り
『Timbuktu/ティンブクトゥ』作品賞、監督賞、脚本など7つのセザール像を獲得。
”本年度のアカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされている『Timbuktu』は過激派アンサル・ディーンが支配し音楽やサッカーまで禁止されたマリ共和国北部の古都トンブクトゥを舞台に、砂漠の遊牧民・トゥアレグ族などこの地域で生きる人々が描かれる。今作は日本では株式会社レスペによる配給が決定している。”
参照元
参照元
監督のアブデラマン・シスコ
http://www.french-code.com/event-cesar2015
主演男優賞は二人のサンローランの接戦
”最優秀男優賞:ピエール・ニネイ 『Yves Saint Laurent/イヴ・サンローラン』
ピエール・ニネイ(ジャリル・レペールの『イヴ・サンローラン』、右)、ガスパール・ウリエル(ベルトラン・ボネロの『サンローラン』)、2人のサンローランがノミネートされていた最優秀男優賞。”
参照元
http://www.french-code.com/event-cesar2015
セザール賞公式ページ
http://www.academie-cinema.org/en/ceremony/awards.html

cinefil.tokyo

応募方法

下記メイルアドレス
cinefil@miramiru.tokyo
『ティンブクトゥ』チケットプレゼント係宛てに
抽選の上5組10名様に、上映チケットをお送りします

上映会場・日時
有楽町 朝日ホール 
2015年 6月28日(日) 上映開始17時50分

応募締め切り 2015年6月18日

記載内容

☆氏名 
☆年齢
☆当選チケット送り先住所
☆ご連絡先メイルアドレス

また、フランス映画祭、『ティンブクトゥ』、シネフィルなどへのご意見・ご要望などありましたら、お書き込み下さい。

下記応募先アドレスにお申し込み下さい。
(注意 前回までのチケットプレゼントアドレスと変わっております)

なお、当選結果についてのお問い合わせには、一切お返事できませんので、
おそれいりますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

cinefil@miramiru.tokyo

This article is a sponsored article by
''.