映画は1962年に新潮社より刊行された川端康成『古都』の現代版として、原作では描かれなかった大人になった主人公たちの物語として映像化。
京都・パリ、二つの古都を舞台に繰り広げられる感動の物語 映画『古都』。

『古都』-(C)川端康成記念會/古都プロジェクト

そして、こんな川端康成原作の名著を、現代置き換えるという難題に果敢に挑戦したYuki Saito監督に映画webマガジン「シネフィル」が独占インタビューの後編は映画『古都』のお話を中心に、 Yuki Saito監督が若き頃スタッフに参加したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の撮影現場のエピソードなど、興味深い話をお聞きしております。

『古都』 Yuki Saito監督ロングインタビュー(後編)

youtu.be

映画「古都」予告編

youtu.be

<あらすじ>

京都室町に先祖代々続く佐田呉服店。店を継いだ日から20年間、佐田千重子(松雪泰子)は同じ場所で変わらない生活を送っていた。古くから付き合いのある職人が次々廃業する変わりゆく時代の中で店をどうしていくのか、室町に生まれた宿命を娘の舞(橋本愛)に背負わせていいものか葛藤の中で生きていた。大学生の舞は、就職活動の時期に差し掛かり就職活動をする友人との会話にも入りきれず、店を継ぐべきなのか迷っていた。一方京都のはずれ、北山杉の里で林業を営む中田苗子(松雪泰子/二役)。千重子と同じ顔をした苗子は生き別れた双子の妹。苗子もまた深刻な経営悪化に陥っていた。苗子の娘の結衣(成海璃子)はその美術の才能を活かし北山杉を使い何か新しいことが出来ないかとフランスに留学。しかし留学先で他の学生との力の差を感じ、無力感に苛まれていた。それを感じとった苗子は娘に会う為にパリ行きを決意する。呉服屋の娘の舞もパリで開催される日本文化を披露するイベントに参加する為にパリへ向かう事となった。母から娘へ受け継がれる伝統。今、京都の伝統に生きる2組の母娘の人生が初めて交差する—。

■原作 : 川端康成『古都』(新潮文庫刊)
■出演 :松雪泰子(一人二役)橋本愛 成海璃子 蒼れいな 蒼あんな 葉山奨之 栗塚旭 迫田孝也/伊原剛志 奥田瑛二
■監督 : Yuki Saito
■脚本 : 眞武泰徳 /梶本惠美/Yuki Saito
■題字:小林芙蓉
■製作幹事・配給:DLE
■企画/制作:and pictures
■特別制作協力:beachwalkers.
■後援 :京都府、京都市、一般社団法人 京都経済同友会、京都商工会議所
■支援:裏千家今日庵、一般財団法人 池坊華道会
■協 力 : 公益財団法人 川端康成記念會、特定非営利活動法人 遊悠舎京すずめ
■(C)川端康成記念會/古都プロジェクト

Next

This article is a sponsored article by
''.