43歳独身、デブ、オタク。
シャイで冴えない大男が、吹雪の夜に。
運命的な恋をした…!

アイスランドに住む43歳独身・オタク・女性経験ナシ・シャイで冴えない大男のフーシ。
空港の荷物係として単調な日々を送るフーシの唯一の楽しみは、戦車や兵士の小さなフィギュアを集めてジオラマを作ること。そんな息子を見かねた母は、出会いのチャンスを作ろうと誕生日にダンススクールのクーポンをプレゼントする。
母親の期待にこたえようとしぶしぶ出かけたフーシだったが、そこで心に傷を負った一人の女性と出会い、孤独だった人生に変化が訪れるー。

自分にコンプレックスを持ち、外の世界に飛び込む勇気を持たなかったフーシが、愛する女性を守りたい一心で、知らず知らずのうちに自分の殻を破り、新しい世界に飛び込んでいく。純情な大男フーシが初めて経験する、小さな恋の行方は…!?
とびきりチャーミングで心揺さぶるオフビート・ロマンスに、誰もが虜にならずにいられない!

画像1: https://www.facebook.com/ 好きにならずにいられない-1677176415895802/timeline

https://www.facebook.com/好きにならずにいられない-1677176415895802/timeline

フランシス・フォード・コッポラ監督、ウーピー・ゴールドバーグも絶賛!
北欧映画No.1に輝いた、氷の国の切ない恋の物語。

主人公のフーシを演じたのは、アイスランド版モンティ・パイソンといわれる風刺番組の主要メンバーだったグンナル・ヨンソン。“北欧のトトロ”と呼ばれた大きな体がかもしだすユーモアと、繊細で心にしみる演技をフランシス・フォード・コッポラ監督、ウーピー・ゴールドバーグらが絶賛!
デンマーク、スペイン他各国の映画祭で続々と受賞、ついには2015年北欧映画No.1を決定する映画賞「第12回ノルディック映画賞」に輝いた!

画像2: https://www.facebook.com/ 好きにならずにいられない-1677176415895802/timeline

https://www.facebook.com/好きにならずにいられない-1677176415895802/timeline

誰かを好きになることは、新しい世界の扉をひらくこと。
シャイで不器用な男が全力でぶつかった、
その先に見つけたものとは…!?

監督は『氷の国のノイ』(03)で長編デビューし、『リトル・ミス・サンシャイン』のポール・ダノが主演した『The Good Heart』など、ミニマルな世界を優しく丁寧に描いてきた北欧映画界の俊英、ダーグル・カウリ。カウリ監督は「スロウブロウ」名義で音楽も担当。はかない感情を映し出す、きらめくスコアを提供している。氷の国・アイスランドから、心も体も大きく温かな男の一世一代の恋を描く、心にしみいる感動作が誕生した。

画像: 6月公開『好きにならずにいられない』予告編 youtu.be

6月公開『好きにならずにいられない』予告編

youtu.be

ストーリー

アイスランド・レイキャビクの空港で荷物係として働く43歳のフーシ。母親と二人暮らしで、会社では単調な作業をこなし、金曜日はなじみのレストランでパッタイを食べる、日課通りの毎日を送っている。ささやかな楽しみは戦車や兵士の小さなフィギュアでジオラマを作り、エル・アラメインの戦いを再現することと、大好きなヘビメタをラジオ番組にリクエストすること。

職場の同僚は大人しいフーシを馬鹿にして、なにかにつけてからかってくる。いまだに独身の彼を心配した母親と母の彼氏は、フーシに出会いのチャンスを作ろうと、誕生日プレゼントにとカウボーイハットとダンススクールのクーポンをプレゼントする。フーシは同じアパートに引っ越してきた少女ヘラが、父親の留守で家に入れないのを見かねて自分の家に入れ、ケーキとミルクをご馳走して一緒に遊んであげるが、ヘラの父親は、フーシを何となく警戒している様子だ。

ある晩、フーシは母親にせき立てられ、しぶしぶダンススクールに向かう。中に入る勇気が持てず、自分の車の中でヘビメタを聴いていると、スクールから出てきた小柄な女性、シェヴンが話しかけてくる。吹雪が怖くて歩いて帰れないというシェヴンを車で送ったフーシは、次のダンスレッスンに誘われ、思わずOKする。レッスンを終えたフーシは、パッタイの店でシェヴンと夕食を共にし、車の中でいつものラジオ番組に彼女の好きなカントリー音楽をリクエストする。家でお茶を飲んでいかないかと誘われたフーシは、初めての恋の感触に胸をときめかせる。そんなフーシに親友モルドゥルは「男ってのはやるときゃしっかりやるもんだ」と発破をかける。

シェヴンが好きな旅行の計画を立て、彼女の職場の花屋を訪ねたフーシは、店主に彼女が既に働いていないことを告げられる。ゴミ収集車から降りてくるシェヴンを追いかけていったフーシに、打って変わって突き放した態度を取るシェヴン。「あなたを誤解させたみたい」と告げられ意気消沈してしまう。同僚から仲直りにとパーティに誘われたフーシは、酔った彼らにコールガールを無理やり押し付けられ、耐えかねて暴力を振るってしまう。翌日仮病を使って会社を休むが、ヘラにせがまれ車でドライブに連れていくと、幼女誘拐と間違われて警察に連行され、散々な目にあってしまう。

意を決したフーシが再びシェヴンを訪ねると、荒れ放題の家の中で彼女が閉じこもっているのを発見する。シェヴンは心に深い傷を負い、精神的に不安定な部分をもっていた。フーシは彼女を守りたい一心で、初めて自分から行動を開始するーー。

6月、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードシ­ョー決定!!

This article is a sponsored article by
''.