大阪南港ATC Galleryにおいて、9月25日(日)まで、風で動く巨大な人工生命体「ストランドビースト」の制作で世界的に有名なアーティスト、テオ・ヤンセンの大規模個展が開催中です。

テオ・ヤンセンは「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称されるオランダ出身のアーティストで、1990年から、昆虫や動物の形をした、風力で動作する「ストランドビースト」を創り始め、アートと科学が融合した様々な作品を制作し、今、世界から注目されています。

大阪で初めての開催となる本展では、日本初公開を含む10作品以上が展示され、大小さまざまな作品を紹介するとともに、1990年代の初期作品や構想スケッチなど、芸術と科学が融合したビースト(生命体)たちの構造や動きの仕組みが明らかにされます。

会場内では、巨大なストランドビーストを実際に動かして体感することができ、子供も大人も楽しみながら、実物の迫力ある現代アートに触れることのできる絶好の機会となります。また、展示作品はすべて写真撮影・動画撮影が可能となっています。
巨大なアート・ストランドビーストは圧巻の迫力です。
世界で100万人を魅了したテオ・ヤンセンが創り出す世界を是非、体験してみてください!

画像: 《アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ》2013年 ⒸTheo Jansen

《アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ》2013年 ⒸTheo Jansen

「ストランドビースト」とは、オランダ語で、砂を意味する「ストランド」と生物を意味する「ビースト」をつなぎ合わせた、テオ・ヤンセンによる造語で、プラスチックチューブで構成され、風力によって生物のような歩行をする造形作品です。
プラスチックチューブの各部品を細胞(セル)と呼び、ストランドビーストを構成する基本単位としています。

画像: 《アニマリス・ぺルシピエーレ・プリムス》2006年 ⒸTheo Jansen

《アニマリス・ぺルシピエーレ・プリムス》2006年 ⒸTheo Jansen

ボディ全体は黄色いプラスチックチューブで造形され、物理工学を基盤としたその動きは生き物を思わせるほどに滑らかで有機的です。
テオ・ヤンセンによって故国の海面上昇問題を解決するために生み出されました。

画像: 日本初公開《アニマリス・ミミクラエ》2019年 ⒸTheo Jansen

日本初公開《アニマリス・ミミクラエ》2019年 ⒸTheo Jansen

作者亡き後も自立して砂浜で生き延びることを目指し、ストランドビーストは歩行、方向転換、危険察知などの機能を備え、さまざまな環境に適応していくためのシステムを獲得していきます。
生と死を繰り返し、遺伝子と遺伝情報を受け継ぎながら進化し続けてきた生命体は、芸術と科学という既存のカテゴリーを横断し、新たな可能性を私たちに提示しています。

画像: 《アニマリス・ムルス》2017年 ⒸTheo Jansen

《アニマリス・ムルス》2017年 ⒸTheo Jansen

大小さまざまなストランドビーストを中心に、構想スケッチや動きの秘密がわかる基本パーツ、模型、さらに映像展示等でテオ・ヤンセンの世界が紹介されています。

画像: 《アニマリス・オムニア・セグンダ》2018年 ⒸTheo Jansen

《アニマリス・オムニア・セグンダ》2018年 ⒸTheo Jansen

実際に命が吹き込まれたように、ストランドビーストが動く様子をご覧いただけます。
リ・アニメーション(再生)が行われる作品は《アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ》と《アニマリス・オムニア・セグンダ》です。

テオ・ヤンセンが創造した壮大なスケールのストランドビーストの世界。そこにはロマンが感じられます。
全長10mを超える巨大なストランドビーストが力強く歩く様子は圧巻です。この機会に、是非、ご覧ください。

画像: テオ・ヤンセン ⒸTheo Jansen

テオ・ヤンセン ⒸTheo Jansen

テオ・ヤンセン Theo Jansen プロフィール
1948年生まれ。オランダ・スフェベニンゲン出身。デルフト工科大学で物理学を専攻し、
1975年にアーティストに転向。1986年から新聞のコラムを執筆し、その中の記事「砂浜の放浪者」をきっかけに「ストランドビースト」を生み出す。
1990年から、風力で動作する「ストランドビースト」の制作を開始。
アートと科学が融合したさまざまな作品を制作し、注目される。

展覧会概要

【展覧会名】「テオ・ヤンセン展」
【会 期】 2022年7月9日(土)〜9月25日(日)
【開館時間】10:00〜18:00(最終入場17:30)
【 休館日 】 会期中無休
【会 場】大阪南港ATC Gallery
大阪市住之江区南港北2-1-10[ITM棟2F]「トレードセンター前」駅下車直結
【料 金】一般 1,600円( 1,400円)高校・大学生 1,100円 (900円)
小・中学生 600円( 400円)
※( )内は20名以上の団体料金
※心身に障がいのある方の介助者は1人まで無料(ご本人は有料。要証明)
※未就学児 入場無料。
【主 催】毎日新聞社、MBSテレビ、ATC
【後 援】オランダ王国大使館、大阪市、大阪市教育委員会
【協 賛】大和ハウス工業
【企画協力】Media Force、学研プラス
【お問い合わせ】050-5542-8600(ハローダイヤル)
【公式サイト】

シネフィルチケットプレゼント

下記の必要事項、をご記入の上、「テオ・ヤンセン展」@大阪 シネフィルチケットプレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、招待券をお送り致します。この招待券は、非売品です。
転売業者などに転売されませんようによろしくお願い致します。
☆応募先メールアドレス miramiru.2021@gmail.com
★応募締め切りは2022年8月15日 月曜日 24:00
記載内容
☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の郵便番号、電話番号、建物名、部屋番号も明記)
4、ご連絡先メールアドレス
5、記事を読んでみたい映画監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
ご記入下さい(複数回答可)
8、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
9、シネフィルのこの記事または別の記事でもSNSでのシェアまたはリツイートをお願い致します。
☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・

This article is a sponsored article by
''.