三池崇史監督×窪田正孝主演の映画『初恋』が東映配給にて2月28日(金)より公開となります。

カンヌ国際映画祭 監督週間やトロント国際映画祭 ミッドナイト・マッドネス部門での上映は映画ファンを大いに沸かせ、異例の全米先行公開。世界30以上の映画祭から招待され、米批評家サイトRotten Tomatoesでは【97%フレッシュ】という高評価を獲得(2月14時点)している本作。世界中の映画ファンを虜にする三池監督“初”のラブストーリーがいよいよ日本に凱旋となります!

画像: (C)2020「初恋」製作委員会

(C)2020「初恋」製作委員会

この度、本作の撮影舞台である新宿・歌舞伎町へ恩返しするため、<歌舞伎町クリーンイベント>を実施致しました!

映画の撮影舞台となり、お世話になった<新宿・歌舞伎町>へお返しをするために、クリーンイベントをオファーし実施が決定した本イベント!主演・天才ボクサーレオ役の窪田正孝三池崇史監督が歌舞伎町へ感謝を込めて、新宿区長と一緒に清掃をしました!

映画『初恋』 歌舞伎町クリーンイベント

【日時】2月15日(土)
【登壇者(敬称略)】 窪田正孝、三池崇史監督、吉住健一(新宿区長)
【会場】
 新宿区庁舎前(出発式)/新宿歌舞伎町/新宿区役所第一分室1F(ミニ会見)

【以下、レポート】

本作の撮影の舞台となった新宿・歌舞伎町に恩返しをするため、新宿区へクリーンイベントを提案し、快諾頂いたことから実現した本イベント。快晴にも恵まれ、静けさ残る朝の新宿でイベントが開催されました。
まず初めに新宿区役所前で出発式を行い、吉住区長のご挨拶で幕を開け、主演・葛城レオ役を務めた窪田正孝さん、メガホンを取った三池崇史監督が『初恋』のタイトルロゴがあしらわれたウィンドブレーカーに身を包み登場すると、本イベントへご協力頂くボランティアの皆さんからは大きな拍手が巻き起こり、2人のサプライズ登場に涙を流す方もいました。窪田さんは「おはようございます!お世話になった歌舞伎町を精一杯きれいにしたいと思います!よろしくお願いします。」、三池監督は「おはようございます。少しでもきれいに出来ればいいなと思います。よろしくお願いします。」とそれぞれ挨拶。そして参加者全員で「新宿歌舞伎町クリーンイベント、しゅっぱーつ!!」と元気よく声を合わせて清掃活動をスタートさせました。

清掃が始まると早速、お菓子の包み紙を見つけた窪田さんは「昨日はバレンタインデーだったからかな…!」とつぶやき、三池監督と顔を見合わせ、思わず笑いあっていました。
ボランティアのみなさんや吉住区長と談笑しながら丁寧にゴミを拾い集める道中、窪田さん演じるレオがベンガルさん演じる占い師と出会う歌舞伎町弁財天に到着すると、窪田さんは「この地域のみなさんは撮影をしていても、慣れているのかそっとしてくれて、すごく演じやすかったです。」と撮影当時を懐かしんでいる様子でした。

その後もクリーンアップにいそしみ、驚くほど綺麗になった歌舞伎町を後にし、一行は新宿区役所に帰還しました。

ここで、会見へと移り、清掃活動に参加した感想を聞かれると窪田さんは「大それたことは出来ないかもしれないけど、こういった活動に参加出来て嬉しく思いましたし、街がきれいになるって良いことだなと思いました!」と答え、お世話になったロケ地への恩返しができ、感慨深そうな様子でした。
三池監督は「撮影の時は上ばかり見ていたように思います。仕事の面で言ってしまうと、落ちているゴミにも一つの大事な風景のように感じてしまうんですが、こうして改めて足元に目を向けてみると、きれいにしたいなという気持ちが湧き、また違った歌舞伎町を見れたような気がしました。」と答えました。
話題は撮影当時のエピソードに及び、窪田さんが「この歌舞伎町で大森南朋さんを全力で殴ってしまったことが思い出ですかね…」と答えると、すかさず三池監督が「もっとクリーンなこと言ってよ!(笑)」とツッコミを入れ、会場からは笑いが起こりました。
一方の三池監督は「とても好きな空間で、撮影の時は歌舞伎町の住人として存在していたような気持ちでした。」と回想していました。吉住区長は「今日は本当にありがとうございました。この作品を広く知って頂けたら嬉しいなと思います。そして歌舞伎町をもっとロケ地として使って頂きたいですね。」とお二人に感謝を述べていました。
さらに、本作の撮影が夜が多かったことから、昼間との印象の違いを聞かれると、三池監督は「帰る人もいれば、これからどこかへ出かける人が入り乱れている。そんな中でも時間が止まる瞬間があって、その気配がドラマチックでとても好きですね。」と答え、窪田さんは「夜の撮影とまた違って、昼はやっぱり青空で気持ちがいいですね!その反面まだ少し夜の名残があって、絶妙な2面性がある街だなと思います。」と答えました。

画像: 左より三池崇史監督、窪田正孝、吉住健一--(新宿区長)

左より三池崇史監督、窪田正孝、吉住健一--(新宿区長)

画像1: 【日時】2月15日(土) 【登壇者 (敬称略) 】 窪田正孝、三池崇史監督、吉住健一 (新宿区長) 【会場】 新宿区庁舎前(出発式)/新宿歌舞伎町/新宿区役所第一分室1F (ミニ会見)

そしてマスコミからの質疑応答の場面になり、歌舞伎町での思い出を聞かれると、窪田さんは「19歳くらいのころ、新宿コマ劇場で三池監督の『座頭市』を観たことがとても印象に残っていますね。」と答え、三池監督は「助監督のころに本当に大変で泣いたこともあるけれど、とても居心地の良い場所。そのままの自分でいられる気がします。多様性のある人たちがたくさんいて安心しますね。」と答えました。
さらに、三池監督が“夜を味方につける人”と言われているが、朝の監督はどうだったかと問われると、「サングラス姿に軍手とトングを持ってる姿が可愛かったです(笑)」と窪田さんが答えると会場からは笑いが起こりました。
最後に掃除が好きだという窪田さんに、今後キレイにしたいものは何かとの質問に、少し悩みながら、「携帯の中身ですかね。電話帳とかは高校時代のままなので少し整理しようかなと…。」と言うと「あんまり友達いないでしょ⁈」とまたも三池監督からツッコミが入り、「ほどほどにしたいと思います…!」と恐縮した様子で話し、10年ぶりのタッグでも変わらぬ息の良さを見せ、会見は終了しました。

画像2: 【日時】2月15日(土) 【登壇者 (敬称略) 】 窪田正孝、三池崇史監督、吉住健一 (新宿区長) 【会場】 新宿区庁舎前(出発式)/新宿歌舞伎町/新宿区役所第一分室1F (ミニ会見)
画像3: 【日時】2月15日(土) 【登壇者 (敬称略) 】 窪田正孝、三池崇史監督、吉住健一 (新宿区長) 【会場】 新宿区庁舎前(出発式)/新宿歌舞伎町/新宿区役所第一分室1F (ミニ会見)

先行公開した海外でも絶賛の声が相次ぎ、満を持して迎える2月28日の日本公開まであと2週間。
欲望うずまく歌舞伎町を舞台に、ならず者たちの抗争に巻き込まれる男女の濃密な一夜を描いた本作。果たしてそれぞれに訪れる衝撃的な結末とは…?

世界の三池崇史監督×窪田正孝『初恋』全米予告!

画像: 世界の三池崇史監督×窪田正孝『初恋』全米予告! youtu.be

世界の三池崇史監督×窪田正孝『初恋』全米予告!

youtu.be

【STORY】
喜怒哀楽・すべてが詰まった、人生で最高に濃密な一夜を描く極上のラブストーリー。
最期に出会った、最初の恋
舞台は、新宿歌舞伎町。余命いくばくも無いと知らされたプロボクサーが、逃げる少女を助けるために悪徳刑事をKOしたことから、事態は急転直下。何故か追われる身となり、ヤクザ・チャイニーズマフィア・警察組織が入り乱れ欲望渦巻く“ブツ”を巡った争いに巻き込まれる。
「死んだ気になりゃ、やれるはず」
捨てたはずの命をタテに少女を守ると決めた時、2人の運命が一気に加速する!!

窪田正孝 大森南朋 染谷将太 小西桜子 ベッキー
三浦貴大 藤岡麻美 顏正國 段鈞豪 矢島舞美 出合正幸
村上 淳 滝藤賢一 ベンガル 塩見三省 ・ 内野聖陽

監督:三池崇史 
脚本:中村雅 音楽:遠藤浩二
企画・プロデュース:紀伊宗之
プロデューサー:ジェレミー・トーマス 坂美佐子 前田茂司 伊藤秀裕 小杉宝
共同プロデューサー:飯田雅裕 ラインプロデューサー:今井朝幸 青木智紀 
キャスティングプロデューサー:山口正志
撮影:北信康(J.S.C.) 照明:渡部嘉 美術:清水剛
録音:中村淳 装飾:岩井健志 編集:神谷朗
VFXスーパーバイザー:太田垣香織 キャラクタースーパーバイザー:前田勇弥

ヘアメイク:石部順子 画コンテ:相馬宏充 
スーパーヴァイジングサウンドエディター:勝俣まさとし
スタントコーディネーター:辻井啓伺  カースタント:雨宮正信 野呂真治

俳優担当:平出千尋 助監督:山口将幸
制作担当:鈴木勇
音楽プロデューサー:杉田寿宏
製作:「初恋」製作委員会 
制作プロダクション:OLM 
制作協力:楽映舎
配給:東映 宣伝:ガイエ
(C)2020「初恋」製作委員会
PG12
Twitter:@hatsukoi2020

2月28日(金)全国公開

This article is a sponsored article by
''.