平成最後の年に振り返る明治150年記念

現代に生きる私たちにとっては当たり前の洋装中心の生活も、日常生活も、全て明治時代からスタートしました。

江戸時代が終わり明治維新を迎えた時には天地がひっくり返るほど劇的な変化があったであろうことは容易に想像できますが、そんな激動の明治時代に、明治皇室は諸外国との重要な外交の役割を担い、宮廷文化を西洋式に寄せていきます。

今回泉屋博古館分館では、そんな明治皇室の宮廷文化の品々を中心に約150件が展示されます。

幹山伝七《色絵金彩花鳥文花瓶》 明治前期(19世紀) 泉屋博古館分館(通期)

明治皇室の果たした役割

明治時代(1868-1912)、諸外国との外交のために皇室では洋装を採り入れ、洋食にて外国使臣をもてなしました。その舞台は、延遼館、鹿鳴館そして明治宮殿へと移り変わります。

そんな宮中晩餐会の食器やドレス、ボンボニエールなど華やかな宮廷文化を紹介します。

《中礼服 北白川宮妃房子着用》 明治末期(20 世紀) 霞会館(通期)

「ボンボニエール(フランス語: Bonbonnière)」とは、本来はボンボン(糖衣菓子・砂糖菓子)を入れる菓子器を指す語ですが、日本では近代以降宮中での慣わしとして、晩餐会で記念品(引出物)として配布する意匠を凝らした菓子器を「ボンボニエール」と呼ぶそうです。

《鶴亀形ボンボニエール》 明治天皇大婚 25 年祝典 明治 27 年(1894) 3月 9日 個人(通期)

また明治皇室は伝統文化の保護を提唱し、「帝室(皇室)」が「技芸(美術)」の制作活動を奨励する 「帝室技芸員」制度が誕生します。
美術界の最高の栄誉とされた彼らの作品は、日本文化の象徴として海外でも賞賛されました。

画像: 2代川島甚兵衞 《紫陽花双鶏図 綴織額》 明治35年(1902) 川島織物文化館(後期)

2代川島甚兵衞 《紫陽花双鶏図 綴織額》 明治35年(1902) 川島織物文化館(後期)

明治150年、そして新時代の幕開けの今、明治皇室が守り伝えようとした日本の技と美を、是非足を運び、じっくりとご堪能下さい。(会期中展示替えがあります。)

関連イベント

講演会

「明治宮廷と染織の美」
日時)4月13日(土)15:00〜16:00
講演者)田中潤氏(学習院大学非常勤講師)

※ 当日10時より入場された方一名につき一枚、座席指定付整理券を配布 (定員:50名)
※ 予約不要。要入館料。

ギャラリートーク

「宮中晩餐会とボンボニエール」
日時)3月30日(土)15:00〜16:00
ナビゲーター)長佐古美奈子氏(学習院大学史料館学芸員)
※ 予約不要。要入館料。

夕やけ館長のギャラリートーク

日時)4月20日(土)15:30〜16:30
ナビゲーター)野地耕一郎氏(泉屋博古館分館長)
※ 予約不要。要入館料。

ランチタイム・ショートギャラリートーク

日時)3月22日(金)、4月11日(木)、4月18日(木)12:15〜12 : 45
ナビゲーター)森下愛子氏(泉屋博古館分館学芸員)
※ 予約不要。要入館料。

画像: 竹内久一《神鹿》大正元年(1912) 東京国立博物館(通期) 画像提供:東京国立博物館 Image:TNM Image Archives

竹内久一《神鹿》大正元年(1912) 東京国立博物館(通期)
画像提供:東京国立博物館 Image:TNM Image Archives

シンポジウム

「華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美-」展関連シンポジウム・第88回学習院大学史料館講座

日時)4月27日(土)13:30〜16:30予定
場所)学習院創立百周年記念会館正堂
内容)第1部:「華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美-」を各分野より語る
   第2部:討論「明治の美術工芸と皇室の果たした役割」
出演)彬子女王殿下・小松大秀氏・長崎巌氏・野地耕一郎氏 他
※ 入場無料・事前申込不要・当日先着700名

お問い合わせ先)
〒171-8588 豊島区目白1-5-1
学習院大学史料館
TEL:03-5992-1173

画像: 《入目籠形ボンボニエール》 大正天皇即位礼 大正4年(1915) 学習院大学史料館(通期)

《入目籠形ボンボニエール》 大正天皇即位礼 大正4年(1915)
学習院大学史料館(通期)

特別展
「明治 150 年記念 華ひらく皇室文化―明治宮廷を彩る技と美―」
開催概要

会場)泉屋博古館分館
〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1

会期)開催中 〜 2019年5月10日(金)
前期:3月16日(土)〜4月14日(日)
後期:4月17日(水)〜5月10日(金)

休館日)月曜日(4月29日、5月6日は開館、4月30日、5月7日休館)、4月16日(展示替え)

開館時間)10:00〜17:00(入館は16:30まで)

入館料)一般 800円(640円)、高大生 600円(480円)、中学生以下無料
※ ( )は20名様以上の団体料金。
※ 障がい者手帳ご呈示の方、および付添人1名様まで無料

主 催)公益財団法人 泉屋博古館、毎日新聞社
共 催)学習院大学史料館
協力)一般社団法人 常磐会
企 画)華ひらく皇室文化展実行委員会
会 場)泉屋博古館分館

お問い合わせ)
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
ウェブサイト)https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

画像: 重要文化財 板谷波山《葆光彩磁珍果文花瓶》 大正 6 年(1917) 泉屋博古館分館(通期)

重要文化財 板谷波山《葆光彩磁珍果文花瓶》 大正 6 年(1917)
泉屋博古館分館(通期)

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「華ひらく皇室文化」展プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上10組20名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効のこの招待券は非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2019年3月30日 24:00 日曜日

〈記載内容〉
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で面白いと思われるもの、通読されているものの筆者名か連載タイトルを5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で面白くないと思われるものの筆者名か連載タイトルを3つ以上ご記入下さい(複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想などのご要望もお寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.