海運王バレルが収集した世界屈指のコレクション出展作品76点が日本初公開!

産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたグラスゴー出身の海運王ウィリアム・バレル(1861-1958年)は、1944年、数千点以上の作品をグラスゴー市に寄贈し、それが美術館『バレル・コレクション(The Burrell Collection)』となり、古今東西の美術品を集めた世界屈指のコレクションとして多くの観光客が訪れています。
しかしバレルが作品寄贈時に提示した「英国外には貸し出さないこと」という条件の一つにより、この素晴らしい作品の数々は永らく現地でしか見ることができませんでした。

今回、2015年から2020年までのバレル・コレクションの改修工事による閉館に伴い、英国外への作品貸し出しが可能となり、海を越えての開催が実現するという大変貴重な機会に恵まれました。

バレルが収集した良質のフランス絵画を中心に、知られざるスコットランドの画家の作品からオランダ人画家の作品を合わせた絵画73点が初来日。加えて同市のケルヴィングローヴ美術館よりルノワールやゴッホなどの秀作7点も展示され、全80作品中76点が日本初公開!
本国のバレル・コレクションが閉館中だからこそ実現した、まさに今しかない奇跡の展覧会です。

身の回りの情景から戸外の生活空間、川や港、外洋の眺めまで、ヨーロッパの美に心躍る海運王の夢が託された近代名画を巡る旅へ、是非足をお運び下さい。

序章

19世紀後半から20世紀にかけて、グラスゴーでは美術品市場も活況となっていました。
海運王ウィリアム・バレルも、少年の頃から美術品に関心を持って収集を始めており、1890年代から1920年代にかけて、グラスゴー出身の画商アレクサンダー・リード(1854-1928年)から作品を購入。5000年に及ぶ古今東西の美術工芸品を収集し、コレクションを築きます。

序章では英国の海港都市グラスゴーと、海運王と呼ばれ美術コレクションを築いたウィリアム・バレルの人物像やその生涯を、当時の写真や親交のあった画商の肖像画(ゴッホ作)などを通して紹介します。

【見どころ】
バレルにフランス美術コレクションの礎を築き、バレル・コレクションの形成に尽力した剛腕画商、アレクサンダー・リードの肖像画

画像: フィンセント・ファン・ゴッホ《アレクサンダー・リードの肖像》 1887年 油彩・板、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵 ⓒCSG CIC Glasgow Museums Collection

フィンセント・ファン・ゴッホ《アレクサンダー・リードの肖像》
1887年 油彩・板、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵
ⓒCSG CIC Glasgow Museums Collection

第1章 身の回りの情景

人物、果物、花など、部屋の中の静謐かつ親密な情景で描かれた作品を「室内の情景」「静物」に分けて紹介します。

エドゥアール・マネ《シャンパングラスのバラ》
1882年 油彩・カンヴァス、バレル・コレクション蔵
ⓒCSG CIC Glasgow Museums Collection

第2章 戸外に目を向けて

家の外、街中、郊外へと戸外に広く目を向けて、その情景や、生活・仕事を営む人々、動物を描いた作品を「街中で」「郊外へ」に分けて紹介します。

【見どころ】
日本初来日!エドガー・ドガの知られざる傑作《リハーサル》

来日作品の中でも特に、バレエを題材にしたドガの初期の作品《リハーサル》は門外不出の名作!
繊細かつ大胆な構図と色彩が美しい、世界が認める名品をどうぞお見逃しなく!

画像: エドガー・ドガ《リハーサル》1874年頃 油彩・カンヴァス、バレル・コレクション蔵 ⓒCSG CIC Glasgow Museums Collection

エドガー・ドガ《リハーサル》1874年頃 
油彩・カンヴァス、バレル・コレクション蔵
ⓒCSG CIC Glasgow Museums Collection

画像: ピエール・オーギュスト・ルノワール《画家の庭》 1903年頃 油彩・カンヴァス、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵 ⒸCSG CIC Glasgow Museums Collection

ピエール・オーギュスト・ルノワール《画家の庭》
1903年頃 油彩・カンヴァス、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵 
ⒸCSG CIC Glasgow Museums Collection

第3章
川から港、そして外洋へ

海運王と呼ばれ、港や海への想いが人一倍強いであろうバレルが選んだ海景画を中心とした水辺の景観の作品を「川辺の風景」「外洋への旅」に分けて紹介します。

ギュスターヴ・クールベ《マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド》
1865年、油彩・カンヴァス、バレル・コレクション蔵
© CSG CIC Glasgow Museums Collection

画像: ウジェーヌ・ブーダン《ドーヴィル、波止場》 1891年 油彩・板、バレル・コレクション蔵 ⓒCSG CIC Glasgow Museums Collection

ウジェーヌ・ブーダン《ドーヴィル、波止場》
1891年 油彩・板、バレル・コレクション蔵
ⓒCSG CIC Glasgow Museums Collection

音声ガイド
ナビゲーターは声優の大塚明夫さん

音声ガイドは、スティーブン・セガールやニコラス・ケイジの吹き替えをはじめ、人気アニメ「ブラック・ジャック」など渋く深みのある声で人気を博し幅広くご活躍中の声優の大塚明夫さんが担当。
海運王と呼ばれたウィリアム・バレルに扮し、渋い大人の魅力で夢のコレクションの世界へといざなってくれます。

貸出価格)550円(税込。お一人様一台)
収録時間)35分

【開催記念プレゼント】
展覧会オリジナル船型ポストカードをプレゼント!

同展開催を記念し、開幕初日や「旅の日」をはじめ、以下の日程で展覧会にご来館のお客様に先着で、展覧会オリジナルポストカード(非売品)をプレゼントいたします。
ドガの名作《リハーサル》をあしらい、“海運王”バレルにちなんだ船の形にこだわったデザインです。オモテ面のみならず、ウラ面も要チェック!この機会に是非、ご来場ください。

<プレゼント実施日>
■4/27(土)開幕初日…300名様
■4/28(日)2日目…100名様
■5/12(日)母の日…100名様
■5/16(木)旅の日…300名様
■6/16(日)父の日…100名様

※ 予定は変更となる可能性もございます。予めご了承ください。

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション
開催概要

会場)Bunkamura ザ・ミュージアム
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1

会期)2019年4月27日(土)〜6月30日(日)

休館日)5/7(火)、5/21(火)、6/4(火)

開館時間)10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※ 毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

観覧料)(税込)
一 般)1,500円(1,300円)
高大生)1,000円(800円)
小中生)700円(500円)

※ ( )は前売りと団体料金。団体は20名様以上。下記ページからお申込みフォームをご利用ください。
http://www.bunkamura.co.jp/group_visits/
※ 学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
※ 障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください。

主催)Bunkamura、毎日新聞社
後援)ブリティッシュ・カウンシル
特別協賛)大和ハウス工業株式会社
協賛)大日本印刷
協力)日本航空

お問い合わせ)ハローダイヤル 03-5777-8600(8:00~22:00)

【巡回展】
静岡会場:2019年8月7日(水)〜10月20日(日) 《静岡市美術館にて》
広島会場:2019年11月2日(土)〜2020年1月26日(日) 《広島県立美術館にて》

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「バレル・コレクション」プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効のこの招待券は、非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2019年4月27日 24:00 日曜日

記載内容
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
  建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、
  当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
  5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい
 (複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.