映画『氷上の王、ジョン・カリー』が5月31日(金)より新宿ピカデリー、東劇、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開となります。

画像1: (C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018 2018(C)Dogwoof

(C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018
2018(C)Dogwoof

アイススケートをメジャースポーツへと押し上げ、さらに芸術の領域にまで昇華させた伝説の英国人スケーター、ジョン・カリー。
彼はバレエのメソッドを取り入れた演技で、1976年インスブルック冬季五輪フィギュアスケート男子シングルの金メダルを獲得する。
しかし、マスコミが真っ先に伝えたのは、表に出るはずのなかった彼のセクシュアリティだった。
同性愛が公的にも差別されていた時代に、ゲイであることが公表されたメダリストの存在は、世界中を驚かせ論争を巻き起こす。
しかし、彼は華麗な滑りで多くの人を魅了し続け、現在の日本人スケーターにも影響を与えている。

映画はアスリートとしてのカリーだけでなく、栄光の裏にあった深い孤独、自ら立ち上げたカンパニーでの新たな挑戦、そして彼を蝕んでゆく病魔AIDSとの闘いを、貴重なパフォーマンス映像と、本人、家族や友人、スケート関係者へのインタビューで明らかにしていく。

画像2: (C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018 2018(C)Dogwoof

(C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018
2018(C)Dogwoof

画像3: (C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018 2018(C)Dogwoof

(C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018
2018(C)Dogwoof

画像4: (C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018 2018(C)Dogwoof

(C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018
2018(C)Dogwoof

新たに発掘された、ホームビデオで撮影された彼の最高傑作『ムーンスケート』について監督のジェイムス・エルスキンは「どんなスケートより美しく心を打たれた。
これをみて感動を覚えない人はいないだろう」と語っている。

画像5: (C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018 2018(C)Dogwoof

(C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018
2018(C)Dogwoof

これは、時代に翻弄され不当な扱いを受けながらも、屈することなく高みを目指し、
人を遠ざけながらも愛に飢え、滑り、踊り続けた男の物語。

映画『氷上の王、ジョン・カリー』本予告編

画像: 映画『氷上の王、ジョン・カリー』本予告編 youtu.be

映画『氷上の王、ジョン・カリー』本予告編

youtu.be

ジャパンプレミアの町田樹さん、宮本賢二さんによるトークの緊急配信が決定!

伝説の五輪フィギュアスケート金メダリスト、ジョン・カリーを追った映画『氷上の王、ジョン・カリー』。
5月31日(金)の公開に先駆け、新宿ピカデリーで5月9日(木)に行われたジャパンプレミアの町田樹さん、宮本賢二さんによるトークを緊急配信!

©︎吉松伸太郎

◆町田樹(慶應義塾大学・法政大学非常勤講師)
1990年生まれ。2006年全日本ジュニア選手権優勝。
シニア転向後はグランプリシリーズで通算4勝。
2014年2月ソチオリンピック出場、団体・個人ともに5位入賞。
同年3月の世界選手権では銀メダル獲得。
同年12月に選手引退の後は、プロフィギュアスケーターとして自作振付による作品をアイスショーで発表し続けた。
2018年10月プロ引退。
一方、2015年より早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に進学、現在は博士後期課程に在学中。専門はスポーツマネジメント、スポーツ文化論、文化経済学、身体芸術論。
2018年4月より慶應義塾大学・法政大学で非常勤講師も務めている。

◆宮本賢二(振付師)
シングルからアイスダンスに転向し、全日本選手権優勝などの数々の栄冠を手にした
国内トップクラスのスケーター。2006年に現役を引退してからは、
振付師として羽生結弦や髙橋大輔、織田信成、町田樹、
エフゲニー・プルシェンコ、荒川静香、安藤美姫、宮原知子などの
国内外のトップスケーターの他、様々なアイスショーの振り付けから
アニメ『ユーリ!!! on ICE』の作中の振付まで数多くの振り付けを担当。
テレビ、新聞等での解説も行っている。

発売と同時にチケットが完売した本イベントには、配信を熱望する声が多く上がり、この度ご要望にお応えし映画上映後に行われるトークの様子を「J SPORTSオンデマンド」ではノーカットでイベント当日5月9日(木)のLIVE配信と5月10日(金)~5月31日(金)まで見逃し配信、また映画配給元の配信サービス「アップリンク・クラウド」では5月25日(土)~6月3日(月)まで無料配信します。

画像6: (C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018 2018(C)Dogwoof

(C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018
2018(C)Dogwoof

画像7: (C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018 2018(C)Dogwoof

(C)新ブラックフィルムスケートリミテッド2018
2018(C)Dogwoof

2018年のプロスケーター引退後研究者の道へ進み、本作へは字幕監修・学術協力で参加いただいた町田樹さんと、髙橋大輔さんや羽生結弦さんらトップスケーターのほか、人気アニメ『ユーリ!!! on ICE』の振付師として活躍する宮本賢二さんには、「未来へと受け継がれるジョン・カリーの魂」と題してお話しいただきます。

◆J SPORTSオンデマンド

[LIVE配信] 5月9日(木)20時30分~
[見逃し配信] 5月10日(金)~5月31日(金)
https://jod.jsports.co.jp/p/
winter/KENJI/190426-1730L

*配信時間は変更になる場合があります。

*LIVE配信&見逃し配信ともにノーカットでお届けします。

◆アップリンク・クラウド

[無料配信] 5月25日(土)13時~6月3日(月)13時まで
https://www.uplink.co.jp/
cloud/features/1998/

監督:ジェイムス・エルスキン(『パンターニ/
海賊と呼ばれたサイクリスト』)
出演:ジョン・カリー、ディック・バトン、ロビン・カズンズ、
ジョニー・ウィアー、イアン・ロレッロ
ナレーション:フレディ・フォックス(『パレードへようこそ』『
キング・アーサー』)
(2018年/イギリス/89分/英語/DCP/16:9/
原題:The Ice King)
字幕翻訳:牧野琴子
字幕監修・学術協力:町田樹
配給・宣伝:アップリンク

公式twitter https://twitter.com/theicekingjp
公式facebook https://www.facebook.com/TheIceKingJP/

2019年5月31日(金)新宿ピカデリー、東劇、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

This article is a sponsored article by
''.