東寺講堂から15体の仏像が集結!

東寺(教王護国寺)は、平安遷都に伴って平安京鎮護のための官寺として西寺とともに建立されました。

823年、唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した空海(弘法大使)は、嵯峨天皇より東寺を賜り、真言密教の根本道場としました。以降、東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになりました。

空海のもたらした密教の造形物は美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさは我が国の仏教美術の中で群を抜いています。特に密教美術の宝庫である東寺は「曼荼羅のお寺」といわれるほど数多くの曼荼羅を所蔵し、国宝・重要文化財の両界曼荼羅図だけでも6件が伝来しています。

今回、東京国立博物館では、空海にまつわる数々の名品をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介します。
空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多の国宝11体、重要文化財4体の合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。

また、現存最古の彩色両界曼荼羅である国宝「西院曼荼羅(伝真言院曼荼羅)」をはじめ、 長さ約5メートルにおよぶ国内でも最大級の「甲本」「元禄本」と「敷曼荼羅」の4件を含む多くの曼荼羅を公開します。

21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している東寺が、1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝を、是非その目でお確かめ下さい。

空海は讃岐国( 現在の香川県)の生まれ。中国に留学して密教を学び、帰国後、真言宗を開いて東寺や高野山を拠点に密教を広めました。密教の理解には造形物が不可欠という師の教えに従い、曼荼羅や彫刻などの制作を指導しました。
弘法大師とも呼ばれ、優れた書家としても知られています.

第1章 空海と御七日御修法(ごしちにちみしほ)

後七日御修法とは、空海によって始められた鎮護国家の法会であり、真言宗で最重要の秘密の儀式です。

この章では、空海が唐から持ち帰った国宝「密教法具」や重要文化財「金銅舎利塔」など、後七日御修法に関する東寺1200年の寺宝とともに紹介し、後七日御修法の堂内の様子を再現します。
また、大治2年(1127)に制作された国宝「十二天像」、国宝「五大尊像」は全幅を公開する貴重な機会になります。(展示替えあり)

金剛盤の上に五鈷鈴と五鈷杵を据えた密教法具のセット ↓。
空海請来の霊物として尊崇されてきました。
宮中の真言院で行われた後七日御修法をはじめとする、重要な法会に用いられ、今も東寺灌頂院の道場で行われる後七日御修法では、大阿闍梨の道具として重要視されています。

国宝《密教法具》中国 唐時代・9世紀 東寺蔵

空海から最澄に宛てた3通の書状を貼り継いだもの ↓で、平安時代仏教史の基本史料として貴重であるとともに、壮年期の空海を代表する筆跡であり、書道史上も古来珍重されてきました。

画像: 国宝《風信帖(第一通)》空海筆 平安時代・9世紀 東寺蔵 [展示期間:3月26日(火)~5月19日(日)]

国宝《風信帖(第一通)》空海筆 平安時代・9世紀 東寺蔵
[展示期間:3月26日(火)~5月19日(日)]

第2章 密教美術の至宝

真言密教では、造形や儀礼、荘厳の仕方においてそれまでの仏教教団とは大きく異なる形式をとります。造形の上では、大日如来を中心として多くの如来・菩薩・ 明王・天などを集合的に描いて密教の世界観を表した両界曼荼羅図や、如来・菩薩など形や手で結ぶ印の形などの細かな規則を図示した図像を重視します。
また、儀礼の中で鳴り物の楽器を用いることも特徴です。

この章では、両界曼荼羅など東寺に伝わる密教独特の造形の名品をご覧いただきます。

第3章 東寺の信仰と歴史

平安京遷都にともなって建立された東寺には、1200年にわたり寄せられた篤い信仰とその歴史を物語るさまざまな宝物が伝わります。

この章では、羅城門伝説に彩れた毘沙門天立像にはじまり、空海ゆかりの舎利信仰や、八幡信仰を伝える遺品、寺の歴史や宝物についてまとめた『東宝記』に代表される書跡や古文書など、東寺の信仰と歴史を今日に伝える宝物の数々をご覧いただきます。

中国・唐時代に造られた、異色の毘沙門天像 ↓。
平安京の羅城門に安置され、都を守護したと伝えられています。

画像: 国宝《兜跋毘沙門天立像》中国 唐時代・8世紀 東寺蔵

国宝《兜跋毘沙門天立像》中国 唐時代・8世紀 東寺蔵

第4章 曼荼羅の世界

曼荼羅とは仏の世界を表したもので、インドで成立しました。

複雑な密教の世界観を視覚的に表すことから布教に適し、アジア各地に普及しました。
空海は長安で師恵果から両界曼荼羅を伝授されますが、「密教は奥深く、文章で表すことは困難である。かわりに図画をかりて悟らないものに開き示す」(『御請来目録』)と語るように、イメージの力を重視しました。

その到達点ともいえるのが、空海が密教の真髄を目に見えるかたちで表した東寺講堂の21体の仏像から構成される"立体曼荼羅"です。

この章では、その東寺の立体曼荼羅21体中、史上最多となる15体の仏像がご覧いただけます ↓。
さらに国宝の11体は、全方位360度から見られるように展示され、講堂とは違った圧巻の仏像曼荼羅を体感していただけます。

画像: 《仏像曼荼羅イメージ》東寺蔵

《仏像曼荼羅イメージ》東寺蔵

着甲し、武器である金剛杵を手にする仏法の守護神 ↓。
もとはバラモン教のインドラ神で、ブラフマー神である梵天とともに仏教に取り入れられ、対で表されることが多いそうで、須弥壇上では西方に配されます。

画像: 国宝《帝釈天騎象像》平安時代・承和6年(839) 東寺蔵

国宝《帝釈天騎象像》平安時代・承和6年(839) 東寺蔵

音声ガイド
ナビゲーターは俳優の佐々木蔵之介さん

京都出身で、東寺境内にある洛南高等学校をご卒業されるなど、東寺ともゆかりの深い俳優の佐々木蔵之介さんがナビゲーター。
お寺の歴史、空海の教え、仏教曼荼羅の見どころなどをたっぷり案内して下さいます。
是非ご利用下さい。

貸出料金)550円(税込・お一人様一台)

特別展「国宝 東寺ー空海と曼荼羅」
開催概要

会場)東京国立博物館【平成館】(上野公園)
〒110-8712 東京都台東区上野公園13−9

会期)開催中〜2019年6月2日(日)

開館時間)9:30 〜 17:00(入館は閉館の30分前まで)
※ ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)

休館日)月曜日、5月7日 (火)
※ ただし4月29日(月・祝) 、5月6日(月・休) は開館

主催)東京国立博物館、真言宗総本山教王護国寺(東寺)、読売新聞社 、NHK 、NHKプロモーション

特別協賛)大和証券グループ

協賛)NISSA

観覧料)(税込)
一 般 1,600円(1,300円)、大学生 1,200円(900円)高校生 900円(600円)

※ 中学生以下無料
※ ( )は団体料金で20名以上
※ 障がい者とその介護者1名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

展覧会公式サイト)https://toji2019.jp
お問合せ)03‒5777‒8600(ハローダイヤル)

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「国宝 東寺ー空海と曼荼羅」展プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効のこの招待券は非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2019年5月11日 24:00 日曜日

〈記載内容〉
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で面白いと思われるもの、通読されているものの筆者名か連載タイトルを5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で面白くないと思われるものの筆者名か連載タイトルを3つ以上ご記入下さい(複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想などのご要望もお寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.