クマのプーさんの原点が初来日

ハチミツに目のない食いしん坊でおっちょこちょい、でも心優しい、世界で一番有名な「クマ」の「プーさん」は、1926年にイギリスで生まれました。
誕生から90年以上経った今日でも世界中の多くの年齢層の人々を魅了し、愛されているキャラクターです。

原作は、イギリスの児童文学者であるアラン・アレクサンダー・ミルンが一人息子のクリストファー・ロビンの為に書いたお話に、同じくイギリスの挿絵画家・アーネスト・ハワード・シェパードが挿絵を描くという二人の共作によって生み出された、機知とユーモアに溢れる物語です。

「クマのプーさん」の作者のひとりであるE.H.シェパードは1973年に270点以上にもおよぶ原画や資料をイギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館( V&A )に寄贈。
同展は、この貴重なコレクションを中心にして企画された初めての「クマのプーさん展 」です。
シェパードの鉛筆素描画をはじめとする作品 200 点以上で構成されていて、 母国イギリス(ロンドン)とアメリカ(アトランタ、ボストン)を巡回し、2019年の今年、ついに日本にやってきました。

画像: 「グングン、くつをひっぱったので……」、『クマのプーさん』第8章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、 V&A所蔵 © The Shepard Trust

「グングン、くつをひっぱったので……」、『クマのプーさん』第8章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、
V&A所蔵 © The Shepard Trust

展示作品の原画は、作品保護のため、本年の展示後最低10年間はイギリスで保管され非公開となることが決まっています。

是非この貴重な機会をお見逃しなく、足をお運び下さい。

英国ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(略称V&A)は、1852年に設立され、5千年にわたる人類の創造活動を紹介する、芸術、デザインおよびパフォーマンスの分類で比類ないコレクションを有する世界屈指の博物館です。
シェパードが鉛筆で描いたプーさんの原画を世界規模で所蔵しています。

見どころ

「クマのプーさん」誕生秘話を貴重な資料でご紹介。

クマのプーさんのお話のモデルは、ミルンの一人息子であるクリストファー・ロビンのお気に入りの、手足が長くおなかを押すとうなり声をたてる大きなぬいぐるみのクマでした。子ども部屋にはほかにもプーの仲間たちがいて、遊んでいるクリストファーを見ながら、父親は彼らの冒険を記録していきました。

クリストファーの探検の舞台となったのは、ミルン一家が週末をすごす家に近いアッシュダウンの森でした。シェパードもここを訪れ、森やクリストファーのおもちゃをスケッチしました。
しかし、彼の絵は、自身の息子グレアムと、そのおもちゃのクマ、グラウラーからヒントを得ています。

クマのプーさんの絵のモデルのヒントとなった、シェパードの息子のグレアムが持っていたクマのグラウラーに似ているシュタイフ社のぬいぐるみ。↓
プーを思わせるずんぐりむっくりの体型が特徴です。
ドイツのぬいぐるみメーカーのシュタイフ社は、1902 年に、最初のテディベアを作ったことで知られています。

画像: テディ・ベア、マルガレーテ・シュタイフ社製造、1906-1910年頃、モヘアのぬいぐるみ、Z. N.ジーグラー氏より遺贈、V&A子ども博物館所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

テディ・ベア、マルガレーテ・シュタイフ社製造、1906-1910年頃、モヘアのぬいぐるみ、Z. N.ジーグラー氏より遺贈、V&A子ども博物館所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

貴重な資料の数々から、 プーさん誕生の秘密に迫ります。

プーさんの冒険の名場面をぬくもりあふれる鉛筆画やペン画で存分に楽しめます。

「クマのプーさん」の世界の原点は、ミルンとシェパードによって生み出された名作『クマのプーさん』(1926)と『プー横丁にたった家』(1928)。全20編の短編からなる2冊の児童文学です。
この物語の中でプーさんたちが暮らす「百町森(百エーカーの森)」は、ロンドン郊外に今もある「アッシュダウンの森 」がモデルとなっています。

この森を舞台に繰り広げられる冒険の数々の名場面を、シェパード直筆の原画でご紹介します。

百町森の地図、『クマのプーさん』見返し用のスケッチ、E.H.シェパード、鉛筆画、 1926年、
V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

「おふろにはいるクリスロファー・ロビン」、『クマのプーさん』第1章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、
V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

「プーを穴からひっぱり出す」、『クマのプーさん』第2章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、
V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

画像: 「おいでよ、トラー、やさしいよ」、『プー横丁にたった家』第4章、E.H.シェパード、鉛筆画、1928年、V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

「おいでよ、トラー、やさしいよ」、『プー横丁にたった家』第4章、E.H.シェパード、鉛筆画、1928年、V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

アートとしての「クマのプーさん」の魅力にもスポットを当てます。

1926年に出版されて以降、50以上の言語に翻訳され、全世界で5000万部以上のシリーズ本が出版されている「クマのプーさん」ですが、ミルンとシェパードの二人は、最終的に本として印刷されるにあたって言葉と絵がどのように配置されるかというページレイアウトにもこだわりました。そしてシリーズの初版本から独創的で遊び心に満ちた画面で読者を魅了しました。

展覧会では今まで気がつかなかったその魅力の奥深さをアートの視点からも紐解いていきます。

『クマのプーさん』初版本、1926年; メシュエン社によりロンドンにて出版; ジャロルド&サンズ社印刷、
V&A内ナショナル・アート図書館所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

クマのプーさん 東京展
開催概要

会場)Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂 2-24-1 Bunkamura B1F

会期)開催中〜 2019年4月14日(日)
開館時間)10時 〜 18時 毎週金・土曜日は21時まで、4月7日(日)は20時まで
※ 入館は各閉館の30分前まで

入館料(税込)
一般:1,500円(1,300円)、大学・高校生:900円(700円)、中学・小学生:600円(400円)、親子券:1,600円(1,400円)
※ ( ) は団体料金で親子券を除く20名様以上。電話でのご予約をお願いいたします。
申し込み先:Bunkamura Tel:03-3477-9111
※ 学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
※ 障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください。
※ 未就学児は入館無料。
※ MY Bunkamura で購入すると当日券が100円割引となります。

主催) Bunkamura、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、朝日新聞社、フジテレビジョン
協力)ウォルト・ディズニー・ジャパン、東京子ども図書館、日本航空、岩波書店

お問い合わせ) 03-5777-8600(ハローダイヤル)

https://wp2019.jp

【巡回展】
大阪展)2019年4月27日(土) 〜 2019年6月30日(日)〈あべのハルカス美術館〉

「枝には、ハチミツのつぼが10ならんでいて、そのまんなかに、プーが…」、『クマのプーさん』第9章、E.H.シェパード、ラインブロックプリント・手彩色、1970年 英国エグモント社所蔵 © E.H. Shepard colouring 1970 and 1973 © Ernest H. Shepard and Egmont UK Limited

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「クマのプーさん」東京展プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上10組20名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効のこの招待券は非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2019年4月6日 24:00 日曜日

〈記載内容〉
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明4)
建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で面白いと思われるもの、通読されているものの筆者名か連載タイトルを5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で面白くないと思われるものの筆者名か連載タイトルを3つ以上ご記入下さい(複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想などのご要望もお寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.