吉野石膏コレクションとは

日本における西洋美術のコレクションが本格的に始まったのは、今から百年ほど前の第一次世界大戦が終了した1910 年代の末でした。この時期に、松方幸次郎、大原孫三郎、福島繁太郎といった錚々たる人物たちが日本の西洋美術コレクションの中核となる作品を収集したのです。
その後も日本人の西洋美術に対する情熱は衰えず、数々の優れたコレクションが形成され、現在に至っています。

石膏建材メーカーとして知られる吉野石膏株式会社は、1970年代から本格的に絵画の収集を開始、2008年には吉野石膏美術振興財団を設立。コレクションのさらなる拡充と調査研究を推進してきました。
そうして形成された西洋近代美術のコレクションは、質量ともに日本における歴代のコレクションに勝るとも劣らぬ内容を誇っていて、現在、その多くは創業の地である山形県の山形美術館に寄託され、市民に親しまれています。

今回、名古屋市美術館では、吉野石膏コレクションが誇る西洋近代美術の傑作の数々をまとめて紹介する展覧会を開催します。
バルビゾン派から印象派を経て、その先のフォーヴィスムやキュビスム、さらにエコール・ド・パリまで、大きく揺れ動く近代美術の歴史を「第1章 印象派、誕生 〜革新へと向かう絵画〜」、「第2章 フォーヴから抽象 〜モダンアートの諸相〜」、「第3章 エコール・ド・パリ 〜前衛と伝統の間で〜」の全3章に分け、72点の作品によってご紹介します。

吉野石膏コレクションの傑作の数々を中部地方でがまとめてご紹介する展覧会は今回が初めてです。
どうぞこの機会にお見逃しのないよう足をお運びになり、知られざる珠玉の名品の世界を心ゆくまでご堪能下さい。

見どころ①
巨匠たちの名作の数々が一挙に楽しめる

ミレー、ドガ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ピカソなどの出品作はいずれ劣らぬ名作ばかりで、とりわけピサロ、モネ、シャガールの三人は、各作家の様式の変遷を把握できるほどに充実しています。

他にもクールベ、マネ、セザンヌ、マティス、カンディンスキー、ユトリロ、ローランサン、など、近代美術史に名を刻む巨匠たちの作品がずらりと展示され、どれも見応え十分となっています。

画像: フィンセント・ファン・ゴッホ《雪原で薪を運ぶ人々》 1884年 油彩/カンヴァス(板に貼付) 吉野石膏コレクション

フィンセント・ファン・ゴッホ《雪原で薪を運ぶ人々》
1884年 油彩/カンヴァス(板に貼付)
吉野石膏コレクション

見どころ②
近代西洋絵画の流れがよくわかる

バルビゾン派、レアリスムから、印象派、ポスト印象派を中心に、その先のフォーヴィスム、キュビスム、抽象絵画、さらにエコール・ド・パリまで、19世紀中頃から20世紀にいたる西洋近代絵画の流れを系統的に展示します。

画像: クロード・モネ《ヴェトゥイユ、サン=マルタン島からの眺め》 1880年 油彩/カンヴァス 吉野石膏コレクション

クロード・モネ《ヴェトゥイユ、サン=マルタン島からの眺め》
1880年 油彩/カンヴァス
吉野石膏コレクション

見どころ③
ルノワール、ドガ、カサットらの貴重なパステル画を紹介

《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》はルノワールによるパステル画。
やさしい色彩とパステルならではの軽やかさが印象的です。

画像: ピエール=オーギュスト・ルノワール《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》 1887年 パステル/紙 吉野石膏コレクション

ピエール=オーギュスト・ルノワール《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》
1887年 パステル/紙
吉野石膏コレクション

ドガ、カサットにもパステルによる人物画があり、油彩とはひとあじ違ったパステル画の魅力にもご注目ください。

画像: エドガー・ドガ《踊り子たち(ピンクと緑)》 1894年 パステル/紙 吉野石膏コレクション

エドガー・ドガ《踊り子たち(ピンクと緑)》
1894年 パステル/紙
吉野石膏コレクション

関連行事

記念講演会
「吉野石膏コレクションの見どころ、教えます」

日時)4月14日(日)14:00〜15:30
講師)佐藤菜々子(公益財団法人吉野石膏美術振興財団学芸員)
会場)名古屋市美術館2階講堂
入場無料
※ 聴講には同展チケット(観覧済み半券可)が必要です。
※ 定員180名(先着順。13:30に開場し、定員に達し次第締切)

作品解説会

日時)4月27日(土)、5月18日(土)14:00〜15:30
講師)森本陽香(名古屋市美術館学芸員)
会場)名古屋市美術館2階講堂
入場無料
※ 聴講には同展チケット(観覧済み半券可)が必要です。
※ いずれも定員180名(先着順。13:30に開場し、定員に達し次第締切)

【宗次ホール提携企画】名曲×名画印象派コンサート

日時)5月9日(木)13:30〜15:00 [開場13:00]
会場)宗次ホール(名古屋市中区栄4-5-14)
演奏)唐沢安岐菜(チェロ)、原田綾子(ピアノ)
お話)森本陽香(名古屋市美術館学芸員)
料金)一般自由席 2,000円
お問い合せ)宗次ホール 052-265-1718

※ 関連催事の予定は予告なく変更・中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

印象派からその先へー世界に誇る吉野石膏コレクション
開催概要

会場)名古屋市美術館
〒460-0008 名古屋市中区栄 2-17-25 〔芸術と科学の杜・白川公園内〕

会期)2019 年 4 月 9 日(火) 〜 5 月 26 日(日)

休館日)毎週月曜日(但し4 月 29 日、5 月 6 日は開館)、5 月7日(火)

開館時間)午前 9 時 30 分〜午後 5 時、金曜日(5 月 3 日は除く)は午後 8 時まで
※ いずれも入場は閉館の 30 分前まで

観覧料)一般:1,300 円(1,100 円)、高大生:900 円(700 円)、中学生以下:無料
※()内は 20 人以上の団体及び前売料金

主催)名古屋市美術館、中日新聞社、日本経済新聞社、テレビ愛知、共同通信社
後援)愛知県・岐阜県各教育委員会、名古屋市立小中学校 PTA 協議会
特別協力)吉野石膏株式会社、公益財団法人吉野石膏美術振興財団
協力)公益財団法人山形美術館、名古屋市交通局
協賛)あいおいニッセイ同和損保

お問い合わせ)TEL:052-212-0001

展覧会特設サイト)https://tv-aichi.co.jp/ygc/

【巡回先(予定)】
①兵庫県立美術館:2019 年 6 月 1日(土) 〜 7 月 21 日(日)
②三菱一号館美術館:2019 年 10 月 30 日(水) 〜 2020 年 1 月 20 日(月)

※ 同展の一部の作品は、2019 年 8 月 6 日(火)から10 月 16 日(水)まで、吉野石膏コレクションが寄託されている山形美術館の常設展にて展示されます。

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「吉野石膏コレクション」展プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効のこの招待券は非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2019年4月6日 24:00 日曜日

〈記載内容〉
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で面白いと思われるもの、通読されているものの筆者名か連載タイトルを5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で面白くないと思われるものの筆者名か連載タイトルを3つ以上ご記入下さい(複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想などのご要望もお寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.