Top画像:トーベ・ヤンソン《スウェーデンの日刊紙「スヴェンスカ・ダーグブラデット」広告》1957年、印刷  ムーミンキャラクターズ社 ©Moomin Characters ™

誰もが知っていて誰も知らないムーミン原画展

日本中の子どもから大人まで誰もが知っていて愛されている人気キャラクター「ムーミン」シリーズは、フィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤンソン(1914−2001年)によって生み出されました。

そのデビューは1945年にスウェーデン語の児童小説によってスタートしますが(ムーミンの原型となるキャラクターは小説執筆以前にもたびたび描かれていたそうです)、その後、小説のみならず絵本、新聞連載コミック、アニメ、グッズなど様々な形でその世界観を広げ、現在でも世界中の多くの人々に親しまれています。

トーベ・ヤンソンは1914年8月9日、フィンランド・ヘルシンキで彫刻家でスウェーデン系フィンランド人の父ヴィクトル・ヤンソンと、挿絵画家でスウェーデン人の母シグネ・ハンマルステン=ヤンソンの元に生まれ、幼い頃より芸術に囲まれた生活をしていました。
15歳で風刺挿絵画家としてデビュー、1945年から70年にかけてムーミンの児童小説シリーズ9作を発表、ムーミン漫画や絵本も発表します。
大人向けの小説や油彩画、フレスコ画、広告、舞台のためのスケッチなども手がけるなど、芸術家として多彩に活躍しました。

画像: トーベ・ヤンソン《イースターカード  原画》1950年代 グワッシュ、インク・紙 ムーミンキャラクターズ社 ©Moomin Characters ™

トーベ・ヤンソン《イースターカード 原画》1950年代 グワッシュ、インク・紙 ムーミンキャラクターズ社
©Moomin Characters ™

日本でのムーミンは、1964年に小説の翻訳により初のお目見えを果たしますが、それから半世紀以上たった今では、小説、アニメ、絵本、映画、カフェ、グッズ、はもちろんの事、昨年度はセンター入試の設問に取り入れられたり、この春には埼玉県に『ムーミンバレーパーク』がオープンしたりと未だに話題に事欠ず、その人気は不動のものとなっています。

今回、森アーツセンターギャラリーでは「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」と題して、これまで誰も見たことがない原画を多数展示した大規模なムーミン展を開催します。
そしてその多彩なアートと奥深い物語の魅力を約500点もの展示品でご紹介します。

あなたはどのキャラクターに会いたいですか?

トーベ・ヤンソン《スナフキン スケッチ》制作年不詳 インク・紙 ムーミンキャラクターズ社
©Moomin Characters ™

見どころ①
世界でただ一つのムーミン美術館より来日

フィンランド・タンペレ市にある「ムーミン美術館」は、2017年に装いを新たにリニューアルオープンしました。
世界で唯一のムーミンの美術館では約2000点ものムーミン作品を所蔵しています。

トーベ・ヤンソン《「ムーミン谷の彗星」挿絵》1946年、1968年(改作) インク・紙 ムーミン美術館
©Moomin Characters ™

同展ではムーミン美術館から、ムーミンの小説の原画やスケッチのほか、トーベがムーミン小説を手がける前に描いていたスウェーデン語系の政治風刺雑誌「GARM」の挿絵など、よりすぐりの作品の数々が展示されます。

「ムーミン美術館」とは、2017年6月17日、世界で一つのムーミン美術館としてタンペレホールにオープンしました。ここではムーミン本や挿絵でお馴染みの人生の知恵、ユーモア、元気いっぱいの冒険心、人の温もりや友情など、世界中のムーミンファンたちに語られている世界を体感して頂けます。(ムーミン公式サイトより引用)

見どころ②
ムーミンの小説、絵本からさまざまなシーンを原画で紹介

ムーミンの小説は「小さなトロールと大きな洪水」「ムーミン谷の彗星」「たのしいムーミン一家」「ムーミンパパの思い出」「ムーミン谷の夏まつり」「ムーミン谷の冬」「ムーミン谷の仲間たち」「ムーミンパパ海へいく」「ムーミン谷の十一月」と9作品が出版されています。

同展では、9つ全ての小説と、絵本「ムーミン谷へのふしぎな旅」の原画やスケッチを紹介します。

トーベ・ヤンソン《「ムーミン谷の夏まつり」挿絵》1954年 インク・紙 ムーミン美術館
©Moomin Characters ™

見どころ③
ムーミンキャラクターズ社所蔵の貴重なコレクションも展示

“まぼろしのムーミン人形”ともいわれるアトリエ・ファウニのムーミンフィギュアやイースターカード、アドベントカレンダーの原画、銀行や新聞の広告などのほか、トーベ・ヤンソンが最後まで手元に残しておいた作品を含むムーミンキャラクターズ社保有の貴重なコレクションも展示されます。
これまで小説や絵本では見たことがないムーミンとその仲間たちの多彩な表情にも出会うことができます。
どうぞお楽しみに!

画像: トーベ・ヤンソン《「フォーレニングス銀行」広告》1956年 印刷 ムーミンキャラクターズ社 ©Moomin Characters ™

トーベ・ヤンソン《「フォーレニングス銀行」広告》1956年 印刷 ムーミンキャラクターズ社
©Moomin Characters ™

見どころ④
日本とフィンランドの記念コーナーも

2019年はフィンランドと日本の外交関係樹立100周年の年です。
生前来日も果たしたトーベが愛した日本を、写真資料やスケッチで紹介するほか、浮世絵とムーミンの原画を並べて展示します。(どんな組み合わせになるのかは会場でのお楽しみです!)

トーベ・ヤンソン《「ムーミンパパ海へいく」挿絵》1965年、インク・紙 ムーミン美術館
©Moomin Characters ™

音声ガイドのナビゲーターは人気声優の櫻井孝宏さん

今回のムーミン展の音声ガイドのナビゲーターは、『コードギアス 反逆のルルーシュ』の枢木スザク役や『おそ松さん』の松野おそ松役、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の岸辺露伴役などでお馴染みの人気声優の櫻井孝宏さん。

櫻井さんは3月16日(土)にオープンした「ムーミンバレーパーク」のライブエンターテインメントショー「エンマの劇場」でスナフキン役も担当されています。

櫻井さんとご一緒に、奥深いムーミンの世界をどうぞお楽しみ下さい。

ご利用料金)550円(税込・お一人様一台)

ムーミン展 THE ART THE STORY
開催概要

会場)森アーツセンターギャラリー
〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階

会期)2019年4月9日(火)〜6月16日(日)
会期中無休

開館時間)10:00〜20:00(火曜は17:00まで)
※ 入館は閉館の30分前まで

チケット)
一般:1,800円(1,600円) 
中学生・高校生:1,400円(1,200円) 
4歳〜小学生:800円(600円)
※ 3歳以下は入館無料。
※ ()は前売り券と団体料金。団体料金は15名以上で適用。
※ グッズ付き前売り券については公式サイトをご覧下さい。
※ 障がい者手帳をお持ちの方と介助者(1名まで)は当日観覧料金の半額。

お問い合わせ)03-5777-8600(ハローダイヤル/8:00〜22:00)

公式サイト)https://moomin-art.jp

主催)朝日新聞者、森アーツセンター
後援)フィンランド大使館
協賛)NISSHA
協力)ライツ・アンド・ブランズ、S2、フィンエアー、フィンエアーカーゴ

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「ムーミン展」プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効のこの招待券は非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2019年4月27日 24:00 日曜日

〈記載内容〉
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で面白いと思われるもの、通読されているものの筆者名か連載タイトルを5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で面白くないと思われるものの筆者名か連載タイトルを3つ以上ご記入下さい(複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想などのご要望もお寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.