芸人・松元ヒロさんが舞台で演じ続けている日本国憲法を擬人化した一人語り「憲法くん」を基に、”憲法についてあらためて考えるきっかけとなる”ドキュメンタリー映画『誰がために憲法はある』が完成いたしました。

監督は、ドキュメンタリー映画『大地を受け継ぐ』(15)を手掛け、『止められるか、俺たちを』(18)では脚本を担当した井上淳一。本作は現行憲法最後となるかもしれない憲法記念日に向けて4月27日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次公開が決定致しました。

公開決定にあわせて、力強い本作のタイトルが大胆にデザインされたビジュアルが完成致しました。改憲が現実のものとなってきた今、憲法について改めて考えてほしいという製作者の思いがストレートに伝わるメッセージが印象的である。

画像1: (C)「誰がために憲法はある」製作運動体

(C)「誰がために憲法はある」製作運動体

井上ひさし、永六輔、立川談志も絶賛した日本国憲法を擬人化した一人語り「憲法くん」を名優・渡辺美佐子が魂を込めて演じる!

「憲法くん」とは、井上ひさし、永六輔、立川談志も絶賛したお笑い芸人・松元ヒロが20年以上、日本国憲法の大切さを伝えるためユーモラスに演じ続けている一人語りである。
「憲法くん」はこう言う。
「わたしというのは、戦争が終わった後、こんなに恐ろしくて悲しいことは、二度とあってはならない、という思いから生まれた、理想だったのではありませんか」
そして、「わたしの初心、わたしの魂は、憲法の前文に書かれています」と憲法前文を一気に暗唱する。

憲法に対する深い愛と洞察が込められたこの「憲法くん」を語るのは、「戦争を知る世代として、再び戦争の悲劇がこの国に起こらないように、この役を魂を込めて演じました」という、今年87歳になる名優・渡辺美佐子
文字で読む憲法と違い、本作で朗読される日本国憲法前文は、心の奥深くに突き刺さる。

■「憲法くん」作・松元ヒロ(まつもとひろ)
1952年鹿児島生まれ。法政大学法学部政治学科を卒業後、パントマイマーとなり全国を巡る。コミックバンド「笑パーティー」のメンバーとしてコントの世界に進出。1985年「お笑いスター誕生」で優勝。1988年、コント集団「ザ・ニュースペーパー」の結成に参加し、村山富市元首相を演じ注目を集める。その後、1988年に独立。政治風刺やパントマイムのソロライブで、全国を飛びまわっている。著書に佐高信氏と共著『安部政権を笑い倒す』(角川新書)『憲法くん』(絵・武田美穂/講談社)がある。

初恋を胸に語り継いだ8月6日。
原爆朗読劇の全国巡演を続けてきた女優陣たちが語る戦後、
そして未来へ託す思いとは――

渡辺は初恋の人を疎開先の広島の原爆で亡くしたことを戦後35年目の1980年になって知った。彼の死を知った渡辺は中心メンバーとなり、現在まで33年間、鎮魂の想いを込めてベテラン女優たちと原爆朗読劇をやり続け全国各地を回っている。しかし、その朗読劇は今年で幕を閉じる。
本作では渡辺をはじめ、女優たちがこの活動を通じて抱くそれぞれの思いを映し出す。

画像2: (C)「誰がために憲法はある」製作運動体

(C)「誰がために憲法はある」製作運動体

画像3: (C)「誰がために憲法はある」製作運動体

(C)「誰がために憲法はある」製作運動体

画像4: (C)「誰がために憲法はある」製作運動体

(C)「誰がために憲法はある」製作運動体

監督は『大地を受け継ぐ』(15)で原発事故により汚染された土地で農作物を作り続ける農家と、そこを訪れる学生たちの姿を真摯に見つめたドキュメンタリーを手掛けた井上淳一。
同作でもタッグを組んだ弁護士の馬奈木厳太郎とともに、「憲法とは何か?なぜできたのか?」という原点を見つめ直すことができる作品を完成させた。子どもから大人まですべての人が日本国憲法について考えるきっかけを与えてくれる必見のドキュメンタリー!

■監督コメント

「映画を武器に世界と闘う」とは、我が師・若松孝二の言葉だが、憲法改正がいよいよ現実のものとなってきそうないま、表現にかかわる者の端くれとして、何もしなくていいのか。そういうやむにやまれぬ思いから、この映画を作った。戦争の記憶が薄れ、憲法にこめられた理想が忘れ去られつつあるいまこそ、ひとりでも多くの人にこの映画が届くことを願うのみである。

■監督・井上 淳一(いのうえ じゅんいち)
1965年愛知県生まれ。早稲田大学卒。85年、大学入学と同時に、若松孝二監督に師事し、若松プロ作品に助監督として参加。90年、『パンツの穴・ムケそでムケないイチゴたち』で監督デビューするも、己の監督としての才能のなさに絶望し、荒井晴彦氏に師事。脚本家となり、『くノ一忍法帖・柳生外伝』(98)『アジアの純真』(11)『あいときぼうのまち』(14)などの脚本を書く。2013年、『戦争と一人の女』で監督再デビュー。慶州国際映画祭、トリノ国際映画祭ほか、数々の海外映画祭に招待される。16年には、福島で苦悩しながら農業を続ける男性を追った『大地を受け継ぐ』でドキュメンタリーを監督した。脚本家としての最新作は、、1970年前後の若松プロの青春グラフィティー『止められるか、俺たちを』(2018/白石和彌監督)。

画像5: (C)「誰がために憲法はある」製作運動体

(C)「誰がために憲法はある」製作運動体

■出演・渡辺 美佐子(わたなべ みさこ)
1932年東京都生まれ。53年、俳優座養成所時代に『ひめゆりの塔』(今井正監督)で映画デビュー。58年、『果てしなき欲望』(今村昌平監督)でブルーリボン賞助演女優賞受賞。82年、井上ひさし作の一人芝居『化粧』に出演。以来、2015年までに上演回数は通算648回を数える。主な出演作品『陽のあたる坂道』『真田風雲録』『TATOO〈刺青〉あり』『アカシアの道』『続・深夜食堂』など。テレビ『赤い疑惑』『ムー一族』『おしん』『渡る世間は鬼ばかり』など。舞台『マリアの首』『リア』『リチャード三世』『夏の雲は忘れない~一九四五・ヒロシマナガサキ』など多数。

渡辺美佐子

高田敏江 寺田路恵 大原ますみ 岩本多代 日色ともゑ 長内美那子 柳川慶子 山口果林 大橋芳枝

監督:井上淳一
「憲法くん」作:松元ヒロ

音楽:PANTA
製作:馬奈木厳太郎
プロデューサー:片嶋一貴

撮影:蔦井孝洋 土屋武史 髙間賢治 向山英司
照明:石田健司/録音:臼井勝 光地拓郎/ヘアメイク:清水美穂
編集:蛭田智子/助監督:末永賢 植田浩行
制作:長谷川和彦 宮城広/メイキング:小関裕次郎 

宣伝プロデューサー:岩本玲
協力:「夏の会」
製作プロダクション:ドッグシュガー
【2019年|日本|71分|DCP|カラー|ドキュメンタリー】
(C)「誰がために憲法はある」製作運動体

配給/宣伝 太秦株式会社 
配給:小林三四郎
宣伝:岩本玲・今村花

2019年4月27日 ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

This article is a sponsored article by
''.