ロシアの国立トレチャコフ美術館とは

ロシアの美術館というと「エルミタージュ美術館」を思い浮かべる人が多いと思いますが、ロシア美術の殿堂というと国立トレチャコフ美術館が挙げられ、12世紀の貴重なイコンに始まる約20万点の所蔵作品を誇っています。

この膨大なコレクションは、創設者パーヴェル・トレチャコフ(1832-1898)によって基礎が築かれました。
とりわけ生涯をかけて取り組んだのが「ロシアの芸術家によるロシア美術のための美術館」、それもあらゆる人に開かれた公共美術館の設立だったのです。

鋭い審美眼の持ち主であったトレチャコフは、当時のアカデミーの潮流のみに囚われず確固とした信念に基づき40年にわたってコレクションを充実させていき、1880年代から自宅の庭に建てたギャラリーでコレクションの一般公開を始め、1892年には亡くなった弟が収集していたヨーロッパ絵画と併せてコレクションをモスクワ市に寄贈しました。

彼の死後、住居も展示室へと改装されて、20世紀初頭には現在のような姿になりました。
ロシア革命後、国に移管されたトレチャコフ美術館は、その後も美術品の収集を続け、質、量ともに第一級のロシア美術コレクションを世界に誇っています。

ロシア美術のロマンティックが止まらない

同展は国立トレチャコフ美術館が所蔵する豊富なコレクションより、19世紀後半から20世紀初頭の激動のロシアを代表する作家、クラムスコイ、シーシキン、レヴィタン、レーピンらの作品72点を、自然や人物像に内在するロシア的なロマンに思いを馳せてご紹介します。

この時代のロシアの文化は、チャイコフスキー、ムソルグスキーといった作曲家や、トルストイ、ドストエフスキーに代表される文豪は日本でよく知られていますが、美術の分野でも多くの才能を輩出しました。

画像: ワシーリー・バクシェーエフ 《樹氷》1900年 油彩・キャンヴァス © The State Tretyakov Gallery

ワシーリー・バクシェーエフ 《樹氷》1900年 油彩・キャンヴァス
© The State Tretyakov Gallery

白樺や樫の木の深い森、雪に覆われた大平原、そして街には独特の丸屋根の聖堂、透き通るような白い肌の女性たち―。こうしたロシアの日常的な情景に画家たちは大いなるロマンを見出し、絵に描きとめるようになっていきました。それは19世紀後半、ロシア帝国崩壊の足音が聞こえはじめ、やがてロシア革命が起こる激動の時代でした。
芽生えはじめた郷土愛と美しい自然とともに、当時のロシアの複雑な社会、そしてこの時代を生き抜いた人々もまた絵画の題材となりました。

ロシア文学の世界のビジュアル化とも言える一枚の絵に込められた奥深い物語を堪能しロマンティックな気分に浸りに、是非足をお運び下さい。

果てしない広大な大地

ロマンティックなロシアと言うときの背景のひとつとなるのが広大な大地です。日本のような狭い島国の住人にとって、ロシアの圧倒的な広さは体験したことのない未知の世界でもあります。

イワン・シーシキン 《正午、モスクワ郊外》 1869年 油彩・キャンヴァス
© The State Tretyakov Gallery

吸い込まれるような深い森

日本の国土よりも広くどこまでも深い森もまた、私たちの知らない心惹かれる世界です。

画像: イワン・シーシキン 《雨の樫林》1891年 油彩・キャンヴァス © The State Tretyakov Gallery

イワン・シーシキン 《雨の樫林》1891年 油彩・キャンヴァス
© The State Tretyakov Gallery

都会の中に見つけたロマン

自然だけでなく、ロシアの都会での暮らしに見られるさまざまな物語を紹介します。

伝統的な建築で彩られた都市風景は、日本人にとって馴染みのない遠い異国の情景としてのエキゾチックな魅力に溢れています。

ニコライ・グリツェンコ 《イワン大帝の鐘楼からのモスクワの眺望》 1896年 油彩・キャンヴァス
© The State Tretyakov Gallery

郊外での暮らしというロマン

ロシアにはダーチャと呼ばれる菜園付きのセカンドハウスがあります。
都会から1時間程度で行くことができる場所にあり、必ずしも豪華な邸宅である必要はなく、多くの市民は週末に利用し、老後を自然の中で過ごすための場としても使われます。そこでの暮らしはロシア人にはくつろぎのひと時で、彼らなりのロマンティックな時間の過ごし方であり、肩の荷を下ろして愛する人や家族と静かに過ごすことのできる幸福のひと時なのです。

男性たちが釘付けになる女性像

イワン・クラムスコイの人気の名作《忘れえぬ女(ひと)》の約10年ぶりの来日です。

モデルは、トルストイの小説『アンナ・カレーニナ』とも言われ、地位や階級を超えた文学的ロマンティシズムを画家が視覚的にとらえた傑作です。

ロシアの風景を描いた作品とは別に、私たちをロマンティックな世界に誘う女性像の一枚です。

画像: イワン・クラムスコイ 《忘れえぬ女(ひと)》 1883年 油彩・キャンヴァス © The State Tretyakov Gallery

イワン・クラムスコイ 《忘れえぬ女(ひと)》 1883年 油彩・キャンヴァス
© The State Tretyakov Gallery

初来日作品‼️
神秘的で見る者の心を高揚させる《月明かりの夜》

《忘れえぬ女(ひと)》と同じ画家による大画面に描かれた《月明かりの夜》は、夜の古い庭園で物思いにふける白いドレスの麗人を叙情的に描いたもので、この画家の世界をさらに深く堪能できる魅力溢れる作品となっています。
この作品は夜想曲のように、見る者の心を高揚させ、思い出を甦らせ、夢想へと誘います。

画像: イワン・クラムスコイ 《月明かりの夜》1880年 油彩・キャンヴァス © The State Tretyakov Gallery

イワン・クラムスコイ 《月明かりの夜》1880年 油彩・キャンヴァス
© The State Tretyakov Gallery

子どもたち

子どもの世界に心の安らぎを覚え、特別な思いを寄せる人も多いのではないでしょうか。
同展にはそんな子どもたちの様子を身近な生活の中に描き出した秀作が充実しています。

画像: ワシーリー・コマロフ 《ワーリャ・ホダセーヴィチの肖像》1900年 油彩・キャンヴァス © The State Tretyakov Gallery

ワシーリー・コマロフ 《ワーリャ・ホダセーヴィチの肖像》1900年 油彩・キャンヴァス
© The State Tretyakov Gallery

「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
開催概要

【会 場】Bunkamura ザ・ミュージアム
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂 2-24-1 Bunkamura B1F

【会 期】 2018 年 11 月 23 日(金・祝)〜2019 年 1 月 27 日(日)

【休館日】2019年1月1日(火・祝)

【開館時間】 10:00〜18:00 、金・土曜日は 10:00〜21:00(入館は各閉館の 30 分前まで)

【入 館 料】 (消費税込)
一般   1,500 円 (1,300 円)
大学・高校生 1,000 円 (800 円)
中学・小学生 700 円 (500 円)
◎( )は団体で20 名様以上。電話でのご予約をお願いします。
(申込み先:ザ・ミュージアム tel.03-3477-9413)
◎学生券をお求めの際は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
◎障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください。

【主 催】Bunkamura 、日本経済新聞社、電通
【後 援】 ロシア連邦大使館、ロシア交流庁(Rossotrudnichestvo)
【特別協力】 ロシア・イン・ジャパン実行委員会
【企画協力】 アートインプレッション

【一般お問合せ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
【ホームページ】 http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_russia/

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「ロマンティック・ロシア展」プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効のこの招待券は、非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2018年12月29日 24:00 日曜日

記載内容
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
  建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、
  当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
  5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい
 (複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.