誕生30周年の集大成!
<JOJO>の魅力全開で大阪にやってきた!

漫画家・荒木飛呂彦氏の代表作である『ジョジョの奇妙な冒険』は「週刊少年ジャンプ」1987年1・2合併号から連載がスタートし、2017年に誕生30周年を迎えました。

この『ジョジョの奇妙な冒険』の30周年の集大成として開催する展覧会「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」が、東京に続き大阪にやって参りました。

荒木氏の圧倒的かつ精緻な筆致によってジョースター家の血縁と因縁を描いた本作品は、力強く生きる主人公たちを中心とした数々の魅力的なキャラクター、印象的なポージングや斬新な擬音など、他では見られない革新的なアイデアによって多くの人の心を鷲掴みにし、30年を超える今もなお新たなストーリーを連載中で、幅広いファンに愛され続けています。

同作品は、荒木氏曰く「『大河ドラマ』をイメージした」壮大な物語で、第1部から現在の第8部『ジョジョリオン』(「ウルトラジャンプ」にて連載中)まで、部ごとに主人公が代替わりしていくという独特の手法と世界観で、多くのファンを魅了しています。

シリーズ累計発行部数は1億部以上、現在までにOVA化、ゲーム化は勿論の事、2012年10月に第1部がスタートしたTVアニメも、現在では第5部が放映中、と、その人気は衰えることを知りません。
また、2017年8月には第4部を実写化した映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が公開され、新たなファン層も増やしています。

東京会場では全日日時指定の入場券のみの販売でしたが、大阪会場では土日祝日と年末年始のみが日時指定券という、関西人向けバージョン(?)の嬉しい仕様になっています。

東京会場とは一部展示内容が変わっているので、東京会場を観た人も新たに楽しめる内容になっています。
グッズも、実物を目で見て手に取って選べますし、図録も東京会場版のみならず大阪会場版も同時に購入できるというお得感いっぱい!(売り切れの節はご容赦下さい。)

展示はchapterごとに8つに分かれています。
直筆原稿やカラー原画、展覧会のための新作描き下ろし大型原画など、どれも最高のクオリティです!
コラボ企画の展示もあります。
ファンには嬉しい、荒木飛呂彦氏ご本人の映像も楽しめます。

30年が経っても進化し加速し続ける史上空前の『ジョジョの奇妙な冒険』の展覧会に是非足を運び、どっぷりと荒木飛呂彦ワールドに浸って下さい!

画像1: ©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

『ジョジョの奇妙な冒険』とは

始まりの物語の舞台は19世紀末のイギリス、主人公はイギリス貴族のジョージ・ジョースター卿の息子、ジョナサン・ジョースター(通称ジョジョ)。

主人公のジョジョと、義兄弟となった野心家で有能なディオ・ブランドーとの抗争と確執を乗り越える成長物語、と思いきや、話は急展開、謎の『石仮面』により不死身の吸血鬼と化したディオを倒すべく、ジョナサンは修行による特別な呼吸法によって『波紋』と呼ばれる太陽エネルギーを駆使しディオと死闘をくりひろげる、という少年マンガあるあるの熱いバトル展開へと進んでいきます。

苦闘の末ようやく宿敵ディオを破り、初恋の相手エリナと結婚、新婚旅行というハッピーエンドで完結!めでたしめでたし、と思った途端、またまた予想の斜め上の大どんでん返しの衝撃的なラストシーンで第1部は幕を閉じますが、物語は終わることなく、主人公はジョナサンの血族にバトンリレーされてゆき、現在の第8部まで続いています。

主人公は全てジョースター家に連なり、『ジョジョ』という愛称を持つ、という共通点がありますが、それ以外は時代も物語の舞台となる国もその都度変わっていきます。

しかしどの物語も斬新で予想のつかないストーリー展開で、ジョースター家の血縁と因縁を楽しみながら読み進めていけます。
そして物語の根底には荒木氏がジョジョ作品に掲げる「人間賛歌」のテーマが流れています。

『ジョジョの奇妙な冒険』を未読の方は、是非この機会に一度原作の重厚な物語に触れてみて下さい。
病みつきになる事間違いなしです!

chapter1
ジョジョクロニクル

誕生30年の歩みが詰まった「ジョジョクロニクル」。
主人公や舞台を変えながら、脈々と受け継がれるジョジョ達の数奇にして壮大な“運命の物語”を振り返ります。

第1部から第8部までの主人公たちの肩の後ろに共通してある星形のあざが一本の線で繋がっているのが、まさに血族を示すシンボル!というファンには嬉しい演出。↓

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

chapter2
宿命の星 因縁の血

宿命と因縁を背負いながら生きる主人公とライバル。
それぞれの覚悟が衝突し、物語はさらに加速してゆきます。
豊富なカラー原画とともに、強い信念を感じさせる言葉やシーンを対比させ、“光と闇”が創る世界を浮かび上がらせます。

最初の『ジョジョ』、「ジョナサン・ジョースター」↓
イギリス貴族のジョナサンから全ての物語が始まります。
彼の崇高な魂と真っ直ぐな正義感は、後に続く主人公たちに脈々と受け継がれていきます。

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

荒木先生お気に入りの、空条承太郎のカラー原稿。↓
グラフィックアートを意識して描かれたお洒落な背景がポイントです。

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

第1部から第8部までの主人公と宿敵が向かい合った壁に対称的に展示されています。

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

真ん中の垂れ幕の名セリフ↓にファン感涙間違いなし!一つずつ読んでみて!

画像4: ©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 photo©︎cinefil

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

chapter3
ハイ・ヴォルテージ

主人公とそのライバルたちの“最高潮のバトルシーン”を一挙展示。
己の「信念」を激しくぶつけ合う圧倒的な戦闘シーンが、生の迫力で目の前に甦ります。

左は東京会場のメインビジュアル・空条承太郎。右は大阪会場のメインビジュアル・DIO。↓
ライバル同士の二人の対比が、富士山の三角と月の丸、背景色の青と赤、人物の動と静、と、荒木氏渾身の2枚で1対の作品になっていて、ただただ眼福です。
(欲しい人は売店で複製原画をどうぞ!このデザインのポストカードやファイルならお手頃価格で購入できます。)

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

chapter4
スタンド使いはひかれ合う

“スタンド”。それは、個々の生命エネルギーがつくりだす像(超能力が視覚化されたもの)。
「奇妙な冒険」をさらに引き立たせる、個性豊かなスタンドとキャラクターがこの地に集結します。

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

重ちーのハーヴェストがこぼれている。。。↓

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

《JOJOx彫刻》 Morph(モルフ)

美術家・彫刻家の小谷元彦氏によるコラボ作品が展示されています。
彫刻で生み出す新たな『ジョジョ』の表現をお楽しみ下さい。

画像1: ©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 ©︎Motohiko Odani, Courtesy of YAMAMOTO GENDAI

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
©︎Motohiko Odani, Courtesy of YAMAMOTO GENDAI

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
©︎Motohiko Odani, Courtesy of YAMAMOTO GENDAI

chapter5
映像展示 AURA〈アウラ〉

“スタンド”はどこから来たのか。ビジュアルデザイン集団WOWが、アーティスティックに描くスタンド誕生の瞬間と、大型映像で展開される新たなスタンド表現にご注目ください。

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
映像制作/WOW

画像2: ©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 映像制作/WOW

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
映像制作/WOW

画像3: ©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 映像制作/WOW

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
映像制作/WOW

chapter6
ジョジョリロン

『ジョジョ』の斬新な発想や手法、印象的なポージングはいかにして生み出されるのか?
荒木飛呂彦氏の“創作の秘密”に迫ります。

『ジョジョ』の裏話がどっさり!このchapterを通過後はあなたも立派な『ジョジョ』通に⁉︎

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

画像7: ©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

chapter7
JOJO's Design

『ジョジョ』を彩る、魅力あふれるカラー原画が並びます。
印象的なポージング、ファッション、色使い、構図など“ジョジョのデザイン”が生み出すアーティスティックな世界観に注目。

このコーナーはカラー原画も素晴らしいけれど、背景絵も見応えのある部屋になっています。
じっくりお楽しみ下さい。

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

背景の空条徐倫は空条承太郎の娘で『ジョジョ』シリーズ初の女性主人公です。↓

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

背景は『ジョジョ』の中のキャラクターの一人の漫画家でスタンド使いの岸辺露伴。↓
「岸辺露伴は動かない」シリーズで独自の主役を務めました。
その後、「岸辺露伴ルーヴルへ行く」では日本人漫画家初のルーヴル美術館で展示された漫画原稿の主役に、「岸辺露伴 グッチへ行く」ではグッチとコラボした読み切り短編での主役に、など、次々と独立した物語で主役を務めています。
荒木氏曰く、スピンオフの物語として一番自由に動かしやすいキャラクターなのだそうです。

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

《JOJOxファッション》WEAR THE POSING,WEAR THESTAND

ANREALAGEデザイナー森永邦彦氏によるコラボ作品。
『ジョジョ』とファッションの次なる可能性を追求しています。

それぞれのキャラクター特有のポーズのマネキンに紫外線を当てると、キャラクターが浮かび上がってきます。↓

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
©︎ANREALAGE

画像: ©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 ©︎ANREALAGE photo©︎cinefil

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
©︎ANREALAGE
photo©︎cinefil

この立ち姿 ↓ だけで誰かわかるあなたはかなりの”通”ですね!

画像2: ©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 ©︎ANREALAGE

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
©︎ANREALAGE

chapter8
新作大型原画「裏切り者は常にいる」

荒木飛呂彦氏が本展覧会のために描き下ろした完全新作の大型原画(200cmx120cm)、全12枚。
本展でしか見ることのできない大迫力の新たなる“奇妙な冒険”をお見逃しなく。

今回のキャラクターたちは、シルエットとバランスで選んだそうです。
こんなに大きいのに色遣いも美しく、見応えたっぷりです!
そして立ち絵はほぼ実物大で描かれたそうです。
承太郎の身長195cmって、こんなに大きいんだ〜!と感動しますよ!

全12枚の大型原画。↓
写真より実物の方が何百倍も美しいです。そしてその迫力は圧巻です!

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

この原画群の真向かいでは、荒木飛呂彦氏ご本人がこれらの大型カラー原画を描かれている場面や、描き下ろし原画の秘話(苦労話)などをお話しして下さっている貴重なビデオ映像が放映中です。

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

描き下ろし原画の前で、作者の荒木飛呂彦先生のインタビュー!

今回が初大阪だそうで、でも大阪はご自身が高校生の頃に漫画家になるきっかけになった『キン肉マン』でお馴染みの漫画家・ゆでたまご氏の出身地なので、思い入れが深いそうです。(ゆでたまご先生、ありがとうございます!)

『ジョジョ』は「大河ドラマ」の様に雄大なドラマ仕立てを意識して描かれていること、ホラーが大好きなので、作品にちょっと怖い要素を取り入れていることなどをにこやかにお答え下さいました。
承太郎と背中合わせなのが格好いい!荒木ファンには涙もののお宝ショットです!

作者の荒木飛呂彦先生「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」大阪会場にて
©︎荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
photo©︎cinefil

音声ガイドは原作者の荒木飛呂彦氏!
展覧会のみどころを徹底ナビゲート

同展覧会をよりお楽しみいただくために、音声ガイドはいかがですか?

なんと、荒木飛呂彦氏ご本人がナビゲーターなんです!
原作者ならではの解説を交えながら、各展示コーナーのみどころを声優でナレーターの恒松あゆみさんと共にナビゲートします。
ぜひご利用ください。

所要時間:約30分 
貸出料金:お一人様1台550円(税込) 
制作:アコースティガイド・ジャパン

●音声ガイドは当日、会場のみの取り扱いとなります。また、音声ガイド付チケットの販売はありません。
●音声ガイドは台数に限りがあるため、ご利用いただけない場合がございます。
●音声ガイドの事前予約はございません。会場にてお求めください。
●音声ガイドは2ヶ国語(日本語・英語)に対応しています。
受付時にご希望の言語をお選びいただきます。

大阪の難波に“OWSON”店が出現!

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の関西での初開催を記念して、S市杜王町でお馴染みの"OWSON"が大阪の難波に期間限定で出現!
店舗内にはOWSONオリジナルのジョジョグッズの販売もあります!
もちろん『ジョジョ』展のチケットも取り扱っています。
足を延ばしてみて。

場所)ローソン なんば千日前通店
大阪市中央区千日前2-8-17

期間)2018年11月23日(金・祝)〜2019年1月14日(月・祝)

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」コラボ店
OWSON難波店
photo©︎cinefil

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」コラボ店
OWSON難波店
photo©︎cinefil

メルセデス ミー 大阪 コラボレーション

メルセデス ミー 東京(六本木)で開催し好評だった「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」とのコラボレーションが、メルセデス ミー 大阪にもやってきました。
会期中は、大好評の特別コラボカーMercedes-Benz C-Class JOJO concept「ドドドカー」の展示をはじめ、店舗のウインドウを<JOJO>でラッピングや、大阪限定のコラボドリンクもご用意しております。
ぜひ、お誘いあわせの上ご来店ください。

場所)メルセデス ミー 大阪
大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル1階
会期)2018年11月23日(金・祝)~2019年1月14日(月・祝)
(メルセデス ミー 大阪は12月31日は18:00クローズです。また1月1日は終日クローズです。)
時間)9:00〜22:00(L.O. 21:30)
定休日)グランフロントの定休日に準ずる。
コラボイベントに対する問い合わせ)06-6359-5102
ホームページ)https://www.mercedesme.jp/jojo/index.html

※ イベント開催や貸切営業により、ご入場いただけない場合がございます。ご来店前に必ずメルセデス ミーウェブサイトまたは店頭にお電話いただき、営業時間をご確認下さい。

『ジョジョ』のキャラクターでラッピングされたメルセデス ミー 大阪店。↓
左右両側の壁にもジョジョのキャラクターが飾られています。

お店の中に見えるのは「ドドドカー」。
「ドドドカー」の後ろはスクリーンになっていて、定期的に短い『ジョジョ』のコラボ映像が流されています。

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」コラボ店
メルセデス ミー 大阪
photo©︎cinefil

タイヤ跡もドドドドドド。。。

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」コラボ店
メルセデス ミー 大阪
「ドドドカー」
photo©︎cinefil

期間限定のコラボドリンク2種とそれぞれの特典。↓
左:ズキュウウゥン・ラテ(Hot)¥550(税込)
右:ゴールド・エクスペリエンス・ソーダ ¥600(税込)

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」コラボカフェ
メルセデス ミー 大阪
大阪限定コラボドリンクと特典
photo©︎cinefil

ラテを飲み終わった後はカップの裏のチェックもお忘れなく!

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」コラボカフェ
メルセデス ミー 大阪
大阪限定コラボドリンク・ラテカップ裏
photo©︎cinefil

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」
開催概要

会場)大阪文化館・天保山(海遊館となり)
〒552-0022 大阪市港区海岸通1-5-10

会期)2018年 11月25日(日)~ 2019年1月14日(月・祝)
※ 会期中無休

開館時間)10:00~20:00
※ 最終入場は閉館の30分前まで

料金)土日祝日券(日時指定)、平日券共通(税込)
一般 1,600円
大学生 1,200円
高校生 800円

【土日祝日】入場指定時間
①10:00〜11:45
②12:00〜13:45
③14:00〜15:45
④16:00〜17:45
⑤18:00〜19:30

〈入場チケットについての注意事項〉
※ 同展覧会は土日祝日及び年末年始期間(12/31(月)〜1/4(金))のみ日時指定制となります。
ローソンチケットでの販売は2019年1月14日(月)18:00まで

※ 土日祝日券の会場での販売はございません。
※ 土日祝日券(日時指定)は会期前に完売した回の販売は行いません。
※ 会期中も売り切れ次第販売終了。
※ 土日祝日券(日時指定)の各回の販売状況はローソンチケットHPにてご確認いただけます。
同ホームページの注意事項をご確認の上、チケットをご購入ください。 

※ 平日のみ、10:00より会場内チケットカウンターにて平日券の販売を行います。但し、当日の状況により販売を中止する場合がございます。
※ 会場内チケットカウンターでは現金のみのお取り扱いとなります。 
※ 平日券の会場内チケットカウンターでの販売は2019年1月11日(金)の19:30まで

販売場所)
ローソンチケット(Lコード55550)
・全国のローソン・ミニストップ設置のLoppi
・ローソンチケットHP
・オペレーター予約・問合 0570-000-777(10時 ~ 20時)
・平日券のみ会場内チケットカウンターでも販売いたします。

〈会期中に関する注意事項〉
※ 土日祝日券(日時指定)はローソンチケットHPでは各回の開始3時間前まで販売します。
※ ローソン・ミニストップ店頭「Loppi」は各回の開始時間まで販売します。
※ ローソンチケットHPにて決済し(決済方法:クレジットカード、Pay-easy、ちょコム等)、ご購入された場合、万が一お引き取りいただけない場合でも代金が請求されますのでご注意ください。
必ず引取期間内にチケットをお引き取りください。

主催)集英社
協賛)NTTドコモ、大日本印刷、ローソンチケット

This article is a sponsored article by
''.