ミス日本50周年ドキュメンタリー映画『夢こそは、あなたの生きる未来』

上映直前!コンドウヒロユキインタビュー

12月15日より、吉祥寺 ココロヲ・動かす・映画館〇COCOMARU THEATERを皮切りに順次各地で劇場公開されるドキュメンタリー映画『夢こそは、あなたの生きる未来』の主題歌「ナタリー」と劇中音楽を担当したコンドウヒロユキさんにインタビューを行いました。

画像: コンドウヒロユキさん

コンドウヒロユキさん

主題歌を担当するきっかけ

『夢こそは、あなたの生きる未来』のプロデューサー、それまで何度かお仕事していた方から最初にお声かけていただいたんですね。

「主題歌をつくってみませんか?」って。

その時は、まだ作品の撮影半ばで、映画の内容や方向に関しては、ある程度サジェスチョンはありましたが、それまで撮影した素材は全く観ずに主題歌の制作を行いました。

作品内で劇中音楽も担当しているんですけど、こちらはある程度編集が進んだ段階で、該当シーンを監督から観せていただき、そのシーンに併せて音楽を制作しました。

主題歌の苦労

メロディは結構、はやかったんですけど、歌詞が苦労しましたね。

先ほどお話したように撮影半ばからの歌の制作だったので、作品の内容もわからなかったので、かなり想像しながら。

言葉選びは本当に時間かかりました。数ヶ月位ですかね、バーで隣に座ったお客さんの会話からヒントをもらうこともあったり。

ある意味、僕の楽曲(主題歌)がこの作品の方向をきめることになるんじゃないかなぁって、思いましたね(笑

どんな映画ですか

実は、まだ全体を通して観ていないんですよ、関係者試写にも行けなかったので。

観た関係者からはシチューみたいな映画って聞いています(笑

多分、小野監督のことですから、あたたかく女性を見守るような作品なんじゃないですかね。

多くの撮影素材=具材を集めて、ひとつの料理にした、みたいな。どんなでしょうね。

公開日を楽しみに劇場で観ようと思っています。

今後の活動

今まではギター弾き語りが中心でしたが、最近はDTMで作った音楽をネットで公開したり、「Nice Moose」というユニットもやっています。(1stアルバム絶賛発売中。https://hiroyukikondo.bandcamp.com/album/bedtown-pop

音楽の聴かれ方がCDからストリーミングに移行していく中で、より自由度やチャンスも拡がってきていると感じていて、その中でいかに自分の「色」を出していくかという事が大事かなって思います。

映画もそうですけど、インディペンデントの音楽もこれから様変わりしていくんじゃないかなと思うので、変化にうまく対応しながら、自分が「いいな」と思った音楽を表現し続けていけたらいいですね。

画像: 上映直前!コンドウヒロユキインタビュー

後記

言葉をメロディにのせて世界を紡ぎ出すシンガーソングライター、コンドウヒロユキさん。

インタビューも言葉をひとつひとつ選びながら、大切に語っていただきました。

今後の活動、音楽も楽しみです。

ドキュメンタリー映画|夢こそは、あなたの生きる未来|特報映像

画像: ミス日本50周年|ドキュメンタリー映画|夢こそは、あなたの生きる未来|特報映像 youtu.be

ミス日本50周年|ドキュメンタリー映画|夢こそは、あなたの生きる未来|特報映像

youtu.be

ミス日本ドキュメンタリー『夢こそは、あなたの生きる未来』(2018年|74分|監督 小野篤史)

2018年12月15日~吉祥寺 ココロヲ・動かす・映画館〇COCOMARU THEATER
2019年1月26日~イオンシネマシアタス調布
2019年2月16日~横浜シネマ・ジャック&ベティ

This article is a sponsored article by
''.