大倉父子と大倉集古館

東京都港区虎ノ門に建つ『大倉集古館』は、大正6年(1917)に大実業家・大倉喜八郎(1837-1928)によって設立されました。
大倉喜八郎は明治維新による激動の時代、日本経済を動かし近代化に貢献した最も重要な人物の一人です。

彼は事業で得た富を教育・文化事業に還元し、美術文化の保護・発展に尽力、廃仏毀釈による寺院の荒廃、仏教美術品の散逸や海外流出を憂いみずから日本・東洋の古美術を収集し、その後、大倉集古館設立のために長年蒐集した美術品と土地・建物を寄付します。

またその長男の大倉喜七郎(1882-1963)は、ホテル・オークラの創業者でありながら父の遺志を継ぎ、近代日本画を中心に収集して世界へ紹介するなど、日本文化の海外発信に尽力しました。

今回のこの大規模な特別展は、現在東京の大倉集古館が東京オリンピックに向けて大規模なリニューアル工事中ということで実現可能となりました。

世界的にも有名な膨大なオークラコレクションを今日に伝え、開館100周年を迎えた大倉集古館の所蔵品から厳選の名品を一堂に公開します。
そしてこれらの名品を通し、大倉喜八郎が行なった文化財保議の志、アジア諸国にわたる多様な収集、喜七郎による海外への日本文化発信といった歴史的意義を紹介します。

明治維新から150年目の節日に関催される同展で、近代の幕開け以後の日本と海外の交流の歴史をお楽しみいただけます。
どうぞこの機会をお見逃しなく!

※同展出品の所蔵者は、すべて東京・大倉集古館です。

ここに注目!!

圧倒的な質の高さ
明治維新後の海外流出から救われた名品など約110件(国宝3件、重要文化財10件、重要美術品16件を含む)で構成される展覧会です。

②平安時代から近代まで「日本美術の王道」をしめすラインナップで「眼でたどる日本美術史」を体験できます。

③大倉喜八郎が集めたコレクションはアジア諸国の美術にまでおよびます。その目を見張る幅の広さを満喫できます。

④長男の喜七郎は昭和初期にローマで開催された「日本美術展覧会」で、後に「近代日本画の巨匠」と呼ばれる画家たちの力作を多数紹介し日本の伝統美を西洋に発信しました。その一部を再現風に展示しています。

第1章 日本美術の王道

時代は平安・鎌倉から近代まで、分野は絵画・書跡・彫刻・各種工芸と多岐にわたり、国宝3件・重要文化財6件・重要美術品15件を含む作品群を、6つのコーナーに分けて展示します。

こちらでは主な作品を紹介します。

国宝の輝き① ー「生きとし生けるもの」の出典「仮名序」最古級の遺品

平安時代10世紀初に、仮名の和文で書かれた「仮名序」と漢文で書かれた「真名序」の二つの序文を持つ、日本で最初の勅撰和歌集として編纂された紀貫之の『古今和歌集』。
その『古今和歌集』の「仮名序」を、平安時代後期に藤原定実(11〜12世紀、生没年不詳)が書写したと推考されている名品です。
多彩で華麗な料紙も見どころの一つです。

画像: 国宝《古今和歌集序(部分)》 平安時代・12世紀 東京・大倉集古館所蔵 展示期間:10/2〜11/4

国宝《古今和歌集序(部分)》 平安時代・12世紀 東京・大倉集古館所蔵
展示期間:10/2〜11/4

国宝の輝き② ー王朝の美意識をしめす平安彫刻の最高峰

普賢菩薩像(象に乗る普賢菩薩像は、女性の救済を説く法華経の普及とともに、主に平安貴族の女性たちからの信仰を集めました)の代表作であり、優美な顔立ちや肩のラインなど、平安時代後期の12世紀の和様の仏像彫刻の名作として知られる作品。彩色や截金があざやかに残っています。
大倉コレクション仏教美術の白眉です。

国宝《普賢菩薩騎象像》 平安時代・12世紀 東京・大倉集古館所蔵
展示期間:10/2〜10/21

国宝の輝き③ ー似顔絵のルーツ似絵(にせえ)の代表作

似絵の名手・藤原信実の画風をよく伝える作品。天皇や高級貴族の警護役「随身」を描いた絵巻物で、「似絵」の代表作です。
描かれているのは平安末期および鎌倉初期の後嵯峨上皇に仕えた随身たちで、顔や体格の特徴をよくとらえた、軽快で躍動感あふれる描写が見事な作品です。

画像: 国宝《随身庭騎絵巻(部分)》 鎌倉時代・13世紀 東京・大倉集古館所蔵 展示期間:11/6〜12/9

国宝《随身庭騎絵巻(部分)》 鎌倉時代・13世紀 東京・大倉集古館所蔵
展示期間:11/6〜12/9

重要文化財 ー闇と光の祝祭描く狩野派の名品

幕府御用絵師として活躍した狩野探幽の作品。風俗画の名品として早くから評価されてきました。
元々は漢画の伝統を引き継ぐ狩野派でしたが、江戸時代に入ると柔軟なやまと絵風を採用します。

夏の闇の中にかがり火を焚いて鵜匠たちが鵜を操って鮎をとる、そのドラマティックな夜景を動感ゆたかに表現。かがり火は、渋い赤色で炎を、墨のぼかしで煙を表わしています。

画像: 重要文化財《鵜飼図屏風(左隻)》狩野探幽筆 江戸時代・17世紀 東京・大倉集古館所蔵 展示期間:10/2〜11/4

重要文化財《鵜飼図屏風(左隻)》狩野探幽筆 江戸時代・17世紀 東京・大倉集古館所蔵
展示期間:10/2〜11/4

日本工芸の美

今に伝えられる美しい日本工芸の数々をご紹介します。

両手で持っても余るほどの一抱えもある精巧なカマキリ。
首や手や羽などが動いてポーズをつけられます。

      《自在蟷螂置物》 江戸時代・18〜19世紀 東京・大倉集古館所蔵

第2章 アジアに開いた目 ー東洋美術のコレクション

近代の幕開けと同時に実業家として日本から朝鮮、中国へと進出した大倉喜八郎は、中国国内の混乱で流出した美術品をまとめて購入したほか、朝鮮やタイ、インドの仏像なども多数収集しました。
これらの作品は、近代日本における外国美術の受容のありかたを示す点からも評価されています。

荘厳された仏陀 輝く王の姿

口元に笑みを浮かべた柔和な表情、装身具を身につけた姿は光輝いています。
このような荘厳仏は、タイでは特に17世紀のアユタヤー時代後期に流行し、ラタナコーシン朝にも引き継がれ、その冠や装身具は王族のものをかたどり一層豪華になっていったそうです。

      《宝冠仏立像》 タイ・ラタナコーシン時代・19世紀 東京・大倉集古館所蔵

第3章 日本から世界へ 珠玉の近代絵画 ローマ日本美術展

昭和5年(1930)イタリア政府がローマで開催した「日本美術展」のすべての経費は、大倉喜七郎が負担しました。代表の横山大観をはじめ下村観山、前田青邨、川合玉堂、竹内栖鳳、速水御舟といったそうそうたる日本画家80名が最新の力作を出品し、日本美術の魅力を欧州の人々に問う野心的な試みでした。
その一部を再現的に展示しています。

西の巨匠、竹内栖鳳による写生の真骨頂

東京画壇をリードした横山大観とならび称される西の竹内栖鳳は、円山四条派の伝統を受け継いで京都画壇をリード。その代表作の一つとされる、闘鶏の緊張の一瞬をとらえた作品。
金と緑の美しい配色による背景に、徹底した観察に基づく写生により躍動感あふれる力強い鶏の姿が浮かび上がっています。

《蹴合》竹内栖鳳筆 昭和4年(1929) 東京・大倉集古館所蔵
展示期間:10/2〜11/4

東の巨匠、横山大観が描く 静寂にして幻想的な夜景

「ローマ日本美術展」出品画家80名の代表だった横山大観が、日本画の面目をかけ、この展覧会のために制作した意欲作。
宵闇の中、かがり火に照らされて輝く満開の桜が、やまと絵のあでやかな色彩と水墨の調和を見事に達成した名品で、華やかさと静けさが同居する横山大観の画業中、最重要作のひとつ。

画像: 《夜桜(左隻)》横山大観筆 昭和4年(1929) 東京・大倉集古館所蔵 展示期間:11/6〜12/9

《夜桜(左隻)》横山大観筆 昭和4年(1929) 東京・大倉集古館所蔵
展示期間:11/6〜12/9

特別展「オークラコレクション」
開催概要

会場)九州国立博物館
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号

会期)2018年10月2日(火)~2018年12月9日(日)

休館日)月曜日

料金)一般   1,500(1,300)円
   高大生  1,000(800)円
   小中生   600(400)円
【夜間割引料金】一般 1,300円 / 高大生 800円 / 小中生 400円

※ 夜間開館当日17時以降に九州国立博物館券売所で販売。夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前に入場することはできません。
※( )内は団体料金(有料の方が20名以上の場合)。
※ 上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご観覧いただけます。
※ 障害者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料です。展示室入口にて障害者手帳等(*)をご提示ください。
(*)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証
※ 満65歳以上の方は前売り一般料金でご購入いただけます。券売所にて生年月日がわかるもの(健康保険証・運転免許証等)をご提示ください。
※ 小中生、高大生は学生証等をご提示ください。
※ キャンパスメンバーズの方は団体料金でご購入いただけます。券売所にて学生証等をご提示ください。

電話)050-5542-8600(NTTハローダイヤル)

主催)九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、TVQ九州放送
共催)(公財)九州国立博物館振興財団
協賛)ライブアートブックス、YKK AP
助成)(公財)福岡文化財団
特別協力)(公財)大倉文化財団・大倉集古館、太宰府天満宮
協力)ホテルオークラ福岡
後援)佐賀県、熊本県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、九州・沖縄各県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、北九州市、北九州市教育委員会、太宰府市、太宰府市教育委員会、
西日本リビング新聞社、FM FUKUOKA、cross fm、LOVE FM、西日本鉄道、九州旅客鉃道、
日本自動車連盟福岡支部、NEXCO西日本九州支社、福岡市タクシー協会、福岡県タクシー協会、
福岡商工会議所、太宰府市商工会、太宰府観光協会、日本旅行業協会、西日本文化サークル連合、
西日本新聞TNC文化サークル

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、特別展「オークラコレクション」プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効のこの招待券は、非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2018年10月27日 24:00 日曜日

記載内容
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
  建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、
  当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
  5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい
 (複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.