ブリューゲル一族4世代の画業を一堂にご紹介!

広島県立美術館の開館50周年記念として「ブリューゲル展 画家一族150年の系譜」が開催されます。

ブリューゲルの名前は美術好きなら一度は聞いたことがあるでしょう。

同時にピーテル・ブリューゲル(子)やらピーテル・ブリューゲル2世、ヤン・ブリューゲル1世というのも目にしたことがあるのでは?

1世、2世とあるけれど名字が同じブリューゲルなので同じ一族なのはわかる、画家一家なんだ、と単純に思っていたら、なんと4世代にもわたり150年間もヨーロッパの美術界を牽引していた画家一族だったのです。
(ややこしいですが、ピーテル・プリューゲル(子)とピーテル・ブリューゲル2世は同一人物です。美術書によっては表記が異なりますが、同展では2世で統一されています。)

う〜ん、すごい一族!

始まりはこの人、一番有名なピーテル・ブリューゲル1世(1525/30~1569)。

16世紀のフランドル(現在のベルギーにほぼ相当する地域)を代表する画家で、聖書の世界や農民の生活、風景などを描き、当時から高い評価を得ていました。
しかし、息子たちがまだ幼い時に亡くなってしまいます。
それでも、その類まれなる才能は子孫にも脈々と受け継がれ、息子のピーテル・ブリューゲル2世、ヤン・ブリューゲル1世、さらに孫、ひ孫の代まで受け継がれ、ブリューゲル一族は4世代、およそ150年に渡り、優れた画家を輩出し続けました。

同展は、貴重なプライベート・コレクションを中心に、選び抜かれた約100点を通じてブリューゲル一族の画業をご紹介するものです。

一族や同時代のフランドルの画家たちが手がけた風景画、風俗画、花の静物画など、そのほとんどが日本初公開となる作品により、16、17世紀のヨーロッパ絵画史を彩った、画家一族の芸術の多彩な魅力に迫ります。

画像: ピーテル・ブリューゲル2世《野外での婚礼の踊り》 1610年頃 Private Collection

ピーテル・ブリューゲル2世《野外での婚礼の踊り》 1610年頃 Private Collection

幼くして父親が亡くなったピーテル2世(1564〜1638)と弟のヤン1世(1568〜1625)の兄弟(当時兄が5歳、弟は1歳)は、1578年には母親も亡くします。
兄弟は姉妹と共に母方の祖母で画家のマイケン・ヴェルフルスト(彼女の夫は同じく画家のピーテル・クック・ファン・アールスト)に引き取られ、祖母が二人の兄弟の孫に絵を描くことを教えたと考えられています。

長男のピーテル2世は人気の高かった父の作品の忠実な模写や模倣作(コピー)を生涯にわたって制作し、父の様式を世に広めました。
また、自らは主に農民の生活や風刺画を描きました。

見どころ①
ブリューゲル一族9人の作品を7章に分けてご紹介

ピーテル・ブリューゲル1世や、2人の息子、孫、さらにひ孫の世代まで、一族に連なる9人の画家の作品が7つの章に分類展示され、一族の全体像が見ることのできる貴重な機会となります。
(ちなみに農民の生活を多く描き、今回も出展されるダーフィット・テニールス2世(1610〜1690)は、ヤン1世の娘の夫です。)

7つの章とは、第1章の宗教と道徳から始まり、自然へのまなざし、冬の風景と城砦、 旅の風景と物語、 寓意と神話、静物画の隆盛、農民の踊り、と実に多彩なジャンルに渡っています。
多様性のある展示の数々を思う存分お楽しみ下さい。

画像: ヤン・ファン・ケッセル1世 《蝶、カブトムシ、コウモリの習作》 1659年  Private Collection, USA

ヤン・ファン・ケッセル1世 《蝶、カブトムシ、コウモリの習作》 1659年 Private Collection, USA

《蝶、カブトムシ、コウモリの習作》のヤン・ファン・ケッセル1世(1626〜1679)はブリューゲル一族の4世代目、ヤン1世の孫にあたります。

見どころ②
日本初の貴重なプライベート・コレクションが多数出展

今回出展されている様々なジャンルの作品およそ100点のうちの多くが、通常観ることのできない貴重なプライベート・コレクションに収められています。
そのため、出展される作品のほとんどが日本初公開となるスペシャルな展覧会です。

画像: ヤン・ブリューゲル1世 、ヤン・ブリューゲル2世《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》 1615-1620年頃 Private Collection

ヤン・ブリューゲル1世 、ヤン・ブリューゲル2世《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》 1615-1620年頃
Private Collection

ヤン・ブリューゲル1世は父の模倣にとどまらず、花など静物を積極的に描き、「花のブリューゲル」などと呼ばれ名声を得ました。
花の絵の他にみずみずしい風景画を得意とし、ほかの画家と共作することもありました。

こちらの《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》は、ヤン1世とヤン2世(1601〜1678)の親子の共作です。

見どころ③
一族が得意とした細密描写を堪能!

今回の出展作品には縦・横30cm未満の比較的小さな作品が多く含まれていますが、いずれも驚くほど細部を描きこんでいます。
あまりの細かさに公式ページでは単眼鏡やオペラグラスの携帯をお勧めしているほどです。
代々受け継がれた細密な描写をじっくりご覧下さい。

画像: ピーテル・ブリューゲル2世 《鳥罠》 1601年  Private Collection, Luxembourg

ピーテル・ブリューゲル2世 《鳥罠》 1601年  Private Collection, Luxembourg

《鳥罠》は、多くの父の模倣作を描いたピーデル2世が、中でもとりわけ数多く手がけた作品です。
これらの模倣作は、ピーテル1世が描いた冬の農村風景を風景画の一分野にまで高めました。

関連イベント

様々な関連イベントもご用意しています。展覧会とあわせてお楽しみ下さい。

<講演会① >
「ブリューゲル一族の華麗なる系譜 農民のブリューゲルから花のブリューゲルへ」
【講師】千足伸行(広島県立美術館館長、成城大学名誉教授)
日時)10月8日(月・祝)14:30〜16:00(開場14:00)
場所)地階講堂(先着200名)
※ 事前申込不要
※ 聴講無料

<講演会②>
「ブリューゲル一族の系譜と作品制作をめぐる状況」
(共催:広島県立美術館友の会)
【講師】髙城靖之(東京都美術館学芸員)
日時)10月20日(土)13:30〜15:00(開場13:00)
場所)地階講堂(先着200名)
※ 事前申込不要
※ 聴講無料

<学芸員によるギャラリートーク>
日時)10月12日、10月26日、11月9日(金)各日 11:00〜
   11月23日、12月7日(金) 各日 17:00〜
※ 入館券をお求めの上、会場入口付近にお集まりください。

<ウェブレポーター大募集>
日時)10月12日(金)17:00〜18:30
場所)3階ロビー
対象)インターネットを通して本展PRにご協力いただける一般の方
※ 事前申込不要。実施当日に限って本展にご招待します。

<ロビーコンサート>
①16世紀フランドルの音楽(ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、打楽器など)
日時)10月20日(土) 12:00 〜
演奏)ファナ古楽合奏団

②初期バロックの音楽〜スウェーリンクからの潮流
日時)12月1日(土) 12:00〜
演奏)中川詩歩(ソプラノ)、田尻健(テノール)、福原之織(チェンバロ)

ロビーコンサートの会場)①②ともに1階ロビー
※ 事前申込不要
※ 鑑賞無料

その他のお知らせ

<写真撮影について>
10月31日(水)までの期間限定で、一部作品の撮影が可能です。
※ 作品保護等のため、撮影時の注意事項は必ずお守りください。

<4世代ファミリー特別ご招待!>
ブリューゲル一族にちなみ、4世代そろってご来館いただいた場合は、同展に無料でご招待します。
(11月中、限定150組)
※ 1階受付でお申し出ください。
※ 写真を撮影させていただく場合があります。

ブリューゲル展 画家一族150年の系譜
開催概要

会場) 広島県立美術館
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22

会 期 )平成30(2018)年10月8日(月・祝)〜12月16日(日)
   会期中無休

開館時間)9:00〜17:00
※ 金曜日は19:00まで 、入場は閉館の30分前まで
※ 10月8日(月・祝)は10:00 開場

料金)一般    1,500(1,300)円
   高・大学生 1,000(800)円
   小・中学生  600(400)円
※ ( ) 内は前売り・20名以上の団体料金
※ 学生券をご購入、ご入場の際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者
(1名まで)の当日料金は半額です。手帳をご提示ください。

前売券販売所 : 広島県立美術館、セブンイレブン(セブンチケット)、ローソン(Lコード 62239)、
チケットぴあ(Pコード 769-176)、イープラス、広島市・呉市内の主なプレイガイド、
画材店・画廊、ゆめタウン広島、
などで販売しています。

主催)広島県立美術館、広島テレビ、イズミテクノ
後援)中国放送、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、
   エフエムふくやま、尾道エフエム放送、FMはつかいち76.1MHz、FM東広島89.7MHz
協賛)光村印刷
広島展協賛)大和証券、大田鋼管、広島県信用組合
協力)日本通運
企画協力)NTVヨーロッパ
特別協力)ARTHEMISIA

お問い合わせ)TEL:082-221-6246

cinefil 読者プレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「ブリューゲル展」プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効の、この招待券は、非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2018年10月6日 24:00 日曜日

<記載内容>
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
  建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、
  当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、5つ以上ご  記入下さい(複数回答可)
8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい。
 (複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.