48年ぶりに復活した《太陽の塔》
内部の一般公開開始!

1970年(昭和45年)、日本中が湧き上がり、熱く燃えたアジア初の万国博覧会が大阪は千里の地で開催されました。

当時、誰もがその圧倒的存在感に驚愕させられたのが、日本万国博覧会のテーマ館の一部として芸術家 岡本太郎(1911-1996)が作り上げた異形の塔、《太陽の塔》でした。

その《太陽の塔》が「太陽の塔再生プロジェクト」により耐震工事と修理を経て、今年、2018年(平成30年)3月、48年ぶりについに息を吹き返しました。
予約制での内部の一般公開が始まったのです。
4ヶ月前から可能な予約は連日満杯で、なかなか予約が取れない大盛況ぶりに、多くの人たちの関心の高さが伺えます。
しかし、残念ながら万博当時の地下空間は現存していません。
《太陽の塔》の内部も補強のために狭くなっていて、当然ながら当時の様相とは様変わりしています。

かつての《太陽の塔》を多彩な展示内容で網羅的に展観!
あの頃の大阪の夏は熱かった!

そんな失われた展示空間を再現すべく、今回あべのハルカス美術館では、独自の展覧会「太陽の塔展」を開催中です。

ゾーン Ⅰ 地下展示の世界
正面真ん中)《若い夢》岡本太郎 1974年 FRP
右)《呼ぶー青い手》岡本太郎 1981年 FRP
左)《呼ぶー赤い手》岡本太郎 1981年 FRP
奥)《地底の太陽(保存用原型)》1970/2017年 FRP
photo©︎cinefil

入ったらすぐに岡本太郎の世界がお出迎え。↑
一番後ろで光っているのが、万博閉幕後に行方不明となった《地底の太陽》の原型(直径3m)を再現したものです。

今回の展覧会では、失われた展示空間を少ない資料を頼りに、フィギュア作りで定評のある海洋堂さんにご協力頂き、当時の面影を3次元再現し、岡本太郎がテーマ館全体の根源を表現した地下展示を追体験できます。
また、その構想段階から完成まで、さらには再生事業までを網羅し、《太陽の塔》 に関連する作品と精巧な模型に加え、映像や音響、岡本太郎の肉声など多彩なメディアを駆使、岡本太郎の感性を大きなスケールで体感できます。

画像: 《太陽の塔》 内観模型(万博当時) 岡本太郎記念財団蔵

《太陽の塔》 内観模型(万博当時) 岡本太郎記念財団蔵

上 ↑ 《太陽の塔》の内部の再現模型。
昔は両手の端まで移動可能でした。
エスカレーターの後ろで見え隠れしているのが、本来は高さ約41mの《生命の樹》です。
樹の幹や枝には、単細胞から人類まで大小さまざまな生物進化を表す33種類、292体の生物模型群が取り付けられ、アメーバーなどの原生生物からハ虫類、恐竜、そして人類に至るまでの生命の進化の過程を表していました。
今回は2011年の岡本太郎生誕100年事業の一環として復元を試みて製作された《生命の樹》の展示もあります。

大阪万博からほぼ半世紀が過ぎたと言うのに、岡本太郎の創り上げた《太陽の塔》は、現代にも通じる力強いパワーと強烈なメッセージが込められていることに感嘆させられます。
復元展示もミニチュアとは侮れないほど精巧で、どれも当時の魂が宿っています。
できれば今、この年齢で、当時の本物を観たかった!と思っていた私ですが、この展示の数々には大満足です!

当時、長い行列の末やっとの思いで中に入れた人も、入ったけれども幼すぎてぼんやりとしか覚えていない人も、諦めて見られなかった人も、そもそも行けなかった人も、まだ生まれてすらいなかった人でも、誰もが楽しめる展示となっています。

是非この機会に、あの熱い大阪の夏の日を追体験しつつ、岡本太郎の世界観をドキドキわくわくしながらどっぷりと体感しに足をお運び下さい。

初代《黄金の顔》が登場!

1992年から93年の改修工事で取り外され倉庫で眠っていた万博当初の《黄金の顔》(鉄板、ポリ塩化ビニルフィルム (大阪府蔵))が長い眠りから覚め、その巨大な顔をごく間近で見せてくれます。

と言っても、直径約11メートル、さすがに立てての展示は無理なので平置きで(寝かせて)上から一望できる展示となっています。↓
いつも見上げているものがこれほどまでに大きいとは!
よくぞこの展示場内に納まった!(広い会場にギリギリです。)
写真奥の人たちと比較すると、その大きさを実感していただけることでしょう。
基礎が鉄板なので、ところどころが錆びているのが時の流れを感じさせます。
現地では劣化による落下などの危険回避を考慮し、1993年に2代目のステンレス製に交換され現在に至ります。

ゾーンⅣ 巨大なスケール 「初代《黄金の顔》」1970年 鉄板・ポリ塩化ビニルフィルム 大阪府 
photo©︎cinefil

当時の施工の様子。↓ 燦然と黄金色に輝いています。この《黄金の顔》は未来を象徴していました。

初代《黄金の顔》-1 1970年 岡本太郎記念財団蔵

失われた地下空間を再現

テーマ館は、地下展示「過去:根元の世界」から始まります。
万博閉幕後に撤去され、今ではわずかな写真でしか窺い知ることができなかった地下展示の全貌を新作のジオラマで再現しています。

地下展示の全体模型。↓
上真ん中の赤い部分が太陽の塔です。
その下に広がる3つのゾーンが、当時の地下展示です。
左上の円形部分の入り口から地下へと《カオスの道》を下降しながら、生命が誕生する前の混沌を体感し、左下の《いのち》、右下の《ひと》、中央の《いのり》のゾーンを順番に通ってようやく太陽の塔の内部に入る仕組みになっていました。

ゾーン Ⅰ 地下展示の世界 「地下展示 全体模型 」1970/2017年 FRP
photo©︎cinefil

下 ↓ の地下展示《いのり》のジオラマは、上 ↑ の写真の真ん中の部分です。
神秘の空間の中心には岡本太郎が作った《地底の太陽》が配置されていました。

画像: 地下展示《いのり》ジオラマ 岡本太郎記念財団蔵

地下展示《いのり》ジオラマ 岡本太郎記念財団蔵

《太陽の塔》にいたる岡本太郎の作品群を紹介

1960年以前の岡本太郎の作品は、色とりどりの原色に緻密で楽しげな作風だったのが、60年代に入ってからおどろおどろしい、梵字にも似た呪術的な作風へとガラリと変貌したそうです。

私たちがよく知る岡本太郎の名言は「芸術は爆発だ!」ですが、1964年には「芸術は呪術である。」と宣言したそうです。
その宣言の3年後から《太陽の塔》のプロジェクトは開始します。

《太陽の塔》誕生前夜、1960年代の岡本太郎の、まさに「呪術的」な作品をご紹介します。

画像: 《愛撫》岡本太郎 1964年 川崎市岡本太郎美術館蔵

《愛撫》岡本太郎 1964年 川崎市岡本太郎美術館蔵

画像: ゾーン Ⅴ  太陽の塔への道《ノン》 1970年  FRP 川崎市岡本太郎美術館 photo©︎cinefil

ゾーン Ⅴ 太陽の塔への道《ノン》 1970年 FRP
川崎市岡本太郎美術館
photo©︎cinefil

岡本太郎、未完の絶筆も展示

岡本太郎、84歳の絶筆。
「老いるとは、衰えることではない。 年とともにますますひらき、ひらききったところでドウと倒れるのが死なんだ。」
ほとばしる情熱とエネルギーに満ち溢れた圧倒的な存在感!色彩の鮮やかさ!
彼の人生、感性が投影された作品です。

画像: 《雷人》 岡本太郎 未完 岡本太郎記念財団蔵

《雷人》 岡本太郎 未完 岡本太郎記念財団蔵

展示室内は写真撮影OK!

個人で楽しむ分に限り、展示室内の写真撮影が可能です。
初代《黄金の顔》や等身大の岡本太郎人形との記念撮影もできます。

ただし、動画、フラッシュ撮影、三脚、脚立、セルフィースティックなどの使用の撮影は禁止です。
混雑の場合、状況によりスタッフの指示に従って下さいね。

画像: フォトスポット 巨大 " コップのフチ子の太陽の塔" photo©︎cinefil

フォトスポット 巨大 " コップのフチ子の太陽の塔"
photo©︎cinefil

コップのフチ子の太陽の塔バージョン ↑
巨大化してフォトスポットとしてお目見え!
こちらは会場入り口までの場所に設置されています。
ぶら下がっているのはコップのフチじゃなく、《黄金の顔》の右目⁉︎

展覧会「太陽の塔展」
開催概要

会場)あべのハルカス美術館
〒545-6016 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階

会期)2018年9月15日(土)〜11月4日(日)

開館時間)火〜金 午前10時〜午後8時
     月・土・日・祝 午前10時〜午後6時
     ※入館は閉館30分前まで
休館日)9月18日(火)

観覧料) 一般 1,200円(1,000円)
    大学・高校生 800円(600円)
    中学・小学生 500円(300円)
※ 価格はすべて税込み。( )内は団体料金。団体は15名以上。
※ 障がい者手帳をお持ちの方は美術館チケットカウンターで購入されたご本人と付き添いの方1名まで当日料金の半額。

〈ギャラリー・ツアー〉
日 時)10月10日(水)、17日(水)、24日(水) 各日18時30分より(約30分)
講 師)あべのハルカス美術館学芸員
会 場)展示室

主催)あべのハルカス美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団、NHK大阪放送局
後援)大阪府
   ※本展覧会は「大阪文化芸術フェス」(2018年9月29日(土)から11月4日(日)まで開催)
   の連携事業です。
協力)川崎市岡本太郎美術館、ガンバ大阪
企画協力)パルコ

一般お問合わせ先)06-4399-9050 (あべのハルカス美術館)

展覧会【太陽の塔】連動企画
『天空のプレイバック1970〜あの時、懐かし博覧会〜』

「太陽の塔展」の期間中、あべのハルカス展望台「ハルカス300」の60階「天上回廊」(360度ガラス張りの屋内回廊)内に、2代目太陽の塔の「黄金の顔」とのフォトスポットが設置されます。
日本一高い展望台で記念写真もいいかも!

他にも万博のお土産や当時のおもちゃを展示した「EXPO' 70コレクション展示」、万博当時の写真「EXPO' 70パネル展示」、懐かしい1970年代の大阪の様子を写した「ノスタルジー1970 OSAKA写真館」の展示もあります。〔観覧無料。展望台の入場料は別途必要です。)

画像: フォトスポット 2代目太陽の塔の画像 あべのハルカス展望台 photo©︎cinefil

フォトスポット 2代目太陽の塔の画像
あべのハルカス展望台
photo©︎cinefil

展望台でのフォトスポットの様子。↑
モデルは、万博当時のユニフォームの一つを再現したものを着用した美術館スタッフ。
「太陽の塔展」の会期中の美術館では、スタッフがこのユニフォーム姿でお出迎えしてくれます。

長編ドキュメンタリー映画『太陽の塔』
9月29日(土)より公開中

岡本太郎に影響を受けた人々をはじめ、総勢29名へのインタビューを敢行。
《太陽の塔》の謎と魅力に迫るドキュメンタリー。

監 督: 関根光才
製 作: 映画『太陽の塔』製作委員会
あべのアポロシネマほか

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「太陽の塔展」プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効のこの招待券は『非売品』です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2018年10月18日 24:00 金曜日

<記載内容>
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
  建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、
  当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
5つ以上ご 記入下さい(複数回答可)
8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい
 (複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。

抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.