巨匠たちのクレパスによる知られざる名作の競演!

子どもの頃に誰もが手にしたことのある画材、クレパス。
学校教材として普及したため、どうしても子ども向けのものと思われがちですが、その優れた特性から、油絵具の入手が難しかった第二次大戦直後に多くの画家たちに注目され、独自な絵画表現に取り入れられ、油絵に劣らない作品が描かれました。

そもそもクレパスとは、クレヨンとパステルの良さを備えた画材としてサクラクレパス(大阪市)が開発し、1925年(大正14年)に商標登録された日本独自の描画材料です。画面によく定着し、伸びやかで発色がよく、混色や塗り重ね、ひっかく、などの幅広い表現が可能なのものなのです。

「クレパスに専門家用があるからには、もっと専門家がこれを用いていいはずである・・子供にも用い易い材料でこれだけ油絵具に似た鮮明度をもつ材料は、他にはない・・」ー小磯良平

画像: 小磯良平《婦人像》1951年  40.0 × 31.4cm サクラアートミュージアム蔵

小磯良平《婦人像》1951年 40.0 × 31.4cm サクラアートミュージアム蔵

岡本太郎が、小磯良平が、猪熊弦一郎が、熊谷守一が、三岸節子が、山下清が、
100人を超える作家たちの約150点を一堂に展示!

本展では、サクラアートミュージアムの絵画コレクションから、大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちを中心に、現代の作家たちの作品も併わせて100人を超える作家たちの、時にダイナミックで時に繊細で時に優雅なクレパス画の、伸びやかで自由で色鮮やかで魅力溢れる世界の競演をお楽しみいただけます。
画家によって異なるクレパスならではの発色を巧みに使った表現の豊かさをどうぞご堪能下さい。

画像: 岡本太郎《鳥と太陽》制作年不明 35.6 × 25.3cm  サクラアートミュージアム蔵

岡本太郎《鳥と太陽》制作年不明 35.6 × 25.3cm サクラアートミュージアム蔵

「巴里のホテルの室では何かと油絵制作が不便なものですから、自然手軽に描けるクレパスで花の絵や風景をたくさん描きました」ー三岸節子

画像: 三岸節子《花1》 1940年頃 37.5 × 27.8cm サクラアートミュージアム蔵 ©︎MIGISHI

三岸節子《花1》 1940年頃 37.5 × 27.8cm サクラアートミュージアム蔵 ©︎MIGISHI

クレパス体験コーナーや歴史の紹介も

クレパス誕生のエピソード、社会背景、歴史の紹介や懐かしい商品のパッケージ、最多色700色のクレパスの展示も行い、クレパスの魅力に迫ります。
また展示室の外にはクレパスを体験できるコーナーを設置し、子どもも大人も実際にクレパスを手に取って自由に絵を描くことができるので童心に返って楽しめること間違いなし。
もしかしたら眠っていた絵心が開花するかも!?

開催概要

会場)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
   新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階

会期)2018年7月14日(土)~9月9日(日)

休館)月曜日(7月16日は開館、翌17日も開館)

開館時間)午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

料金)一般 1,000(800)円、大学・高校生 700(500)円、65歳以上 800円、中学生以下無料
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※前売券は4月24日(月)から7月13日(金)まで販売。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳を提示の場合、本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の場合、本人のみ無料。

主催)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、産経新聞社

協賛)損保ジャパン日本興亜

協力)サクラアートミュージアム、サクラクレパス、ターレンスジャパン、アムス、教育美術振興会

ホームページ)http://www.sjnk-museum.org

問合せ先)TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「巨匠たちのクレパス画展」プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効の、この招待券は、非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2018年7月30日 24:00 月曜日

記載内容
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
  建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、
  当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
  5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい
 (複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。
   また、抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます

This article is a sponsored article by
''.