ビュールレ・コレクションとしての最後の展覧会

ドイツに生まれスイスで後半生を過ごした大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られています。コレクションは主に17世紀オランダ絵画から20世紀の近代絵画に至る作品、中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃う稀にみる質の高いもので世界中の美術ファンの注目を集めています。

彼の死後、それまでコレクションの保管場所として使用していた家を改修して、美術館として一般公開されていましたが、現在は閉鎖されています。

2020年にはビュールレ・コレクションの全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになり、ビュールレ・コレクションとしての全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現することとなりました。

本展では、近代美術の精華といえる作品64点を展示し、その約半数は日本初公開となります。

ルノワール、セザンヌの美術史に輝く最高傑作が展示!

特に印象派・ポスト印象派の作品は傑作揃いで、絵画史上、最も有名な少女像ともいわれるルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》とセザンヌの《赤いチョッキの少年》は印象派の中でも人気の高い両巨匠の「最高傑作」として知られています。

画像: ピエール=オーギュスト・ルノワール 《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》 1880年 油彩、カンヴァス 65×54cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

ピエール=オーギュスト・ルノワール 《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》
1880年 油彩、カンヴァス 65×54cm
©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland)
Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

画像: ポール・セザンヌ《赤いチョッキの少年》 1888-90年 油彩、カンヴァス 79,5x64cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

ポール・セザンヌ《赤いチョッキの少年》
1888-90年 油彩、カンヴァス 79,5x64cm
©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland)
Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)


ドラクロワ、ドガ、マネ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、モネ、セザンヌ、マティス、ピカソ…豪華な作家たちの競演!

ビュールレ・コレクションには、ドガ、ファン・ゴッホ、ゴーギャンなどの傑作も数多く含まれていますが、日本初公開の作品も多いので是非この機会をお見逃しなく!

画像: エドガー・ドガ《リュドヴィック・ルピック伯爵とその娘たち》 1781年頃 油彩、カンヴァス 65x81cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

エドガー・ドガ《リュドヴィック・ルピック伯爵とその娘たち》
1781年頃 油彩、カンヴァス 65x81cm
©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland)
Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

画像: フィンセント・ファン・ゴッホ 《日没を背に種まく人》 1888年 油彩、カンヴァス 73×92cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

フィンセント・ファン・ゴッホ 《日没を背に種まく人》
1888年 油彩、カンヴァス 73×92cm
©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland)
Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)


画像: ポール・ゴーギャン《贈りもの》 1902年 油彩、カンヴァス 68,5×78,5cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

ポール・ゴーギャン《贈りもの》
1902年 油彩、カンヴァス 68,5×78,5cm
©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland)
Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)


門外不出と言われたモネの最高傑作、堂々初公開!

モネの代表作の一つ、高さ2メートル× 幅約4メートルの大作《睡蓮の池、緑の反映》は、これまでスイス国外には一度も出たことがありませんでした。
その圧倒的な存在感は会場に足を運んでご堪能下さい!

画像: クロード・モネ 《睡蓮の池、緑の反映》 1920-26年 油彩、カンヴァス 200×425cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

クロード・モネ 《睡蓮の池、緑の反映》
1920-26年 油彩、カンヴァス 200×425cm
©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland)
Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

開催概要

展覧会名)
名古屋市美術館開館30周年記念
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

会場)名古屋市美術館
〒460−0008 名古屋市中央区栄2−17−25
芸術と科学の社・白川公園内

会期)2018年7月28日(土) ~ 9月24日(月・休)

開館時間)午前9時30分~午後5時(毎週金曜日は午後8時まで)
*入場は閉館の30分前まで

休館日)毎週月曜日(ただし8月13日、9月17日、24日は除く)、9月18日(火)

観覧料)一般 1,500円(1.300円)
    大学生 1,000円(800円)
    高校生 800円 (600円)
    中学生以下 無料
*()は前売券と団体券料金。団体割引券は20名以上に適用。
*身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2 名まで当日料金の半額でご覧いただけます。
*7月31日(火)から8月31日(金)までの休館日を除く平日(8月13日を含む)は、高校生無料デーを実施。学生証の定時で高校生は無料で観覧できます。
 

主催)名古屋市美術館、中日新聞社、NHK名古屋放送局、NHKプラネット中部

後援)外務省、スイス大使館、愛知県・岐阜県各教育委員会、名古屋市立小中学校PTA協議会

協賛)損保ジャパン日本興亜、アイシン・エィ・ダブリュ、東海東京証券

協力)スイス政府観光局、スイス インターナショナル エアラインズ、日本貨物航空、
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン、名古屋市交通局、JR東海、近畿日本鉄道

お問い合わせ先)052-212-0001

公式サイト)http://www.buehrle2018.jp/

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効の、この招待券は、非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2018年8月5日 24:00 日曜日

記載内容
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
  建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、
  当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
  5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい
 (複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。
   また、抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます

This article is a sponsored article by
''.