兵庫県初の「プラド美術館展」
スペイン絵画の黄金期の華麗なる宮廷絵画の世界に酔いしれて!

本展は東京展に続くプラド美術館展で、関西では12年ぶり、兵庫県では初の「プラド美術館展」となります。

今回のテーマは「ベラスケスと絵画の栄光」。

スペインのマドリードに建つプラド美術館は、1819年に開館、来年で200周年を迎えます。

17世紀のスペインは、歴代のスペイン王たちの美術品収集により美術の黄金期を迎えます。
その黄金期に王フェリペ4世に最も愛され、現代においてもスペインの人々に愛され続けているのが、スペインを代表する画家ディエゴ・ベラスケス(1599ー1660)なのです。
彼は19世紀のフランスの印象派のマネをもってして「画家の中の画家」と言わしめ、後世の印象派の画家たちにも多大な影響を与えた17世紀のスペイン黄金世紀が誇る偉大なる宮廷画家なのです。

同展ではそのベラスケスの初来日作品5点を含む合計7点の重要作品を中心に、スペイン絵画のみならず、イタリアやフランドル絵画をあわせ61点の油彩画と9点の資料で17世紀スペイン宮廷をめぐる美術をご紹介致します。

会場のレイアウトもプラド美術館の責任者が自ら監修して下さったスペシャル仕様です。
是非会場に足を運び、スペイン黄金期絵画たちの華麗なる競演をお楽しみ下さい。

画像: ディエゴ・ベラスケス《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》 1635 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

ディエゴ・ベラスケス《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》
1635 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

 ↑ 今回の展覧会のポスターにもなっている「王太子バルタサール・カルロスの騎馬像」。
馬にボリュームがありすぎるのは、この絵が本来は扉の上に飾られていた為で、下から見上げると丁度いい具合に計算され尽くしているから。
今回の展示では目の高さに飾られているので、ベラスケスの細かい筆遣いをじっくりご覧いただけます。
背景の王太子の後方に広がるマドリード郊外のグアダラマ山脈の風景は、印象派の先駆ともいうべき色づかいとタッチで描かれているので、こちらもお見逃しなく!

見どころは多彩な魅力満載のベラスケス作品7点!

本展の一番の見どころは、何と言っても巨匠ベラスケスの傑作が7点も出展されていること。
「7点」というのは、プラド美術館としてのベラスケス作品最大限の貸し出し数なのだそうです。

しかもその7作品は、最もクオリティが高いと評価され、さらに様々な特徴を主題にしたベラスケスの初期から晩年までを取り揃えた選りすぐりの作品ばかりです。

画像: ディエゴ・ベラスケス《東方三博士の礼拝》 1619 年 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

ディエゴ・ベラスケス《東方三博士の礼拝》
1619 年 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

 ↑ ベラスケスが王宮画家として迎えられる4年前の弱冠20歳の時に故郷のセビーリャで描いた宗教画。 
聖母マリアには妻のフアナ・バチェーコ、幼子イエスは娘のフランシスカ、手前の若き博士は自分自身、後ろの年老いた博士は師で舅であるフランシスコ・バチェーコがモデルと言われています。
宗教画としてよく見られる「東方三博士の礼拝」がテーマですが、身近な人物をモデルにすることで、荘厳の中にも温かみのある作品に仕上がっています。弱冠ハタチでこれはすごい!

テーマは7つ。壁紙の色の重厚さにも注目!

今回の展示は、芸術、知識、神話、宮廷、風景、静物、宗教と7つのテーマに分けてご紹介していますが、ベラスケス作品は今回の静物画を除く6つのテーマで展示されています。
彼は、スペイン黄金世紀の中でも扱った絵のジャンルが幅広い画家なのです。

左:ディエゴ・ベラスケス《フアン・マルティネス・モンタニェースの肖像》1635年頃 油彩・カンヴァス 
109x88cm
右:ジュゼぺ・デ・リベーラ《触覚》1632年 油彩・カンヴァス 125x98cm
photo©︎cinefil

 ↑ 左:ベラスケスが描く彫刻家「フアン・マルティネス・モンタニェースの肖像画」。
彼が粘土で形作っているのは、ベラスケスが仕えた国王フェリペ4世の頭部像。この塑像がフィレンツェ在住の彫刻家に渡り、現在マドリードに建つブロンズ像「フェリペ4世の騎馬像」制作の参考になったとか。

左 : ディエゴ・ベラスケス《バリェーカスの少年》1635-45年 油彩・カンヴァス 107x83cm
中央:アロソン・サンチェス・コエーリョ《王女イザベル・クララ・エウヘニアとマグダレーナ・ルイス》1585-88年 油彩・カンヴァス 207x129cm
右:ファン・パン・デル・アメン《矮人の肖像》1626年頃 油彩・カンヴァス122.5x87cm
photo©︎cinefil

 ↑ 異なる矮人(エナーノ)を描いた3点の作品。
王侯や貴族がエナーノを身近に置く習慣は古代東洋に始まりその後ローマ帝国に伝わり、後のヨーロッパ宮廷の慣習となりました。エナーノたちはユーモアや教養といった一定の役割を持って宮仕えをしていました。

左がベラスケスが描いたエナーノの少年「バリェーカスの少年」。
この少年は王太子バルタサール・カルロスに仕えていたとされています。
一見すると彼がエナーノだというのはわかりません。
他の2点のエナーノ作品と違い、特別な肖像画ではなく、さりげない日常生活の一場面を切り取ったような絵画に仕上がっています。
被写体を優れた洞察力をもって誇張することなくそれぞれの個性を描き出すのがベラスケスの肖像画の特徴。観る者が彼の描く人物像に身近で親しみやすい印象を持つのもその画力がなせるわざでしょう。
なお、モデルの少年が着ている濃い緑色の衣服は、当時道化やエナーノが宮廷で着用していたとされるもの(色)です。

ベラスケスと切磋琢磨しあったり影響を与えた同時代の画家たちの作品群の数々!

ベラスケスを軸にとしたスペイン宮廷絵画を中心に、スペイン、イタリア、フランドル、フランスなどのベラスケスと同時代に生きた画家たちの作品を展示し、互いの作品に影響しあいながらもベラスケスの独自性が際立つというところにもご注視下さい。

画像: バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《 小鳥のいる聖家族》 1650 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《 小鳥のいる聖家族》
1650 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

 ↑ 17世紀を代表するスペインの画家・ムリーリョの「小鳥のいる聖家族」。
本来よく描かれる聖母マリアを中心とする聖家族ではなく、聖書には書かれていないイエスの幼少時代の日常を切り取ったようなほのぼのとした一枚です。
凛々しく若々しい父親像のヨセフにご注目下さい。

画像: ティツィアーノ《 音楽にくつろぐヴィーナス》 1550 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

ティツィアーノ《 音楽にくつろぐヴィーナス》
1550 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

 ↑ イタリアの巨匠ティツィアーノの「音楽にくつろぐヴィーナス」。
ティツィアーノは一時期スペイン宮廷に出入りし名作をいくつも残しています。
カトリック教会の影響力が強かった17世紀のスペインでは、裸体画が不道徳とされていた為、古典古代の神話が主題として描かれることは稀でした。
それでも神話画は多くのスペイン王侯貴族によって収集され、限られた場所で享受されていました。
言うなれば王様や貴族だけのお楽しみの特権。
当時の一般庶民の目に触れることはありませんでした。

画像: ペーテル・パウル・ルーベンス《聖アンナのいる聖家族》 1630 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

ペーテル・パウル・ルーベンス《聖アンナのいる聖家族》
1630 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

 ↑ 児童文学「フランダースの犬」の影響で日本人にはかなり知名度が高いフランドルの巨匠ルーベンスの「聖アンナのいる聖家族」。
聖アンナとは左後方の女性で聖母マリアの母です。
ルーベンスは外交官としてスペイン王宮を訪れ、フェリペ4世からナイト爵位も受けています。
王宮で出会ったベラスケスとルーベンスは互いに親交を深め、ベラスケスはルーベンスの助言でイタリアへの絵画修行の留学を果たし、その後の画風に大きな変化がもたらされています。

会期中には様々な催しも!

音声ガイドのナレーションは公式プレゼンターのタレントで俳優の及川光博さん。
絵画鑑賞のみならず歴史的背景や絵の誕生秘話などを深く知りたい方にはうってつけのガイドです。
勿論ベラスケス作品7点は全てしっかりと解説してくれています。
一聞の価値あり!(貸し出し料金は1台550円です。)

また会期中の毎週日曜日にはレクチャールームにおいて午前11時より先着100名様定員で、ミュージアム・ボランティアによる約15分間の無料の解説会があります。

その他に、記念講演会、学芸員による解説会、おやこ解説会、こどものイベント、記念コンサート、記念イベントとしてフラメンコ・ライブなど、盛り沢山の様々な催しも。
詳しくは公式サイトにてご確認下さい。

【公式サイト】https://www.artm.pref.hyogo.jp

今回は何よりも大型絵画が「これでもか!」というボリュームで会場内を所狭しと圧倒しているのに驚かされます。
存分に17世紀のスペイン黄金世紀の空気感をご堪能頂けることでしょう。

ファン・バウティスタ・マイーノ《精霊降臨》
1615-20年 油彩・カンヴァス 324x246
photo©︎cinefil

 ↑ こんなに大きな絵が目白押し!(人物の大きさと比較するとおわかり頂けますね。)
ヨーロッパの大型絵画がこれ程まとまって日本で見られる機会はそうそうにはありません。
迫力ある絵画の数々をお楽しみ下さい。

プラド美術館展〜ベラスケスと絵画の栄光〜兵庫展
開催概要

【会場】兵庫県立美術館
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 [HAT神戸内]

【会期】2018 年 6月13日(水) 〜10月14日(日)

【開館時間】午前10時〜午後6時
(金曜日、土曜日は午後8時まで)
*入場は閉館30分前まで
【休館日】 月曜日
※祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館。

【観覧料】一般  1600円(1400円)
     大学生 1200円(1000円)
     70歳以上 800円(700円)
     高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がいのある方(70歳以上を除く)は各当日料金の半額、その介護の方1名は無料
*大学生、70歳以上の当日券の購入、及び障がい者割引の適用には証明が必要。割引を受けられる方は、会期中に美術館窓口で鑑賞券をお求めください。
*県美プレミアム展は別途鑑賞料が必要(本展と合わせて鑑賞される場合は割引あり。)

【問い合わせ】078-262-0901

画像: 「プラド美術館展〜ベラスケスと絵画の栄光〜」兵庫展 入り口展示物 photo©︎ cinefil

「プラド美術館展〜ベラスケスと絵画の栄光〜」兵庫展

入り口展示物
photo©︎ cinefil

 ↑ 一階にはカルロス王太子との記念写真撮影スポットも!この馬の横でならスリムに見えるかも⁉︎

【主 催】兵庫県立美術館、プラド美術館、読売新聞社、読売テレビ
【後 援】スペイン大使館、伊藤文化財団、兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会
    Kiss FM KOBE
【特別協賛】キヤノン
【協 賛】花王、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、大和証券グループ、大和ハウス工業、東レ、     三井物産、岩谷産業、きんでん、非破壊検査
【助 成】TKG Foundation of Arts & Culture、みなと銀行文化振興財団
【特別協力】日本教育公務員弘済会兵庫支部
【協 力】イベリア航空、日本貨物航空、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン

cinefil 読者チケットプレゼント

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「プラド美術館展〜ベラスケスと絵画の栄光〜兵庫展」プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。
記名ご本人様のみ有効の、この招待券は、非売品です。
転売業者などに入手されるのを防止するため、ご入場時他に当選者名簿との照会で、公的身分証明書でのご本人確認をお願いすることがあります。

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2018年8月18日 24:00 日曜日

記載内容
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
  建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、
  当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
  5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい
 (複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。
   また、抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

This article is a sponsored article by
''.