1819 年に王立の美術館として開設されたプラド美術館(スペイン・マドリード)は世界屈指の美の殿堂として知られています。
歴代スペイン王によって収集された収蔵品は、ベラスケスやスルバラン、ムリーリョらスペイン人画家による絵画のほか、イタリア、フランドル絵画などヨーロッパ美術の粋を示す第一級の作品から成り、ハプスブルクとブルボンのスペイン王朝の栄華を今に伝えています。

本展は、17 世紀スペインを代表するのみならず西洋美術史上最も傑出した画家のひとりであり、後世の印象派の画家たちにも大きな影響を与えたベラスケスの重要作品 7 点を中心に、イタリアやフランドル絵画をあわせ、61 点の油彩画と 9 点の資料で 17 世紀スペイン宮廷をめぐる美術を紹介するものです。

プラド美術館の核となるベラスケスと 17 世紀絵画などのコレクションを通してスペイン黄金時代の社会と文化に触れる貴重な機会となります。

本展のみどころ

1.プラド美術館のコレクションの「真髄」を紹介

1819 年に開設された世界有数の美の殿堂、プラド美術館の真髄である 17 世紀絵画のコレクションを網羅的に紹介します。

2.本邦初を含む、巨匠ベラスケスの傑作 7 点が出品

スペインのみならず西洋美術史上最も傑出した画家であるディエゴ・ベラスケス(1599-1660)の重要作品 7 点が出品されます。これまで日本で公開されてきた中では過去最多の作品数であり、まとまった数で貸し出される機会が極めて稀なベラスケスの作品を鑑賞できる貴重な機会となります。

3.国王たちが築いた絵画の「黄金時代」

17 世紀のスペインでは、国王たちにより未曾有の規模で芸術の擁護と収集が進められ、絵画の「黄金時代」を 迎えました。スペインだけではなくイタリアやフランドルの絵画作品もあわせ、当時のマドリード及びスペインの国際的なアートシーンを再現します。

巨匠ベラスケス、ここに注目

◆巧みな空間表現
ベラスケスの作品では、描かれた空間と現実空間とが交錯するかのように巧みに仕組まれた空間表現がみられます。描かれた人物とその人物が見つめる人物、絵を見る私たちなど、 さまざまな視線の存在を意識せずにはいられない、現実空間と地続きのように構成された空間表現がベラスケスの大きな特徴といえるでしょう。

画像: ディエゴ・ベラスケス《フアン・マルティネス・モンタニェースの肖像》   1635年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

ディエゴ・ベラスケス《フアン・マルティネス・モンタニェースの肖像》 1635年頃 マドリード、プラド美術館蔵
© Museo Nacional del Prado

画像: ディエゴ・ベラスケス《マルス》 1638年頃 マドリード、プラド美術館蔵   © Museo Nacional del Prado

ディエゴ・ベラスケス《マルス》
1638年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

◆率直さと明快さ、優雅さを兼ね備えたリアリズム
ベラスケスは、国王であれ、国王に仕える矮人や道化であれ、美化することなく等しく率直な眼差しを注ぎました。彼は、対象を尊厳ある一個の人間として眺め、すぐれた洞察をもってそれぞれの個性を描き出しました。また古代の偉大な哲学者や神話の神々を描く際には、理想化された姿形ではなくどこにでもいる市井の人々のような姿で描いています。 気取りのないこれらの人物像は、身近で親しみやすい存在として私たちに訴えかけてきます。

画像: ディエゴ・ベラスケス《バリェーカスの少年》   1635-45年 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

ディエゴ・ベラスケス《バリェーカスの少年》 1635-45年 マドリード、プラド美術館蔵
© Museo Nacional del Prado

◆印象派の先駆ともいうべき色づかいと筆触 (タッチ)
ベラスケスの作品は、細部の緻密な描写によるリアリズムではありません。近くで見るとかたちを成さない、一見色の染みにしか見えない筆触(タッチ)が一定の距離を置いて眺めたときに像を結ぶような卓越した手法で描かれています。光や空気によって変化する対象の色彩や輪郭をとらえようとする極めて近代的なものの見方が根底にあり、ベラスケスが 19 世紀にエドゥアール・マネによって「発見」 されたという事実はベラスケスの先見性、近代性を象徴している出来事といえるでしょう。
                                   
(構成:園田恵子)

画像: 巨匠ベラスケス、ここに注目
画像: ディエゴ・ベラスケス《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》 1635 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

ディエゴ・ベラスケス《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》
1635 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

日本スペイン外交関係樹立 150 周年記念
プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

東京展

【会 期】2018年2月24日(土) – 5月27日(日)
会場 国立西洋美術館(上野公園)
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
▽開館時間 午前9時30分 – 午後5時30分
(金曜日、土曜日は午後8時まで)
*入館は閉館の30分前まで
▽休館日 月曜日
http://www.nmwa.go.jp/

兵庫展

【会 期】2018 年 6月13日(水) –10月14日(日)
会場 兵庫県立美術館
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1[HAT神戸内]
▽開館時間 午前10時–午後6時
(金曜日、土曜日は午後8時まで)
*入場は閉館30分前まで
▽休館日 月曜日
※祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館。
http://www.artm.pref.hyogo.jp

【主 催】 国立西洋美術館(東京展)、兵庫県立美術館(兵庫展)、プラド美術館、読売新聞社、日本テレビ放送網(東京展)、BS日テレ (東京展)、読売テレビ(兵庫展)
【後 援】スペイン大使館、伊藤文化財団(兵庫展)、兵庫県(兵庫展)、兵庫教育委員会(兵庫展)、神戸市(兵庫展)、神戸教育委員会、(兵庫展)、Kiss FM KOBE(兵庫展)
【特別協賛】キヤノン
【協 賛】花王、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、大和証券グループ、大和ハウス工業、東レ、三井物産、岩谷産業(兵庫展)、きんでん(兵庫展)、非破壊検査(兵庫展)
【助 成】  (兵庫展)TKG Foundation of Arts & Culture、みなと銀行文化振興財団
【特別協力】 (兵庫展)日本教育公務員弘済会兵庫支部
【協 力】 西洋美術振興財団(東京展)、イベリア航空、日本貨物航空、ヤマトロジスティクス

画像: ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《音楽にくつろぐヴィーナス》 1550 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《音楽にくつろぐヴィーナス》
1550 年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado


cinefil鑑賞券プレゼント
「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」(東京展)

下記の必要事項、読者アンケートをご記入の上、「プラド美術館展」cinefil鑑賞券プレゼント係宛てに、メールでご応募ください。

抽選の上5組10名様に、展覧会入場券をお送りいたします。
(この招待券は、非売品です)

☆応募先メールアドレス  info@miramiru.tokyo
*応募締め切りは2018年5月12日 24:00 金曜日

記載内容
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記)
  建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、
  当選無効となります。
4、ご連絡先メールアドレス、電話番号
5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
  5つ以上ご記入下さい(複数回答可)
8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい
 (複数回答可)
9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。
   また、抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

展覧会詳細は下記より

This article is a sponsored article by
''.