「映画で旅するヨーロッパ」をテーマに、日本初公開作品や住年の名作など、EU加盟国の映画を一堂に集める映画祭、「EUフィルムデーズ2017」が今年も東京国立近代美術館フィルムセンターと京都府京都文化博物館にて開催となります。

開催15周年となる今年は25カ国・全28本(うち日本初公開作10本)が上映されます。

画像1: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

日本初公開作品には、監督も来日が決定しているスロヴァキアのコメディ映画『ヴォイチェフ』、1930年代に写真家として活躍したエディット・テューダー・ハートを追ったオーストリア作品『エディットを探して』、 ロックバンド「ザ・キュアー」の同名曲をモチーフに家族の物語を綴り、マグリット映画賞(ベルギー・アカデミー賞)長編第1回作品賞を受賞した 『猫はみんな灰色』、旧ユーゴスラビアで2人の法律家が対峙するブルガリア作品『検事、弁護人、父親、そして息子』コメディ、サスペンス、ヒューマンドラマなど、多様なジャンルの作品が各国より揃いました!

その他にも『シング・ストリート 未来への歌』、『リリーのすべて』など昨年劇場公開され人気を博した作品や、 2016年東京国際映画祭・最優秀監督賞を受賞の『私に構わないで』や『オリ・マキの人生で最も幸せな日』と言った名作、話題作の上映、そして特別プログラムとして、 昨年亡くなったポーランドを代表する映画監督、アンジェイ・ワイダの追悼の意を込めた講演や、各会場1回限りの上映となる、桃井かおりさん出演のラトビア映画『OKI(沖)/Oki ー In the Middle of the Ocean』を上映する。

日本初公開作品

『ヴォイチェフ』
(原題:Vojtech / 監督:ヴィクトル・ツダイ/2015年/スロヴァキア/90分)

画像2: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『お母さん』
(原題:EMA / Mother/ 監督:カドリ・コーサール/2016年/エストニア/89分)

画像3: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『エディットを探して』
(原題:Auf Ediths Spuren / Tracking Edith /監督:ペーター・シュテファン・ユンク/2016年/オーストリア/90分)

画像: (C ) Family  Suschitzk

(C ) Family Suschitzk

『ナイトライフ』
(原題:Nočno življenje / Nightlife /監督:ダミアン・コゾレ/2016年/スロヴェニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア共和国/85分)

画像4: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『リトル・マン』
(原題:Malý Pán / Li]le Man / 監督:ラデク・ベラン/2015年/チェコ/84分)

画像5: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『検事、弁護人、父親、そして息子』
(原題:Прокурорът, защитникът и неговият син / The Prosecutor, The Defender, The Father And His Son/監督:イグリカ・トリフォノヴァ/2015年/ブルガリア、スウェーデン、オランダ/102分)

画像6: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『猫はみんな灰色』
(原題:Tous les chats sont gris / All Cats Are Grey/監督:サヴィナ・デリクール/2015年/ベルギー/87分)

画像7: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『いつまでも一緒に』
(原題:Amžinai /Together For Ever / 監督:リナ・ルジーテ/2016年/リトアニア、ルーマニア/ 88分)

画像8: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『テキールの奇跡』
(原題:Miracolul din Tekir/ Miracle of Tekir / 監督:ルクサンドラ・ゼニデ/2015年/ルーマニア、スイス/ 90分)

画像9: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『明日、戦争の後で』
(原題:Eng nei Zäit / Tomorrow After the War/ 監督:クリストフ・ヴァグナー/2015年/ルクセンブルク/106分)

画像10: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

追加発表作品

『シング・ストリート 未来へのうた』
(原題:Sing Street / 監督:ジョン・カーニー/2016年/アイルランド/106分)

画像: © 2015  Cosmo  Films  Limited. All  Rights Reserved

© 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

『五日物語-3つの王国と3人の女-』
(原題: Il racconto dei racconti / Tale of Tales / 監督:マッテオ・ガローネ/2015年/イタリア、フランス/133分)

画像: © 2015 ARCHIMEDE S.R.L-LE PACTE SAS

© 2015 ARCHIMEDE S.R.L-LE PACTE SAS

『リリーのすべて』
(原題:The Danish Girl/ 監督:トム・フーバー/2016年/英国、米国/120分)

画像: © 5  Universal  Studios. All  Rights  Reserved

© 5 Universal Studios. All Rights Reserved

『善意の行方』
(原題:Publieke Werken / A Noble Intention/ 監督:ヨラム・ルールセン/2015年/オランダ/115分)

画像11: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『私に構わないで』
(原題:Ne gledaj mi u pijat /Quit Staring at My Plate/ 監督:ハナ・ユシッチ/2016年/クロアチア、デンマーク/105分)

画像12: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『アイスドラゴン』
(原題:Isdraken/The Ice Dragon/ 監督:マッティン・ヘーグダール/2012年/スウェーデン/73分)

画像: ©  Lena  Lahti

© Lena Lahti

『フラワーズ』
(原題:Loreak /Flowers / 監督:ホセ・マリア・ゴエナガ & ジョン・ガラニョ/2014年/スペイン/99分)

画像13: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『マリー・クロヤー 愛と芸術に生きて』
(原題:Marie Krøyer/ 監督:ビリ・アウグスト/2012年/デンマーク、スウェーデン/102分)

画像14: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『クリスマスの伝説 ― 4人の若き王たち』
(原題:4 Könige /4 Kings/ 監督:テレーザ・フォン・エルツ/2015年/ドイツ/87分)

画像: Photo:  Port Au  Prince Pictures,  Kristian  Leschner

Photo: Port Au Prince Pictures, Kristian Leschner

『ホワイトゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)』
(原題:Fehér Isten/White God/ 監督:ムンドルッツォ・コーネル/2014年/ハンガリー、ドイツ、スウェーデン/99分)

画像: 2014 ©  Proton Cinema,  Pola  Pandora,  Chimney

2014 © Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney

『オリ・マキの人生で最も幸せな日』
(原題:Hymyilevä Mies /The Happiest Day in the Life of Olli Mäki/ 監督:ユホ・クオスマネン/2016年/フィンランド、スウェーデン、ドイツ/92分)

画像15: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『パティーとの二十一夜』
(原題:21 nuits avec Pattie/21 Nights with Pattie/ 監督:テレーザ・フォン・エルツ/2015年/ドイツ/87分)

画像16: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『フィフスシーズン~春が来ない村』
(原題:La cinquième saison/The Fifth Season/ 監督:ペーター・シュテファン・ユンク/2012年/ベルギー、オランダ、フランス/93分)

画像17: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『すべて売り物』
(原題:Wszystko na sprzedaż /Everything for Sale/ 監督:アンジェイ・ワイダ/1968年/ポーランド/100分)

画像18: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『男として死ぬ』
(原題:Morrer Como Um Homem/To die like a man/ 監督:ジョアン・ペドロ・ロドリゲス/2009年/ポルトガル/133分)

画像19: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

「ラトビアのショートアニメ特集」

画像20: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

『タイガー』 監督:J・ツィメルマニス/2010年/8分
『新種の発見』 監督:E・ラーツィス/2008年/10分
『子豚の冒険』 監督:D・リードゥセ/2016年/10分
『デディベア』 監督:N・スカパーンス/2007年/8分30秒
『魔法使いのボタン』監督:同/2006年/7分
『素晴らしい1日』 監督:同/2010年/14分)

特別プログラム

「ワイダとツィブルスキ ― ポーランド派の名監督と名俳優」
講演者:タデウシュ・ルベルスキ
(上映作品:『スビシェク』 監督:ヤン・ラスコフスキ/1969年/ポーランド/70分)

画像21: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

「OKI(沖)/Oki ー In the Middle of the Ocean」 特別上映
(上映作品:『OKI(沖)/Oki ー In the Middle of the Ocean』 監督:マリス・マルテンソンス/2014年/ラトビア、米国/85分)

画像22: 今年も開催「EUフィルムデーズ2017」開催15周年には日本初上映作10本の他『シング・ストリート 未来への歌』『私に構わないで』などEU映画の全貌をー

この度本映画祭の上映プログラムを紹介する予告映像が公開となりました!

画像: 「EUフィルムデーズ」2017予告 youtu.be

「EUフィルムデーズ」2017予告

youtu.be

EUフィルムデーズ2017
◆東京会場:東京国立近代美術館フィルムセンター(5/26(金)ー6/22(木))
◆京都会場:京都府京都文化博物館(6/3(土)ー6/25(日))

5/26(金)ー6/22(木) 東京国立近代美術館フィルムセンター
6/3(土)ー6/25(日) 京都府京都文化博物館にて開催!

This article is a sponsored article by
''.