【5/11大ヒット記念トークイベント実施レポート】

第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)受賞、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、見事、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門受賞し、オスカーの栄光を手にした『ムーンライト』が一見そうは見えないが、実はものすごくピュアなラブストーリーだった!とジワジワ口コミで広がり続け、現在大ヒット公開中です。

本作は、自分の居場所を探し求める主人公の姿を、色彩豊かで圧倒的な映像美と情緒的な音楽と共に3つの時代で綴った物語。
この度、『ムーンライト』を、「屈指の歴史的な名作で文句なし」と絶賛の音楽・文筆家の菊地成孔さんと、「誰も想像できなかった、でも世界中が待っていた現代社会を照らす作品」と評価する映画・音楽ジャーナリストの宇野維正さんをゲストにお招きし、トークイベントを実施されました。

■ 日時:5月11日(木)
■ 場所:シネマート新宿・スクリーン1
 (新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル6F・7F)
登壇者 音楽家・文筆家 菊地成孔 映画・音楽ジャーナリスト宇野維正

上映後、会場が余韻に浸る中、音楽家・文筆家の菊地成孔さん、映画・音楽ジャーナリストの宇野維正さんが登場。

黒人映画の歴史を変えた!!
高い美意識と綿密に練られた脚本・演出
「文句なしの名作。細部のこだわりまで観てほしい」

画像: 左より映画・音楽ジャーナリストの宇野維正さん 音楽家・文筆家 菊地成孔さん

左より映画・音楽ジャーナリストの宇野維正さん 音楽家・文筆家 菊地成孔さん

本作の魅力について、「皆さん同じことを感じていると思いますが、一般的に今までのアフロアメリカンを扱った黒人映画はトーンが決まっていて、人種差別に苦しむアフロアメリカンたちの差別問題に対する怒りを饒舌にアッパーに描く作品が多く、その色彩感は激しいものが多かった。本作にはそれ以上のものがあり、今までの黒人映画では見たことのない色彩感覚だった」と語り、「『ムーンライト』というタイトルに象徴されるように、月光が光学的に効いており、とても静かに進んでいく物語。本作は3部構成になっているが、1部と2部が回想で色彩が非現実的に描かれているのに対し、3部は主人公・シャロンの現状を描いているため、3部だけが黒人映画の従来のマナーで作られ現実を表現している。だから1部2部ではなかったヒップホップが3部では流れている」と本作を分析しました。

また本作の細部までこだわった演出に脱帽したという二人。
「1部で主人公の父親代わりになるフアン(マハーシャラ・アリ)が乗っている車のナンバーが“ブルー”であり、3部では主人公・シャロン(トレヴァンテ・ローズ)はフアンの愛車と年代は違うものの同じ車種に乗っており、その車のナンバーは“ブラック”。フアンを生き写したかのような生き方をする大人になったシャロンは、自分の愛する人だけが呼んだ呼び名をナンバーにつけている。」というこだわりの演出を説明。
他にも「1部でフアンがシャロンに海で泳ぎ方を教えるシーンはキリスト教の洗礼の要素が入っている」と言及し、「幼少期のシャロンがフアンによって洗礼を受けることによって、フアンの意思を継ぎ、成長してフアンと同じ職業、同じマッチョなルックスになっていく。また、幼少期のシャロン役のアレックス・ヒバートは当時本当に泳げなかったが、あの場で泳ぎを覚えたというリアリティを持ち合わせている」と裏話も披露しました。
さらに、ブラジルのシンガーソングライターのカエターノ・ヴェローゾの曲が使われていることに対し、「そもそも『ムーンライト』の「月明かりで黒人の肌は青く見える」というのはキューバの話として出てくる台詞である。北米におけるR&Bやヒップホップだけでなく、中南米への目配せもあるという、この凝り方!細かいところも張り巡らせていて、本当によく作られている!」と大絶賛。細部にまで是非注目してほしいと述べました。

画像: 音楽家・文筆家 菊地成孔さん

音楽家・文筆家 菊地成孔さん

『ムーンライト』が作品賞を受賞した今年のアカデミー賞で、作品賞にノミネートされた黒人女性を描いた映画『Hidden Figures』(『ムーンライト』でフアンの恋人役で聖母のような存在として活躍したジャネール・モネイも出演)が日本で劇場公開されるという話題になり、このような黒人を描いた映画が日本で公開されるようになったのも、『ムーンライト』が、インテリで芸術に精通している黒人映画の高い美意識と、脚本や演出に対する綿密さを兼ねそろえ、映画としてものすごく意識が高いところにあり、黒人映画を切り開いていくことができた作品であるからと、本作の存在がいかに黒人映画史に影響を与えたのかを讃えました。

菊地成孔
音楽家・文筆家・音楽講師・クラブDJ・作詞家など多彩な顔を持つ。音楽作品に「南米のエリザベス・テイラー」(ソロ)や「夜の歴史」(菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール)、著書に『スペインの宇宙食』(小学館文庫)、『レクイエムの名手 菊地成孔追悼文集』(亜紀書房)など。

宇野維正
映画・音楽ジャーナリスト。「リアルサウンド映画部」主筆。現在、「MUSICA」「装苑」「GLOW」「NAVI CARS」「クイック・ジャパン」などで批評やコラムや対談を連載中。著書『1998年の宇多田ヒカル』(新潮新書)。

画像: ■	日時:5月11日(木) ■	場所:シネマート新宿・スクリーン1 (新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル6F・7F) 登壇者 音楽家・文筆家 菊地成孔      映画・音楽ジャーナリスト宇野維正


【イントロダクション】
彗星のごとく現れ、各国の賞レース席巻!
そして、、ゴールデン・グローブ賞アカデミー賞の作品賞を獲得!
タイム誌、NYタイムズ誌、ワシントン・ポスト誌、ローリングストーン誌など、全米メディアが、2016年ベスト1ムービーに選出!
自分の居場所を探し求める主人公の姿を、色彩豊かで圧倒的な映像美と情緒的な音楽と共に3つの時代で綴ったこの物語に、世界中が瞬く間に虜になった。北米で大ヒットを記録し、第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)受賞、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ(現在、130部門受賞、308部門ノミネート)、世界中から熱狂的な賛辞を贈られている。なぜ『ムーンライト』が世界中を魅了しているのか―。それは、人種、年齢、セクシュアリティを越えた普遍的な感情が描かれているからだ。どうにもならない日常、胸を締め付ける痛み、初恋のような切なさ、いつまでも心に残る後悔・・・思いもよらない再会により、秘めた想いを抱え生きてきたシャロンの暗闇に光がさしたとき、私たちの心は大きく揺さぶられ、深い感動と余韻に包まれる。

画像: 日本だけのオリジナル予告『ムーンライト』 youtu.be

日本だけのオリジナル予告『ムーンライト』

youtu.be

【STORY】 
自分が何者かを探し、そして自分を愛することが出来たとき、初めて誰かを愛することが出来る。
主人公シャロンのあまりに純粋すぎる一途な想いに、世界中が虜になった―最も美しい愛の物語
名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされる日々のなか、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になってもそんな日々は続いていたある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れる…しかし、ある裏切りに遭い2人は別々の道へと進む。そして、大人になり再会した2人。静かに語り合うなか、どんなに時が流れても忘れられずにいた想いが募る・・・

監督・脚本:バリー・ジェンキンス エグゼクティブプロデューサー:ブラッド・ピット
キャスト:トレバンテ・ローズ、アッシュトン・サンダース、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、アンドレ・ホーランド © 2016 A24 Distribution, LLC 提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ/朝日新聞社 配給:ファントム・フィルム【2016/アメリカ/111分/シネマスコープ/5.1ch/R15+】原題:MOONLIGHT

全国大ヒット公開中!!

This article is a sponsored article by
''.