大阪アジアン映画祭出品作 映画『蹄』、予告編が解禁!

映画『蹄』をなぜ撮るのか

人間の美しさは時代や場所により変容し続けている。今、「美しさ」は強大な商品となった。

毎日のように新しい美しさが提示され男も女も這いつくばってそれを追いかける。私もその一人だ。正しい「美しい体」とは無縁の体型の持ち主であった私は、幼い頃から自分の体を恥じていた。成長してからも自分が正しい体に成りえたと思ったことは一度もない。しかし最近になり、自分の身体に取り憑かれる人々や自分自身を客観的に滑稽だと感じるようになった。私はこの滑稽さに真摯に向き合いたい。自身の体を恨む全ての人がその必死になる自分の姿を少し笑えるといいなと思う。この映画が、頭の中にある刷り込まれたイメージを一人ひとりが再構築するきっかけの一つになりたい。

監督 木村あさぎ

クラウドファンディングもあと1日!

手塚眞さんからの応援コメントも到着!

この度、第 13 回 CO2 助成企画に選出された、若手映画監督木村あさぎによる初の長編劇映画『蹄』の予告編が、MotionGallery プロジェクトページにおいて公開されましたことをお知らせします。

ロケーションは大阪のほか、監督の出身地である沖縄本島、八重山諸島で行われ、監督の強い意向から、撮影には Panasonic 社より 15 年前に発売された AG-DVX100 が使用されております。
「”本質を探し続ける”ファンタジー映 画」と謳われる作品の一片を垣間見ることのできるミステリアスな映像を是非ご覧ください。クラウドファンディン グは今月末 28(火)で最終日を迎えます。

画像1: 手塚眞さんからの応援コメントも到着!
画像2: 手塚眞さんからの応援コメントも到着!
画像3: 手塚眞さんからの応援コメントも到着!

 本作出演陣によるコメント、さらに、木村あさぎ監督のイメージフォーラム映像研究所時代の恩師である手塚眞さんからいただいた『蹄』への応援コメントが到着しましたので、ご紹介します。

「木村監督の映像から目が離せない。「こんな映画作家に登場してほしい」という望みを叶えてくれそうな、すてきな感性の出現を嬉しく思います。」-手塚眞(ヴィジュアリスト)

出演者コメント

「この映画、一体どんな仕上がりになるんだろう?」監督と初めて会った日から撮影を終えた今でもずっとワクワクしながら考えてます。監督の頭の中にある言葉に表せない何か、その何かを純粋に探し求める旅を皆でした気がします。それが何だったのかは未だ分かりません。でも一つだけ確信を持って言える事は、僕はこの映画を観たくて観たくて堪らないって事です。」-木村知貴 悠役

画像1: 出演者コメント


「はじめての演技で緊張していたことを抜きにしても、撮影中カメラの前で演技していたことをほとんど思い出せません。 監督を始め桐華を映像の中に作りたいと強く望んだ全スタッフの力で私に桐華が取り憑いて、動いて喋っているだけだったのかと思うくらいに。 それだけの強い思いや力を込めた結果出来上がったのがこの映画「蹄」なのだと思っています。」-イシヅカユウ 桐華役

画像2: 出演者コメント

「欲求と欲望がごっちゃになった人がいる中、常識や道徳や自己否定によって欲に蓋をしている人もいます。 この映画作りで、監督と欲の根源を探すやりとりをしてきました。表面的な欲は幼い時の心の傷や衝撃的な事にたくさんのベールを包んでいて、剥いた時驚くほどシンプルで、今では愛おしく思える欲がいました。 この映画に出てくる人たちはそんな愛おしい欲を一緒に探してくれると思います。」-打越梨子 キ役

画像3: 出演者コメント


「自分だけのとっておきの映画にして欲しい。たとえ、自分が自分を認められなくても。それだけは守って欲しい。」横田光亮 虫屋の横田役

画像4: 出演者コメント


 本作は第12回大阪アジアン映画祭「インディ・フォーラム部門」にてワールドプレミア上映が決定しており、現在チケットが好評発売中です。
(作品情報:http://www.oaff.jp/2017/ja/program/if02.html
「インディ・フォーラム部門」は、新鋭監督の12作品が参加。2016年よりこの部門に「JAPAN CUTS Award」という賞が設立されました。

映画『蹄』特報

画像: 映画『蹄』特報 youtu.be

映画『蹄』特報

youtu.be

あらすじ

「私ウシなの」という言葉を残して、桐華は消えた。
花屋を営む男、悠は、関係のあった女、桐華が消えた事を知る。
悠は〝かつて桐華であったウシ〟を探し、彷徨った末に故郷の南の島に辿り着く。そこで虫屋として生きる兄の明善と再会するのであった。
明善は海中に生息する蛾の研究に没頭し、彼の家族もまた奇妙な空気感に包まれていた。
そして兄弟は微妙な距離間を保ちながら、共に〝ウシ〟を探すことになり…

【映画『蹄 hizume』作品情報】
監督・脚本:木村あさぎ 
出演:木村知貴 イシヅカユウ 木村正明 打越梨子 横田光亮
プロデューサー:池添俊
撮影:小田切瑞穂
照明:浅川周
録音:新井希望、増田岳彦
整音:新井希望
音楽:大塚惇平
助監督:平田圭一
撮影助手:山口理沙|照明助手:武藤成美
美術:太田直里|美術助手:巫美麗
制作:小崎高司
ヘアメイク:井上まあさ
衣装:横田光亮
衣装制作:佐藤奈巳
小道具:加賀谷静
スチール:亀山紘
編集協力:小崎高司
デザイン:星加陸
広報:髭野純
第13回シネアスト・オーガニゼーション大阪 
©映画『蹄』製作委員会

This article is a sponsored article by
''.