今回新スローガンの導入を機に、アース製薬の理念や世界観を表現したショートフィルム『吉田家の縁側』を制作しました。
監督に『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞、同最優秀監督賞などを受賞した石井裕也、主演に『バトル・ロワイアル』で第24回日本アカデミー賞優秀俳優賞に輝いた前田亜季を迎え、ある家族の縁側での心のふれあいを、1本のショートフィルムにしている。

アース製薬グループは50%を超える市場シェアを有する家庭用殺虫剤のほか、入浴剤「バスクリン」「バスロマン」や洗口液「モンダミン」、防虫剤「ミセスロイド」など皆様の生活に密着した日用品やペット用品を扱う家庭用品事業を中心としております。このほか、食品工場の製造ラインでの異物混入や汚染防止などのコンサルティングを行う総合環境衛生事業を通じて、着実に成長を続けてまいりました。
昨年発表した中期経営計画の中では2020年に連結売上2000億円の達成を目指しており、
さらなる成長機会を求めて海外事業の強化を最重要課題として掲げています。
今後さらにグローバルな展開を進める上で、これまでのカタカナ表記「アース」を用いたロゴから、世界中の人々に社名とメッセージを伝えるために、英語表記「EARTH」にコーポレートロゴを変更し、「Act For Life」というスローガンを作成しました。
■新コーポレートロゴの意味
●アース製薬の社名から「地球」をモチーフとし、企業としてのグローバルな展開を表現
●青い地球は安全かつ快適な「Life」を表現
●赤く跳ねたワンポイントはアース製薬の行動「Act」を表現
●「EARTH」の「A」はベストを目指しチャレンジする姿勢を表現
社名の「EARTH」の下に添えられたスローガン「Act For Life」は、当社の経営理念である
「生命と暮らしに寄り添い、地球との共生を実現する」を簡潔に英語で表現したものです。
この「Act For Life」には、私たちが地球上のすべての人々に必要とされる商品・サービスを提供することで、
社会と共に発展し、成長したいという意思を込めています。この「Act For Life」を親しみやすく覚えやすいように、
「地球を、キモチいい家に。」と訳し日本国内でのスローガンとして使用してまいります。
今後、この新たなロゴを順次、製品パッケージや広告などに使用してまいります。

『吉田家の縁側』石井裕也監督

「吉田家の縁側」

youtu.be

ひとつとして同じものはない人生や暮らしに、そっと寄り添い、見守る存在でありたい。ずっと変わらないアース製薬の想いが、石井裕也監督の手でショートフィルムになりました。互いを思いやり、見守りながらそれぞれの人生を歩む、あるひとつの家族の物語です。

毎日、気持ちよく、暮らす。

この地球で、それができている人は、何人くらいいるでしょう。
気持ちのいい暮らしは、簡単にはつくれません。
でも、みんなが毎日気持ちよく暮らせる世界をつくれたなら、
地球はもっと、平和で幸福な場所になると思うのです。

一見地味で目立たないアイデアや工夫を、何万回も積み重ねた商品力で、陰ながら地球で暮らすみんなのお家を、すこしずつ気持ちよくしていく。それが、私たちアース製薬の使命です。

地球を、キモチいい家に。

『吉田家の縁側』
出演:
前田亜季
竹野谷咲
歌川椎子
執行佐智子

監督:石井裕也
助監督:石井純
撮影:鎌苅洋一
照明:長田達也
美術:渡辺大智
ヘアメイク:豊川京子
スタイリスト:立花文乃
キャスティング:酒井香保里
録音:高須賀健吾
音響効果 松浦大樹
音楽:渡邊崇
編集(オフライン):普嶋信一
編集(オンライン):萩原千尋
プロデューサー:中村悟
制作担当:番場佑
制作プロダクション:GunsRock

This article is a sponsored article by
''.