刊行から50年、遠藤周作没後20年の2016年。
世界の映画人たちに尊敬され、アカデミー賞®にも輝く巨匠マーティン・スコセッシ監督が、戦後日本文学の金字塔にして、世界20カ国以上で翻訳され、今も読み継がれている遠藤周作「沈黙」をついに映画化した。

1988年にスコセッシが原作と出会ってから28年、いくつもの困難を乗り越えて実現した一大プロジェクトだ。
キャストは主演のアンドリュー・ガーフィールドを筆頭に、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら、各世代の実力派が名を連ねる。
さらに、全員でアカデミー賞®受賞6回、アカデミー賞®ノミネート23回のスコセッシゆかりの最高のスタッフと、時代考証や美術で日本人チームが参加し、舞台となる江戸初期の長崎を再現。

人間の強さ、弱さとは?信じることとは?そして、生きることの意味とは?

貧困や格差、異文化の衝突など、この混迷を極める現代において、人類の永遠のテーマをあまりに深く、あまりに尊く描いた、マーティン・スコセッシの最高傑作にして本年度アカデミー®賞最有力作品がいよいよ上陸する。

この度、『沈黙-サイレンス-』の舞台となる長崎の荒れた海を背景にした、日本版ポスターが完成した。

画像: (c) 2016 FM Films, LLC.  All Rights Reserved.

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

日本オリジナルとなるビジュアルは、重い雲が空を覆い、激しい波が打ち寄せる長崎にたどり着いた二人の宣教師、ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライバー)の姿をとらえている。棄教したとされる師フェレイラ(リーアム・ニースン)を探すため、固い信念を胸に長崎へと潜入した瞬間だ。雲の切れ目からは一条の陽光が差し込んでいる。

ポスターの上部には、宣教師たちを導くキチジローを演じた窪塚洋介、通辞役の浅野忠信、激しい弾圧を行う井上筑後守=イッセー尾形、敬虔な信者モキチ=塚本晋也、イチゾウ=笈田ヨシ、長崎奉行に囚われたキリシタンの村人を演じる加瀬亮、小松菜奈ら、主要キャストの写真が並ぶ。また、ポスター完成に伴い、劇場で上映が開始された特報も同時解禁となる。

なぜ、弱きわれらが苦しむのか------
若き宣教師ロドリゴが見た想像を絶する日本とは。そして、彼を待ち受ける過酷な運命とは。
ハリウッドと日本の技術、才能、パッションが融合し、人間にとって本当に大切なものとは何かを、壮大な映像で問いかける歴史大作に是非ご注目下さい。

画像: 『沈黙-サイレンス-』日本版特報 原作 遠藤周作「沈黙」×監督 マーティン・スコセッシ youtu.be

『沈黙-サイレンス-』日本版特報 原作 遠藤周作「沈黙」×監督 マーティン・スコセッシ

youtu.be

【STORY】

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。
日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。
それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。
心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。
追い詰められた彼の決断とは―

映画『沈黙-サイレンス-』
原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊) 原題:Silence 
監督:マーティン・スコセッシ 
脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ
撮影:ロドリゴ・プリエト 
美術:ダンテ・フェレッティ 
編集:セルマ・スクーンメイカー

出演:アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー 
窪塚洋介 浅野忠信 イッセー尾形 塚本晋也 小松菜奈 加瀬亮 笈田ヨシ 
配給:KADOKAWA 
(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

『沈黙-サイレンス-』は、1月21日(土)より、全国ロードショー。

This article is a sponsored article by
''.