⭐︎ホセ・ルイス・ゲリン『ミューズ・アカデミー』試写会&トークショウ⭐︎

『シルビアのいる街で』のホセ・ルイス・ゲリン監督の『ミューズ・アカデミー』の試写会&監督のトークイベント(ゲリン×ヴィヴィアン佐藤)があります。

11/18fri 18:30−  スペイン大使館。
スペイン大使館 106−0032 港区六本木1−3−29

ホセ・ルイス・ゲリン監督 映画「ミューズ・アカデミー」試写会
@スペイン大使館(東京都港区)

2016年11月18日(金) 5組10名様ご招待!
ご応募〆切:2016年11月11日(金)AM11:00

ご応募は下記より! 

試写会:ホセ・ルイス・ゲリン監督 映画「ミューズ・アカデミー」

日時:11月18日(金)18:00開場 18:30上映開始 
20:05ホセ・ルイス・ゲリン監督によるトークイベント 21:00 イベント終了

※開場/開演時間は変更になる可能性がございます。
※当選発表は発送をもって代えさせていただきます。
当選された方へは当選メールをお送りします。
会場:スペイン大使館(港区六本木1丁目3−29)

映画『ミューズ・アカデミー』予告編

youtu.be

作品詳細
「シルビアのいる街で」で日本の多くのファンの心をつかんだスペインの映像作家、ホセ・ルイス・ゲリン監督の最新作。
バルセロナ大学の教室で、イタリア人のピント教授は、現代のミューズ像を探るべく「ミューズ・アカデミー」を開講する。それは、詩を通じて世界を再生させる画期的な授業のはずだった・・・。
本作は実際の大学教室でくりひろげられる授業風景と、そこから派生する彼らの私生活のドラマが見事に交差した斬新なフィクション・ドキュメンタリー。教室と女たちの白熱する議論は、知的なのにとんでもなくユーモラスで、またときにエロティックな展開さえ生み出す。果たして「ミューズ・アカデミー」の行きつく先は、文学の新しい未来か?それとも彼ら自身の恋愛物語か?言葉とまなざしが交錯する教室で、美と愛の講義が始まる!


監督・脚本・撮影: ホセ・ルイス・ゲリン
出演: ラファエレ・ピント / エマヌエラ・フォルゲッタ / ロサ・デロール・ムンス / ミレイア・イニエスタ
2015年 / スペイン / 92分 / デジタル / スペイン語・イタリア語・カタルーニャ語

2017年1月7日(土)より、東京都写真美術館にて公開

ホセ・ルイス・ゲリン監督とヴィヴィアン佐藤

ヴィヴィアン佐藤 略歴

美術家、文筆家、非建築家、映画批評家、ドラァグクイーン、プロモーター。ジャンルを横断していき独自の見解で何事をも分析。自身の作品制作発表のみならず、「同時代性」をキーワードに映画や演劇など独自の芸術論で批評/プロモーション活動も展開。 野宮真貴、故山口小夜子、故野田凪、古澤巌など個性派のアーティストとの仕事も多い。2011年からVANTANバンタンデザイン研究所で教鞭をもつ。各種大学機関でも講義多数。 

Next

This article is a sponsored article by
''.