現在開催中の”日本映画の現在”で1日だけ上映される『火まつり』

2016/09/24 ~ 2016/10/14まで開催されている”日本映画の現在”
深田晃司監督、三宅唱監督、横浜聡子監督、空族(富田克也監督、相澤虎之助監督)、入江悠監督、真利子哲也監督。
自主映画、商業映画の垣根を越え、日本映画を牽引する7人の監督の作品を上映し開催されているこのイベントは渋谷のシネマヴェーラ渋谷で開催されています。

すでに後半の入っており、空族(富田克也監督、相澤虎之助監督)、入江悠監督、真利子哲也監督を残すのみになっておりますが、10月4日空族の招待上映と称して、中上健次原作の伝説的映画、柳町光男監督の『火まつり』が1日だけ上映されることがわかりました。
今回の上映は、空族特別招待作品として、柳町監督自身もトークに参加するとのことで、貴重なイベントとなります。

画像: http://oldworldwisdom.tumblr.com/page/14

http://oldworldwisdom.tumblr.com/page/14

10月4日(火)17:50
空族特別招待作品『火まつり』+トーク
ゲスト:柳町光男​

『火まつり(35mm)』1985年

監督:柳町光男

出演:北大路欣也、太地喜和子、宮下順子、三木のり平

海洋公園の建設を巡って揺れる田舎町で生け簀に重油が撒かれ、それが開発反対派の木こり・達男の仕業だと噂が立つ。そんなある日、嵐の中で山の神と交感した達男は…。1985年に熊野市二木島で実際にあった事件をモデルに、自然と人間、土着的な神話と現実を見事に融合させて描いた、柳町映画と中上文学の到達点。

画像: http://movies.yahoo.co.jp/movie/ 火まつり/149425/

http://movies.yahoo.co.jp/movie/火まつり/149425/

その他10月3日以降の上映作品

(すでに深田晃司監督、三宅唱監督、横浜聡子監督作品上映は終了しております)

富田克也監督

『雲の上 インターナショナル再編集版(デジタル)』『国道20号線(デジタル)』
『サウダーヂ(35mm)』

相澤虎之助監督

『花物語バビロン(デジタル)』『かたびら街(デジタル)』
『バビロン2 - THE OZAWA-(デジタル)』

富田克也、相澤虎之助 共同監督

『FURUSATO2009(デジタル)』

入江悠監督

『SR サイタマノラッパー(デジタル)』
『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム(デジタル)』
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ(デジタル)』
『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者(デジタル)』
『ふたがしら シーズン1第1話(デジタル)』『Watch me(デジタル)』
『狂人日記(デジタル)』

真理子哲也監督

『真利子哲也監督自選集』
国内外から絶賛された『極東のマンション』『マリコ三十騎』を含む4作品を真利子監督自ら選出。

『真利子哲也監督習作集(デジタル)』
「人畜」2002年/8分「マスチフ」2006年/23分「ニコラの橋」2007年/30分「エルサント」2011年/21分

『イエローキッド(デジタル)』
『FUN FAIR(デジタル)』
『あすなろ参上!(デジタル)』
『ディストラクション・ベイビーズ(デジタル)』

トークショーも豪華に開催中 黒沢清監督、安藤サクラ--

トーク:10/4(火) 17:50「火まつり」上映後に開催
ゲスト:柳町光男監督

入江悠監督(10/6~10/9)
トーク:10/6(木) 18:40「ふたがしら」上映後に開催
ゲスト:SOIL&"PIMP"SESSIONS(社長)
    中島かずきさん(脚本家)

トーク:10/7(金) 18:40「SR サイタマノラッパー」「Watch Me」上映後に開催
ゲスト:P.O.P(上鈴木タカヒロさん、上鈴木伯周さん)

トーク:10/9(日) 18:40「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」上映後に開催
ゲスト:安藤サクラさん

真利子哲也監督(10/10~10/14)
トーク:10/10(月祝) 18:30「ディストラクション・ベイビーズ」上映後に開催
ゲスト:黒沢清監督

トーク:10/14(金) 18:30「自選集」上映後に開催
ゲスト:松江哲明監督

スケジュール詳細は下記まで

This article is a sponsored article by
''.