全米で9月16日に2,000館規模のロードショー公開が控え、今年最大の注目を集めるスリラームービーが早くも日本公開決定!

『ブレア・ウィッチ』(原題:『Blair Witch』)が、12月1日(木・映画の日)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ他にて全国公開することに決定しました。

1999年に6万ドルという超低予算で製作されながら、世界興行収入2億4,800万ドルという記録的な大ヒットをたたき出し、世界中で大ブームを巻き起こした伝説のホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』。17年ぶりにその“正統なる”続編が誕生した。

画像: © 2016 Lions Gate Films Inc.  All Rights Reserved.

© 2016 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

監督は、『サプライズ』『ザ・ゲスト』などのサスペンス・スリラーで注目されているアダム・ウィンガード。Netflixが日本の大ヒットコミックを実写映画化するハリウッド版『デスノートDeath Note) 』の監督にも抜擢された、今最も期待を集める新鋭監督だ。

オリジナルで感じた吐息がかかるほどの世にも恐ろしい臨場感はそのままに、ヘッドセットカメラやドローン、HDSLRなど現代の最新テクノロジーを使用し、映画史上最も恐ろしい物語をスクリーンに映し出す。

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』では、映画学科に所属する3人の大学生ヘザー、ジョシュ、マイクが、その土地に今なお残る伝説の魔女“ブレア・ウィッチ”をテーマにしたドキュメンタリー映画製作のため、メリーランド州ブラック・ヒルズの森に分け入った。だが3人はそのまま消息を絶ち、手掛かりが発見されないままやがて捜索は打ち切られる。しかし事件から1年後、彼らが撮影したものと思われるフィルムとビデオが森の中で発見されたのだ。

本作『ブレア・ウィッチ』は事件の20年後、ヘザーの弟・ジェームズがYouTubeで姉らしき人物が映った映像を見つけるところから物語が始まる。そして仲間と共にあの「森」に踏み込むのだが・・・。
今年の夏に開催されたアメリカ・コミコンでの世界初プレミア上映で、いち早く本作を観たメディアに、「真に恐ろしい映画体験」「映画史上最も恐ろしい映画」と言わしめた本作。
今回ついに日本版予告編が解禁!

思わず「オーマイガー・・」と言わずにはいられない、想像を絶する恐怖に四方八方から襲いかかられ、ジェームズと仲間たちそして「あなた」も、もう発狂寸前?!
予告編のところどころに隠された恐怖のカケラを集めて、本編公開で待ち受けている「夢に出るほどのトラウマ体験」を、よりドキドキゾクゾク楽しみにしてみては。

ポスタービジュアルに赤々と刻まれたしるし、20年前ブラック・ヒルズの森で目撃した“あれ”から、ああ一刻も早く逃げ出したいけど、足がすくんで動かない・・・。
2016年、ホラー映画史に牙をむく“衝撃”を、あなたは今、目撃する。

画像: 『ブレア・ウィッチ』日本版予告 youtu.be

『ブレア・ウィッチ』日本版予告

youtu.be

【STORY】
かつてヘザーは、“ブレアの魔女”をテーマにしたドキュメンタリー映画製作のため、ブラック・ヒルズの森を訪れたまま消息を絶った。しかし彼女の失踪から20年後、弟のジェームズはYouTubeで姉らしき人物が映った映像を見つける。姉を救うため、そして“ブレアの魔女”の謎を解くために仲間たちと共にあの「森」に踏み込むのだが・・・。

監督:アダム・ウィンガード『サプライズ』『ザ・ゲスト』
脚本:サイモン・バレット『サプライズ』『ザ・ゲスト』
出演:ヴァロリー・カリー、ジェームズ・アレン・マキューン、ウェス・ロビンソン
提供:博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、ハピネット
配給:ショウゲート
原題:Blair Witch/2016年/アメリカ/90分/5.1ch/カラー/シネスコ/
日本語字幕:種市譲二
© 2016 Lions Gate Films Inc.  All Rights Reserved.

12月1日(木・映画の日)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

This article is a sponsored article by
''.