黒沢清監督が初めてオール外国人キャスト、全編フランス語で撮りあげた
最新作『ダゲレオタイプの女』(10月15日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開)の予告編と本ビジュアルが完成致しました!

本作は、『岸辺の旅』で2015年カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞、本年度ベルリン国際映画祭では『クリーピー 偽りの隣人』が正式出品され、好評を博すなど、世界中に熱狂的な支持者を持つ黒沢清監督の最新作。
先日、9月8日から開催される北米最大の映画祭である第41回トロント国際映画祭への正式出品も決定し、公開を前に国内外から高い注目を集めています。

画像: 撮影中の黒沢監督 https://www.facebook.com/dagereo/

撮影中の黒沢監督

https://www.facebook.com/dagereo/


世界最古の写真撮影方法“ダゲレオタイプ”を軸に、芸術と愛情を混同した写真家の父の犠牲になる娘と、“撮影”を目撃しながらも娘に心を奪われていく男の、美しくも儚い愛と悲劇の物語を描き出しました。

主役のジャンを演じるのは、数々の名匠の作品への出演が続くタハール・ラヒム。ジャンが想いを寄せるマリー役に『女っ気なし』の新星コンスタンス・ルソー、
マリーの父であり、ダゲレオタイプの写真家をダルデンヌ兄弟作品で知られるオリヴィエ・グルメ。そして、デプレシャン作品常連の名優マチュー・アマルリックが脇を固めます。

完成した予告編は、観る者を一気に黒沢清監督の世界観に引きずり込んでしまうような、
登場人物たちの“愛”が引き起こす、想像を超える悲劇的ラストを予感させるものとなりました。
また、フランスのロケーションとキャストが、これまでの黒沢清監督作品とはひと味違った雰囲気を感じさせつつ、監督ならではの美しくもどこか不穏な映像も光ります。

そして、今回完成したビジュアルは、愛おしい眼差しで、長時間の写真撮影のためマリーを固定器具で拘束する主人公ジャン。そして、“ダゲレオタイプ”で撮影された銀板に映るマリーが、永遠性を持った異様な存在感を放つ、印象的なものになりました。

画像1: (C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS – LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinéma

(C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS – LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinéma

予告編も完成!

画像: 『ダゲレオタイプの女』 予告篇 youtu.be

『ダゲレオタイプの女』 予告篇

youtu.be

【ストーリー】

ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、
ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。
芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、
撮影に魅了されながらもただマリーとともに生きたいというジャンの願い、そして、自ら命を絶っていたステファンの妻の幻影…
愛が命を削り、愛が幻影を見せ、愛が悲劇を呼ぶ。世界最古の撮影を通して交わされる愛の物語であり、愛から始まる取り返しのつかない悲劇。

画像2: (C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS – LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinéma

(C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS – LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinéma

出演:タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー、オリヴィエ・グルメ、マチュー・アマルリック 
監督・脚本:黒沢清
撮影:アレクシス・カヴィルシヌ
音楽:グレゴワール・エッツェル 
フランス=ベルギー=日本合作
原題:La Femme de la Plaque Argentique 
製作:FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS –
LFDLPA Japan Film Partners(ビターズ・エンド、バップ、WOWOW) - ARTE France Cinéma  
配給:ビターズ・エンド
(C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS – LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinéma

10月15日(土)より、
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開!

This article is a sponsored article by
''.