『アリスのままで』 ジュリアン・ムーア最新主演作
アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞した、感動の実話の映画化

ジュリアン・ムーア、エレン・ペイジが共演した感動の実話の映画化『Freeheld』の邦題が、『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』に正式決定、2016年11月26日(土)より、新宿ピカデリー他全国 順次公開いたします。

2006 年、ローレル・へスターとステイシー・アンドレという、実在の二人の女性の、愛と自由をかけた闘いを記録したドキュメ ンタリー映画『フリーヘルド』(映画祭上映題)がアカデミー賞を受賞。本作は、その実話をもとに、『フィラデルフィア』で数々の 映画賞にノミネートされたロン・ナイスワーナーが脚本化、ピーター・ソレット(『キミに逢えたら!』)が監督を務めています。

主人公ローレルのパートナー・ステイシー役は、本作のプロデューサーにも名を連ねるエレン・ペイジ(『JUNO』/ジュノ)、ローレルを支える同僚刑事デーン役にマイケル・シャノン(『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』)、活動家スティーブン役 にスティーヴ・カレル(『フォックスキャッチー』)と、アカデミー賞ノミネート経験を持つ演技派が共演に名を連ねています。

今回解禁されたポスタービジュアルでは、主人公ローレルを演じるジュリアン・ムーアと、そのパートナーを演じるエレン・ペイジが寄り添う、温かみのある雰囲気があふれるメイン写真に、「愛があなたを強くする」という力強いキャッチコピーが添えられ、 感動のドラマであることを予見させる仕上がりになっています。

画像: © 2015 Freeheld Movie, LLC.  All Rights Reserved.

© 2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

今回の役を演じるにあたり、ジュリアン・ムーアは以下のようにコメントをしています。

「とても素敵な物語で、どうしても私がやらなければと感じたの。
愛は、どんな人間にとっても人生の大切なパートを為すものだと思う。
だれにとっても、どんな時代でも、その権利を阻むなんて馬鹿げているわ。
人と人を惹きつけるもの、そしてずっと一緒にいさせるものはいつも不思議な何かなの。
誰かと出会って、そんな風に本当の意味で恋に落ちるっていうのはとても珍しいことだと思うわ。
それこそみんなが素晴らしいと思って大切にしてほしい。」

画像: 映画『ハンズ・オブ・ラヴ』特報 youtu.be

映画『ハンズ・オブ・ラヴ』特報

youtu.be

《STORY》
20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。
ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、恋に落ちる。
年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、
郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。
しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。
自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。
だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。
病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

監督:ピーター・ソレット 『キミに逢えたら!』 
脚本:ロン・ナイスワイナー『フィラデルフィア』
出演:ジュリアン・ムーア『アリスのままで』、エレン・ペイジ『ジュノ/JUNO』、
   マイケル・シャノン『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』、スティーヴ・カレ   ル『フォックスキャッチャー』
主題歌:マイリー・サイラス『ハンズ・オブ・ラヴ』(ソニー・ミュージックレーベルズ) 
原題:Freeheld /2015/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/103分/日本語字幕翻訳:牧野琴子
配給:松竹 © 2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

This article is a sponsored article by
''.