『イージー・ライダー』や『ブルーベルベット』でも有名な俳優デニス・ホッパー(1936-2010)。
カメラマンとしても評価されていたことは、あまり紹介されていない。生前からも、多くの展覧会が開催されてきたが、実際に、彼の死後評価がますます高まっており、彼の友人であったジュリアン・シュナーベルのサポートのもと世界の権威あるガゴシアンギャラリーでの2013年の発表以来、ロンドンの王立芸術アカデミーでも2014年に、大掛かりな展覧会なども開催されている。
作品集としては、60年代のアートシーンを撮った『Out Of The Sixties』は特に有名。

現在はスウェーデンのヴェームランド博物館(Lärmlands Museum)で11月まで開催中です。

画像: 写真集 表紙

写真集 表紙

スウェーデンのヴェームランド博物館 デニス・ホッパー展覧会予告編

画像: Fotografen Dennis Hopper på Värmlands Museum youtu.be

Fotografen Dennis Hopper på Värmlands Museum

youtu.be

作品の多くは、1950年代の後期のLAや60年代のニューヨーク。彼自身が、多くの当時のアートシーンに深く入り込んでおり、アンディ・ウォーホルを始め、ロバート・ラウシェンバーグ、ジャスパー・ジョーンズなどのアーティストたちのプライベートな姿を多く作品に残している。
また、音楽シーンではアイク&ティナターナーや伝説のブライアン・ジョーンズなどに加え、当然当時の俳優たちの姿もポール・ニューマンやジェーン・フォンダなどが被写体となっている。
多くの作品で、1960年代に撮られているのだが、特にアンダーグラウンドなカルチャーからヒップに移行していくNYの生な空気感は、彼だからとれた作品と言えよう。

花を持ちわずかに微笑むアンディ・ウォーホル 1963
http://dangerousminds.net/comments/the_1960s_photography_of_dennis_hopper

アンディ・ウォーホルと仲間 1963
http://dangerousminds.net/comments/the_1960s_photography_of_dennis_hopper

ロバート・ラウシェンバーグ 1966
http://dangerousminds.net/comments/the_1960s_photography_of_dennis_hopper

現代美術 エド・ルシェ 1964
http://dangerousminds.net/comments/the_1960s_photography_of_dennis_hopper

アイク&ティナ・ターナー 1965
http://dangerousminds.net/comments/the_1960s_photography_of_dennis_hopper

ジェーン・フォンダ  マリブ 1965
http://dangerousminds.net/comments/the_1960s_photography_of_dennis_hopper

画像: 左から、アンディ・ウォーホル、ヘンリーゲルツァーラー、デイヴィッド・ホックニーやジェフ・グッドマン http://plginrt-project.com/adb/?p=28535

左から、アンディ・ウォーホル、ヘンリーゲルツァーラー、デイヴィッド・ホックニーやジェフ・グッドマン
http://plginrt-project.com/adb/?p=28535

画像: ダブルスタンダード   1961

ダブルスタンダード 1961

画像: ライダーのカップル 1961

ライダーのカップル 1961

画像: 網の影が映るポール・ニューマン http://plginrt-project.com/adb/?p=28535

網の影が映るポール・ニューマン
http://plginrt-project.com/adb/?p=28535

画像: デニス・ホッパー セルフポートレート http://dangerousminds.net/comments/the_1960s_photography_of_dennis_hopper

デニス・ホッパー セルフポートレート
http://dangerousminds.net/comments/the_1960s_photography_of_dennis_hopper

This article is a sponsored article by
''.