原作 朝井リョウ❌大根仁監督『何者』 人気、実力俳優6人の競演!スゴ!

平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した作品、朝井リョウによる『何者』(新潮文庫刊)が映画化されることがわかりました。
映画『桐島、部活やめるってよ』の原作者としても知られる、著者が、学生生活の日常から一転、就職活動を通して自分を見つめ、模索していく5人の大学生を描いた群像劇。
今から、多くの話題を集めています。

主演は『バクマン。』『世界から猫が消えたなら』主演作の公開が続く、いま最も熱い俳優佐藤健。
その他出演者もいまをときめくスターの面々が並び、女性陣は『ストロボ・エッジ』『ビリギャル』など出演した映画が軒並み大ヒットの有村架純、ここ数年の出演作で国内外の数々の映画賞受賞してきた二階堂ふみ。
同じく、2016年公開の作品が既に8本も発表されている、菅田将暉。
ますます、映画やドラマ、舞台へと活躍を広げるにも出演し、岡田将生。数々の大ヒット作品に出演してきている山田孝之と、いまの映画界を支える若手の実力者が勢ぞろいしています。

メガホンを取るのは『ボーイズ・オン・ザ・ラン』や『愛の渦』といった映画で、ますます次回作が期待されていた演劇界の若き鬼才・三浦大輔。

この度、ポスタービジュアルが初解禁となりました!

画像: http://nanimono-movie.com/01news/ #id003

http://nanimono-movie.com/01news/#id003

就職活動を題材にした本作の内容になぞり、就活の履歴書用証明写真を連想させるような各キャストのビジュアル。

“自分は「何者」なのか”と問いかけるような6人の証明写真風のビジュアルの周辺には、Twitterのアカウント名が見立てて表し、いまのSNSの世代を暗示しています。

”恋愛、友情、就活。これが僕たちのリアル”というコピーとともに、”超観察エンタテインメント”映画は、この秋一番の注目作品です!

そして、特報『何者』

画像: 『何者』特報 youtu.be

『何者』特報

youtu.be

2016年10月15日全国東宝系ロードショー

This article is a sponsored article by
''.