京都文化博物館フィルムシアターで開催中の、特集・映画のまち太秦90年〜その青春期の映画たち〜。
2月26日は『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』(1938)が上映されました。
根岸寛一がマキノ正博に、マキノ省三の没十周年記念に日活在籍のマキノ一党での『忠臣蔵』製作を持ちかけたのが始まりでした。

俳優陣は阪東妻三郎、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、月形龍之介と「空前、絶後」の顔合わせ。
天の巻は多摩川で、地の巻は太秦で、同時進行で撮影されました。
日活オールスターキャストというこいうことで、当時眼を患っていた轟由起子にも、盲目の娘・お千賀の役を新たに設定。

弱冠30歳のマキノ正博監督以下、マキノ一党は3週間足らずで『忠臣蔵』を完成させました。

今回の特集上映も、残すところあと2日!
貴重なフィルムでの上映を、ぜひお見逃しなく!

島津香蘭@シネフィル編集部

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

画像1: 『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』 1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ <天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎 <地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信 出演:阪東妻三郎(大石内蔵助)、片岡千恵蔵(浅野内匠頭/立花左近)、嵐寛寿郎(脇坂淡路守/清水一角)、月形龍之介(原惣右衛門/小林平八郎) http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』
1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ
<天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎
<地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信
出演:阪東妻三郎(大石内蔵助)、片岡千恵蔵(浅野内匠頭/立花左近)、嵐寛寿郎(脇坂淡路守/清水一角)、月形龍之介(原惣右衛門/小林平八郎)

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

京都文化博物館フィルムシアター、映画のまち太秦90年〜その青春期の映画たち〜。
2月26日は『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』(1938)が上映されました。
根岸寛一がマキノ正博に、マキノ省三の没十周年記念に日活在籍のマキノ一党での『忠臣蔵』製作を持ちかけたのが始まりです。
俳優陣は阪東妻三郎、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、月形龍之介と「空前、絶後」の顔合わせ。
天の巻は多摩川で、地の巻は太秦で、同時進行で撮影されました。
日活オールスターキャストというこいうことで、当時眼を患っていた轟由起子にも、盲目の娘・お千賀の役を新たに設定。
弱冠30歳のマキノ正博監督以下、マキノ一党は3週間足らずで『忠臣蔵』を完成させました。

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

画像: 左から、月形龍之介、嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、阪東妻三郎 『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』 1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ <天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎 <地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信 出演:阪東妻三郎(大石内蔵助)、片岡千恵蔵(浅野内匠頭/立花左近)、嵐寛寿郎(脇坂淡路守/清水一角)、月形龍之介(原惣右衛門/小林平八郎) http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

左から、月形龍之介、嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、阪東妻三郎
『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』
1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ
<天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎
<地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信
出演:阪東妻三郎(大石内蔵助)、片岡千恵蔵(浅野内匠頭/立花左近)、嵐寛寿郎(脇坂淡路守/清水一角)、月形龍之介(原惣右衛門/小林平八郎)

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』
1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ
<天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎
<地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信


出演:阪東妻三郎(大石内蔵助)、片岡千恵蔵(浅野内匠頭/立花左近)、嵐寛寿郎(脇坂淡路守/清水一角)、月形龍之介(原惣右衛門/小林平八郎)、尾上菊太郎(浅野大学/菅野三平)、沢村国太郎(片岡源五右衛門/服部市郎右衛門)、沢田清(将軍綱吉/潮田文之丞)、河部五郎(柳沢出羽守・寺坂吉右衛門)、市川百々之助(大野郡右衛門/倉橋伝助)、山本嘉一(吉良上野之介)、市川小文治(多門伝八郎/原の老僕平助)、

原健作(神崎与五郎)、小杉勇(千坂兵衛)、江川宇礼雄(堀部安兵衛)、島田照夫(矢頭右衛門七)、宗春太郎(大石吉千代)、大石大三郎(旗桃太郎)、深水藤子(三平の許嫁・お静)、大倉千代子(吉良間者・お梅)、原駒子(岡島の妻・おくに)、酒井米子(大石の妻・りく)、轟夕起子(原の娘・お千賀)、深水藤子(三平の許嫁・お静)、山本礼三郎(不破数右衛門)、杉狂児(そば屋・久兵衛)、滝口新太郎(大石主税)、
見明凡太郎(岡島八十右衛門)、吉良左兵衛(市川正二郎)、中村健峰(大野九郎兵衛)、高木永二(荘田下総守/村上喜剣)、花柳小菊(苅藻文夫)、黒田記代(浮橋文夫)、村田知栄子(大野の妻・千代)、沢村貞子(戸田局)、星玲子(遥泉院)

画像: 『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』 1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ <天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎 <地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信 http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』
1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ
<天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎
<地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』
1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ
<天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎
<地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信
出演:阪東妻三郎(大石内蔵助)、片岡千恵蔵(浅野内匠頭/立花左近)、嵐寛寿郎(脇坂淡路守/清水一角)、月形龍之介(原惣右衛門/小林平八郎)


元禄14年3月、浅野内匠頭は勅使饗応役の儀礼一般の指導を、吉良上野之介から受けることになった。贈答品の少なさから、浅野を好ましく思わなかった吉良は、事あるごとに彼につらく当たった。いよいよ勅使が千代田城到着の日、殿中衆座の前で辱めを受け、遂に堪忍袋の緒が切れた浅野は、松の廊下で吉良に斬りかかる。その罪により浅野は切腹、城地没収の命を受けた。これを知った城代家老・大石内蔵助は、混乱の家中を統率し、復讐血判の盟を結んだ・・・。


本作の企画は当時の日活多摩川撮影所長・根岸寛一である。彼はマキノ正博に、父・マキノ省三の没十周年記念(日活にとっては尾上松之助没十三周年記念でもあった)に日活在籍のマキノ一党で『忠臣蔵』をやってみたいと持ちかける。当時の日活にはかつてマキノに育てられた者が多かった。その結果、俳優陣は阪東妻三郎、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、月形龍之介と、当時の宣伝文句の通り、まさに「空前、絶後」の顔合わせとなった。

本作は天・地と2篇に分けられ、天の巻は多摩川で、地の巻は太秦で、同時進行で撮影された。天の巻の脚本は『浪人街』、『蹴合鳥』、『首の座』で有名な山上伊太郎が担当。地の巻の監督・脚本は大作物に特に定評があり、俳優時代にマキノ省三の薫陶を受けた池田富保がつとめる(滝川紅葉は池田富保のペンネーム)。

日活オールスターキャストというこいうことで、当時眼を患っていた轟由起子にも、盲目の娘・お千賀の役が新たに設定され、引っぱり出された。マキノ省三の未完の遺作が『忠臣蔵』(1928)であったこともあり、弱冠30歳のマキノ正博監督以下、“十周年記念”で集まったマキノ一党は一丸となって奮起した。

仕事の速さでは定評のあるマキノ一党は3週間足らずで『忠臣蔵』を完成。本作はこれまでの日活忠臣蔵では最高の出来と評価され、興行的にも大ヒットを記録した。

画像2: 『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』 1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ <天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎 <地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信 出演:阪東妻三郎(大石内蔵助)、片岡千恵蔵(浅野内匠頭/立花左近)、嵐寛寿郎(脇坂淡路守/清水一角)、月形龍之介(原惣右衛門/小林平八郎) http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

『忠臣蔵【天の巻・地の巻】』
1938(昭和13)年日活太秦作品/101分・モノクロ
<天の巻>監督:マキノ正博 脚本:山上伊太郎 撮影:石本秀雄 録音:梅原幸夫 音楽:西梧郎
<地の巻>監督:池田富保 脚本:滝川紅葉 撮影:谷本精史 録音:中村敏夫 音楽:白木義信
出演:阪東妻三郎(大石内蔵助)、片岡千恵蔵(浅野内匠頭/立花左近)、嵐寛寿郎(脇坂淡路守/清水一角)、月形龍之介(原惣右衛門/小林平八郎)

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film

2月27日(土)13:30~・17:00~
江戸最後の日
『江戸最後の日』
1941年日活京都(モノクロ・94分)/監督:稲垣浩/
出演:阪東妻三郎、香川良介、志村喬、原健作


2月25日(木)13:30~・18:30~
28日(日)13:30~・17:00~
無法松の一生
『無法松の一生』
1943年大映京都作品(モノクロ・83分)/監督:稲垣浩/
出演:阪東妻三郎、園井恵子、沢村アキオ



This article is a sponsored article by
''.