ソニー・ピクチャーズは、正式にブレードランナーの製作を開始するようだ。

画像: 'Blade Runner' http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/blade-runner-sequel-get-international-859014


'Blade Runner'  http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/blade-runner-sequel-get-international-859014

リドリー・スコット監督は製作総指揮になり「ブレードランナー」(1982)の続編は、『灼熱の魂』『プリズナーズ』『ボーダーライン』のドゥニ・ビルヌーブ監督がメガホンをとる事となる。
撮影は、7月にスタートするらしい。
配役は、前作のハリソン・フォードに加えて、ライアン・ゴズリングの出演も確定。

ハンプトン・ファンチャー(オリジナルの共著者)とマイケル・グリーンは、ファンチャーとリドリー・スコットによって考えに基づく新しい脚本を書きあげ、物語は、1982年の原文の終わりからの数十年後を想定している。
また、『ショーシャンクの空に』『ノーカントリー』『007 スカイフォール』などを手がけてきた、名カメラマンのロジャー・ディーキンスが撮影監督となる。


ハンプトン・ファンチャー(オリジナルの共著者)とマイケル・グリーンは、ファンチャーとリドリー・スコットによって考えに基づく新しい脚本を書きました。物語は、1982の原文の結びの数十年後に起こります。

ソニーのトム・ロースマンは「ソニーで、我々が国際的な市場での強い可能性をつくります、
。私はオリジナル作品が非常に好きで、素晴らしいものでした。今度のブレード・ランナー映画にも取り組むことになったことは長年の個人の野心を成し遂げることとなります。」と述べている

This article is a sponsored article by
''.