クリストファー・ノーランが、自分の出世作『メメント』を、リメイクすると海外メディアが報道しました。
プロデュースするのはAMBIピクチャーズ。
AMBIグループは、多くのリメイクの版権を持ちますが、 9月に『メメント』の映画化権を獲得していた模様。
AMBIの代表は、ノーランの最初の傑作をリメイクする見通しについて、大きな期待をよせ---
「『メメント』この十年の間、一貫として最高の映画の一つとしてランクされています。
私自身、10回以上、この作品見てきましたが、みんなが、それをもう一度確認する必要があると感じています。
この作品を、私たちがリメイクのサポートすることは、本当に意義をを感じています。」とコメント。

画像: http://movies.yahoo.co.jp/movie/ メメント/234817/

http://movies.yahoo.co.jp/movie/メメント/234817/

もともと、『メメント』はクリストファー・ノーランの原案によって書かれ、短編小説として弟のジョナサン・ノーランにより発表されました。そして、長編2作目の作品としてガイ・ピアースの主演で映画化され、インディペンデント・スピリット賞にて、作品賞、監督賞を受賞。インディペンデントの歴史を変える程の大ヒットし、アカデミー賞ではオリジナル脚本賞、編集賞にノミネート。ゴールデングローブ賞では最優秀脚本賞にノミネートされた作品。
この成功によって、その後のバットマンシリーズの監督へと導いたことは間違いありません。
15年をへて、どのようにクリストファーノーランが描くのか、見物です。
もちろんその前に、『バットマン×スーパーマン』がありますが----。

Memento (2000) - Trailer

youtu.be

参照元

This article is a sponsored article by
''.