現代のアメリカ‘ネット恋活’事情をリアルに描いたのが本作『きみといた2日間』。
素直になれない若者の等身大の恋を映し出し日本でもありえる現在の恋愛模様を、描いている。
主演は、本年度アカデミー賞3部門を受賞した『セッション』で主人公を熱演した、マイルズ・テラー。出演作も『ダイバージェント』そして『ダイバージェントNEO』そして『ファンタスティック・フォー』など今、最も注目すべき若手俳優となっている。
共演は、『ラブ・アゲイン』や『ウォーム・ボディーズ』のアナリー・ティプトン。
本作『きみといた2日間』では彼氏にフラれて傷心モードから、ネットから一夜の相手を探そうとする20代女子を演じている。

ストーリー

ニューヨークで、恋人から突然の別れを告げられ、就活も上手くいかずに、人生に行きづまってしまった医大を卒業したメーガン。
ひと時の現実逃避で、ネットで一夜限りの相手を探す。
しかし、翌日、町は大雪。ひょんなことからその相手と更にもう一晩を共に過ごさなければいけなくなってしまう。

最初はケンカばかりの2人だったが、少しずつ互いの事を理解していき距離を近づけていく。
しかし、些細な事からまた2人はすれ違ってしまう。
‘ネット恋活’から知り合い、昨日まで赤の他人だった二人。
果たしてそんな彼らに‘ホントの恋’は生れるのだろうか―

画像: https://www.facebook.com/1223 祝水公開きみといた2日間-1654858154780033/timeline/

https://www.facebook.com/1223祝水公開きみといた2日間-1654858154780033/timeline/

監督は、往年の恋愛映画の金字塔、ダスティン・ホフマン主演『卒業』でアカデミー監督賞を受賞した巨匠マイク・ニコルズの息子マックス・ニコルズ。
本作が長編初監督作品で注目!

『きみといた2日間』予告編フィルマークス版

youtu.be

12月23日より新宿武蔵野館他にて全国公開

This article is a sponsored article by
''.