先月30日に、米ロサンゼルスでプレミア上映が行われた香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が誘拐された人気スターを演じている映画『解救吾先生』が緊張感の中にもユーモアある表現などが高い評価を浴びている。

画像: 解救吾先生 http://slide.ent.sina.com.cn/film/slide_4_704_101912.html #p =1

解救吾先生  http://slide.ent.sina.com.cn/film/slide_4_704_101912.html#p=1

映画『解救吾先生』は実際に04年に起こった誘拐事件を元に描かれた作品だ。その誘拐された中国の演技派俳優ウー・ルオプー(呉若甫)役に挑んでいるのがアンディ・ラウだ。
また、誘拐犯を演じているのは第23回東京国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した中国の演技派俳優のワン・チェンユエン(王千源)。
今回アンディは劇中で小部屋に閉じ込められ、体を縛り上げられたシーンを多く演じていることから「1平方メートルの映画キング」とファンから呼ばれている。
現在中国や香港で公開中の同映画は海外での評価も高かったことから、今後さらなる注目が集まりそうだ。

画像: http://a.excite.co.jp/News/asia_ent/20151011/Recordchina_20151011022.html

http://a.excite.co.jp/News/asia_ent/20151011/Recordchina_20151011022.html

【電影預告】《解救吾先生》“Saving Mr. Wu” 10月8日 爭分奪秒

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.