画像: http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%99%BD%E7%99%BE%E4%BD%95&aq=-1&oq=&ei=UTF-8 #mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%99%BD%E7%99%BE%E4%BD%95&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0

赤の他人でありながらまるで「一卵性双生児」のようだと言われるほどそっくりな中国の人気女優バイ・バイハー(白百何)とワン・ルオダン(王珞丹)。顔の輪郭や目元の雰囲気といった容姿だけでなく、この数年で一気に台頭してきた経歴や若手女優でありながらトップクラスに挙げられる確かな演技力を持ち合わせている点、ともに1984年生まれという年齢に至るまで共通点が多いことでも知られる二人。
その二人が今年は中国映画界を盛り上げている。
バイ・バイハーの主演映画「捉妖記」はこの夏、空前の大ヒットを記録中で今月27日の時点で興行収入が13億1700万元(約262億円)を突破し、中国映画市場の歴代興行記録では4位という記録的快挙を達成している。
また、一方のライバルとされるワン・ルオダンが出演する作品は来月から3本続けて公開される予定で、いずれも話題作ばかりということで上映前から期待値が高い。二人の人気女優のこれからの活躍には益々注目が集まりそうだ。

画像: http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%8E%8B%E7%8F%9E%E4%B8%B9&aq=-1&oq=&ei=UTF-8 #mode%3Ddetail%26index%3D38%26st%3D1231

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%8E%8B%E7%8F%9E%E4%B8%B9&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D38%26st%3D1231

This article is a sponsored article by
''.