「武士の家計簿」の原作者・磯田道史氏の著書「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『ゴールデンスランバー』『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』などを手掛けた中村義洋監督が映画化する。
作品名は「殿、利息でござる!」。
時代劇での主演は初となる阿部サダヲのほか、瑛太と妻夫木聡という主演級のキャストが顔をそろえることがわかった。
宿場町の行く末を憂う造り酒屋で実在の人物である穀田屋十三郎を阿部サダヲが演じるほか、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治役に瑛太、十三郎の弟・浅野屋甚内役に妻夫木聡がキャスティングされている。
映画『殿、利息でござる!』が、2016年初夏に公開予定。

画像: 妻夫木聡、阿部サダヲ、瑛太 ©2016「殿、利息でござる!」製作委員会

妻夫木聡、阿部サダヲ、瑛太 ©2016「殿、利息でござる!」製作委員会

画像: http://tono-gozaru.jp より

http://tono-gozaru.jpより

This article is a sponsored article by
''.